今年も解禁がやって参りましたね。

何度か便乗しましたが、続いていないですね(笑)

まあ、ワインへの愛情はその程度という事なのでしょう(笑)

今年も、「何年に一度の当たり年」って言われていました。あはは。毎年聞いている気がします。

それでも季節のお便りのようで、ちょっと楽しい話題です。


しかし昨日は寒かったですねー。

風邪をひかなように気をつけて下さいね。


フィギュア。

NHK杯の話を書いているうちに、ロシアが始まってしまいそうです(笑)

男子は文句なしで高橋大輔選手の優勝ですね。

小塚くんも頑張っているけど、ジャンプのランディングがどう~もな~・・・

と思ってしまいます。あの真面目そうな感じが好きなんですけどね。

エースになれるかどうか。

運動神経はとってもいいんですよね。彼。

しかし、後には羽生くんが控えています。

才能という意味では、彼の方が高そうな。

でも、才能もですが、やっぱり努力をした人が勝つと思いますので、切磋琢磨しあって、盛り上げてほしいと思います。



女子は、鈴木明子選手が優勝しました。

が、フリーのジャンプ2回すっぽ抜けで、あの点数はちょっとないかな~と思います。

本人も納得いっていないでしょう。

鈴木が出過ぎなのか、浅田が抑えられすぎなのか。



まあ採点競技は、とにかく意味不明な部分がありますから、残念ながら完全に公平・公正であるとは思っていません。正直、業界としては腐っちゃっているかと。

でも、その中で選手は実際に競技を行わなくてはいけない訳ですから、大変ですね。

下げられるのも、上げられるのも、不本意でしょう。

とりあえず、ファイナル進出決まったので、頑張って欲しいですね。



真央ちゃんも、スロースターターの割には良い演技が出来たと思いますので、更にトップシーズン、研磨を続けて、素晴らしいプロを披露して欲しいものです。

今年もファイナルは難しいかな?ロシア大会では、ソチオリンピックも睨み、徐々にロシアの選手が上げられてくると思いますし。

タラソワプロがどこまで影響力を持てるかどうか。

まあ、グランプリシリーズ自体、どの選手も、照準に合わせている試合ではないでしょうから、結果よりも成果を重視して、より良いものを魅せて欲しいと、ファンの一人としては願うばかりです。