高校野球に感動してしまいました

甲子園出場をかけた、石川県大会決勝。

名門星稜と小松大谷。
リアルタイムには試合を見なくても、ダイジェスト等でご覧になった人も多いかもしれませんね。

小松大谷は29年ぶりの甲子園出場が目前でした。
だって9回表までで、8-0。
ピッチャーの山下君、大したものです。

勝負は下駄を履くまでまでわからない。

そりゃそうです。
そりゃそうだけど、決勝戦じゃなきゃコールドです。
実際には決勝戦なんだから、たらればは通用しないけれど、
小松大谷が勝っておかしくない状況。

それが8-9で逆転負けだなんて。
9-8でサヨナラ勝ちだなんて。

球史に残る試合の一つであろうと思います。

星稜もさすがです。
3年生が引っ張ったという印象。
やっぱり最後の夏。執念も違うんだろうなと感じました。

上級生が下級生を引っ張るっていいなと。
何か物凄く大事な事のような気がしました。
強い姿勢に感動しました。

でも、よく知りませんが、投手陣は層が薄いのかな??
予選で8-0のリードを許すというのは。

とりあえず試合の細かい内容は割愛しますが、
とにかく小松大谷の先発・山下君のインタビューに泣けました。

「努力をしてきたつもりだけど、努力が足りなかったという事」

そう言いながら、甲子園の土を袋に収める姿に涙涙。

そんな事はないだろう!そんな事はないよ!!
十分に努力した筈。

見ていた訳でも、お弁当作って支えてきた訳でも何でもないけど、
でもそう思います。努力が足りなかったなんてありえない。

こんなに謙虚な発言て・・・
その己に厳しい姿勢こそ、裏側には間違いなく血の滲むような努力があったという証だろうと感じました。
何て素晴らしい子なんだと。

あの瞬間にああいう発言が出来る、彼の人間性にとても教えられるものがありました。

家族はどんな風に彼を迎えるのかな。

足の違和感、悔しかったでしょうね。

負けた小松大谷。
勝った星稜。

この経験が、若者たちにどんな影響を及ぼしていくのか大変興味があります。

ここ最近で一番心が震えた出来事でした。