平尾昌晃さんがお亡くなりになりました。


2年前に肺がんを患い闘病中ではいらしたものの、死因は誤嚥性肺炎で突然だったようですね。ご家族は大変驚かれたと思います。





平尾昌晃さんは歌手等色んな肩書きをお持ちのようですが、私のイメージではやはり作曲家で、あとは審査員。です。


昔は歌番組も多くて、あれは何の番組だったんだろう??


とにかくいつも審査員席にいて、ニコニコと常に笑顔だったという印象です。






あとは私の世代的には「カナダからの手紙」です。


お相手の畑中葉子さんは、ご自身が経営されていた音楽学校の生徒さんだったんですね。全然知りませんでした。


このセクシーな人は誰だろう??という感じで(^^)特にそれ以上の興味を持つ事もなかったので。


でもチャーミングな声質で、曲によく合っていたと思います。


更に、平尾昌晃さんは私の中では審査員さんだったので(笑)、歌も上手いんだ!と新鮮でした。


元々歌手としてデビューされた方なんですね。


ふむふむ。


とりあえずこの曲は歌った歌った!(笑)懐かしいです。






この度残念ながらお亡くなりになって、初めて知る事がとても多かったです。


昭和のヒットメーカーと称されますが、その表現さえ足りない程のレベルの方だったんですね。


平尾昌晃さんが作曲されたとされる曲は、世代的には違っても、殆どを知っている。もしくはうっすらとでも聴いたことがある。というものばかりでした。


あれも?これもか!と。


大変多くの名作を残した偉大な方だったんですね。


素晴らしい才能です。まだまだご活躍頂きたかったです。





ご存命中は特別気に掛けた事はありませんでした。


とはいえ、出過ぎず引っ込み過ぎず、常に何となくテレビに出ている人、という印象ではありました。


よく考えると出続けるって凄い事なんですよね。


ご冥福をお祈り致します。






この間、録画をしておいた音楽番組を見てみたら加山雄三さんが出ていました。


平尾昌晃さんとは同じ慶應高校ご出身という事で、そういえばと思い出しました。


ピアノは上手いし歌も上手いし声もまだまだ張りがあって。楽曲も改めて名曲。良い曲は時代は関係ないんですね。


豊かな才能に加えて容姿も良し。


これじゃ、偉そうにもなるか(笑)と妙に納得してしまった反面、純粋にカッコいいなと思いました。


元々、そんなに好きではなかったんですけどね。


カッコ良かったです。






平尾昌晃さんといい、人材豊かだったから歌謡界が盛り上がっていたのか、時代背景等、偶然がいくつも重なったのか。


潤っていた時代だったんだなと感じさせられました。