少し前の出来事ですが、インパルスの堤下さん?が睡眠薬を服用して運転をし。

という事がありました。

蛇行運転を見たタクシードライバー?かどなたか他のドライバーが警察に通報してくれたみたいですね。

中央線をはみ出して意識朦朧の状態で停まっている所を警察に発見されたとか。




いや、危ないなーと思いました。

蛇行運転の段階で既に物にぶつかったりしていたそうですから、相当薬が効いていたのでしょうね。




ご本人曰く、ご自宅まで10分程度だったから、今飲めば帰宅してすぐに眠れると判断したとの事。

更に記事を読み進めると、堤下さんはじんましん等のアレルギー症状で酷い睡眠不足に苦しんでいたそうです。

痛み、痒みその他の理由で眠れないのはとても辛いと思います。生活の質も低下してしまいます。

その点では本当にお気の毒だと思いますし、ご本人も苦しかったから病院に行っていたのでしょう。





でも、睡眠薬ってその名の通り眠らせる為のお薬です。

まして、アレルギー薬と一緒に飲んだとは。。。アレルギー薬もかなり眠くなりますからね。副作用としても書かれています。

モノによっては相当強いんじゃないかな。





ご本人も認識の甘さと仰っていましたが、もう本当にそれ以外ないですね。

39歳。
年齢からしても少し甘過ぎるというか。
もう無謀な事をする年齢でもないし、もう少し思慮深くならなくてはいけないのではないかなと。





私もドライバーです。

車の利便性の裏側にある危険性も、日々感じています。

だからこそどうしても厳しくなってしまいます。





相方さんが仰っていたようですが、通報して下さった人に感謝だと思います。

自損の対物でも良くないし、人を巻き込んでしまったらもうそれこそ惨事です。





最近は何となくハンドル握るのも少し緊張します。

怪しい車からは離れるようにしてはいますが、薬物で危険運転する事件が多過ぎて、どんな人がどんな状態で運転しているかわからないので、怖いなと思います。

対向車がセンターラインオーバーで蛇行運転してきたらと思うと、恐ろしくてなりません。





今回の事が道交法違反の扱いになるのかわかりませんが、危険薬物を使用しての運転と何が違うんだろう。。。と思ってしまいました。





事故が起きなくて何よりですが、個人的には厳しい対応を望みます。

だって危ない(>_<)




だけど、お薬手帳を持ってとか、かかりつけ医にトータルで診てもらってとかで処方されたのかなぁ。

服薬のタイミングもちゃんと指導されていたのか。

されていたけど守らなかったのか。

いずれにしても、クスリはリスク。

甘く見ないで、正しく飲まないといけませんね。。。