またまた話題の時期がズレてしまいますが(汗)お赦しを・・・


フィギュアグランプリシリーズのロシア杯で、真央ちゃんが実に久しぶりに優勝をしました。

リアルタイムでは観られなかったのと、忙しくて録画も忘れたので、翌日?だったかな。の夜のBSで観ました。危ない、危ない・・・。



優勝は、まあ地元だし、SPが僅差で2位のレオノワかな?と、ちらりと思ってもいました。



でも、何とか優勝。
素直に嬉しいですね♪



キスクラでも、なんかちょっと顔が緩んじゃっている感じに、その背後にある、これまでの苦労や苦しみを見た気がしました。

勝てる事が、この苦しい数年の状況には、何よりの手ごたえや励みになると思いますので。




信夫センセは、渋めの表情だったのも(笑)、コーチ、って感じで私には微笑ましく映りました。




演技後、本人も首をかしげ、苦笑い気味だったのが、全てを物語っている演技でしたね(笑)

インタビューでも、50パーセントしか出せていない、という事を言っていました。

残念ながらその通りだと思いました(笑)

ファイナルが見えて、ちょっと硬くなってしまったとか。



まあ、ファイナル出場からは遠ざかっていたし、無理はないですね。矯正中だから仕方がない、と、頭ではわかっていても、人間そうそう単純には出来ていませんから。

何か足がかりになるものは欲しかったでしょう。並々ならぬ苦労の意味を見出す為にも・・・



それでも、メンタルもそろそろ強靭なものに育てていってほしいと、ファンとしては願います。

ソチでは、ロシア勢が国を挙げてやってきますから、状況は決して楽観できません。
ソチでは勝って欲しいし、本人も勝ちたいだろうし、それにはメンタルの強さも必須になってくる事でしょう。



今回のようなミスをしてしまうと、またジャッジに、まだミスが多い、という印象付けをしてしまいかねないし、確かにまだ矯正中ではあるんですが、まだ矯正中だから、当然跳べない、みたいな印象が付いてしまうのは、決してプラスではないように思います。



中でも、2A-3Tがコンビネーションに出来なかったのは実に残念でした。
これは痛かったなあ・・・


まあ・・・3Lzと3サルコウは仕方がないとしても。元々苦手で、今頑張って克服している最中ですから、徐々に、って事で。


それでも、ステップとスピンでレベル4を揃えたのはお見事でした。
信夫先生も、スピンの練習が必要と仰っていたようですが、スピン、よくレベル4取れたなあ(笑)なんてちょっと思ったりもしました。

ロシアの選手の若手たち、まあ~クルクルよく回りますから(汗)、是非、コーチを更に研磨をして欲しいと願っています。




しかし、この「愛の夢」は、彼女にはとてもハマっているプログラムだと思います。

振付師のローリー・ニコルさんが、真央が普通に滑ればいい。それだけで完成してしまう。というような、それだけ彼女の才能を高く評価し、彼女に合っているプロだというニュアンスの事を言っていましたが、まさにその通りだと思います。




首をクイックイッと二度、上に頷く(って日本語がおかしい・・・笑)振付けのところ、去年は、なんじゃこりゃ??って思ってしまって(笑)、全然モノに出来ていなくて、やめた方がいいとまで思っていたのですが、今季観たら、まあ素晴らしい!美しい!表現しようとする世界観に、見事にハマっていると見とれてしまいました。




とても大人っぽく、女性らしく、可愛らしさから美しいお嬢さんへと変貌を遂げつつある真央ちゃん。

ファイナルでは、「愛の夢」の完成版を魅せて欲しいと、今からとても楽しみにしています。



でも、焦らずね☆

NHK杯のフリー、ロシア杯のショート・フリーと、3Aを回避したから、今度は跳んでくるか、とかいう風潮も出てきそうだし、大技回避に関しては、否定的な意見も、誰に限らず出てくるものです。

マスコミ対応なども、信夫先生が、きっちりガード体制を敷いてくれているようですから、これまでよりは守られているでしょうが、周囲の雑音に惑わされず、自分のペースで、自分の思った通りに滑って欲しいと思います。



しかし癒されるなあ・・・
美しいし、可愛いし。

私にとっては、今、一番の癒しです。お酒も美味しく飲めるし☆

また週末が楽しみです♪



あ、そうだ・・・

ソトニコワのフリーが、タラソワ女史振付の、愛の夢。秘蔵っ子と言われています。

タラソワは、ご存じのように、真央ちゃんの前コーチですから、今回、何も同じ曲にしなくても、とは思っちゃいますけどね。

タラソワ繋がりという事で、愛の夢対決、とか、また余計な話題性を振りまいてまっている節もあるようですから。まあ仕方ないでしょう。彼女もロシア人だし。


まあそれはいいとしても、やっぱりもれなく付いてきた、衣装を見て愕然・・・

何だかゴテゴテと、色んなものが付いている衣装でした・・・

ちっとも似合っていないし、衣装そのものが何ともヘンテコで・・・



タラソワさんて、ちょっとメルヘン趣味なのかもしれないという感じはしていましたが、いかんせんセンスが首をかしげたくなるものばかりで、既に私の中では、違う意味での楽しみに変わっています・・・(笑)



これも含めてタラソワさんで、彼女の表現しようとする世界観という事なのでしょうから、それが嫌なら彼女に振り付けは頼むな、って事になっちゃうんでしょうかね。


真央ちゃんのシェヘラザードは、まだおかしくなくて良かった・・・(笑)


フィギュアの事を語り始めると尽きません(笑)


おっと時間だ。

いつもながら中途半端ですが(汗)、仕事に行ってきます♪