司会者のOFFマイク~日々のつぶやき~

結婚式・披露宴のフリー司会者、直井佐知江が綴る、結婚式の事、披露宴の事、そして何でもないつぶやき

2017年03月

フィギュア世界選手権男子ショート

いやー。

フジテレビはフィギュアの放映権放棄して欲しいですねー( ̄▽ ̄)

リアルタイムじゃとても観られません(笑)

民放とはいえ、CM見てるんだかスケート観てるんだかわかんなくなっちゃいます。

変なポエム調の煽りも相変わらずだし。

もう少し普通に放送出来ませんかね。
無理か( ̄▽ ̄)




いやー、いやー。

男子は本当に戦国時代!

面白かったです。




まずはショーマおめでとう!
やったね!

選手自身が納得の演技をして、それに結果もしっかりついてくる。

からのガッツポーズ。

フィギュアファンとしても幸せな瞬間です。

理想的な展開だったと思います。

抜け感のやり方が合ってるのかな。

時差ボケ対策も上手くいったんだね!
良かった良かった(o^^o)

とてもお上手でした。

ポジションについてからの表情の変わりようは、まさにショーマワールドですね(o^^o)

フリーも良い演技が出来ますように。




田中デカ君は残念でしたね。

彼の落ち着いた受け答えはとても良いなと思います。

他の2人が優勝争いに絡む選手ですから、やりにくいというか複雑な思いもあると思うのですが、爽やかな子だなと。

フリーは吹っ切って納得の演技が出来ますように。




羽生選手はやっぱりミスっちゃったかー。。。

試合が近づくにつれ、本人のコメントとして報道されていた内容は、とても調子が良いという事でしたが、いつもはこんなに好調アピールしないので、今回はやけに好調好調言うなぁと違和感がありました。

そして、調子が良いと言う割には、練習ではジャンプが全然決まらないという内容。

彼が好調な時は練習もちゃんと好調な事が多い印象です。

なので、実は焦りがあって自らに言い聞かせているのかもなと心配はしていました。

案の定4s-3tのコンビネーションが。

結局認定されなかったみたいですね。

しかし、サルコーで膝をついたあの体勢から意地でタケノコ2tをつけたのには感心しました。

彼のあの意地や負けん気の強さは武器ですね。

それでも他の部分は、とても集中していると感じたので、やっぱり調子は良かったのかなぁ??


あとは、レイトスタートでディダクション1かー。

本人も減点されてるとは思わなかったようですね。

元々演技を始める前に、長めのルーティンをする選手ですから、ルール改正当初は困惑したようです。

が、今はもう体感的に間違えるとも思えないので、集中し過ぎて忘れていたのかな?

が、以前は第一滑走者だけは1分でしたが、その後一律に30秒に変わったのをまさか忘れていた??

あの混戦状態での1点は大きいですね。
勿体無い。

フリーは修正出来るといいですね。



しかしルール変え過ぎです。

おかしな業界ですね。

GOEの幅も今はプラマイ3ですが、5に変更するとか。

なんじゃ?そら。

下手したらジャンプ一本分(・・?)

ますますジャッジのさじ加減1つで、低難度が高難度を大幅に上回りますね。

何がしたいんだろ。





そして3連覇に王手をかけたフェルナンデス。

全然不調じゃないじゃん( ̄▽ ̄)

良かったです。

元々ピーキングは上手だけれど、見事に合わせてきましたね。

今はヒョローンとした男の子がシュルシュル!っとジャンプを跳ぶのが主流ですが、フェルナンデスは男性的なジャンプで、前から好きでした。

風格のある良い演技だったと思います。

でも加点は付き過ぎですね。

ホームとはいえ。

ショーマとの得点差には疑問が残ります。





加点モリモリ過ぎなのはPチャンも。

相変わらず素晴らしいスケーティングで魅せてくれましたが、100点超え流行り過ぎかと。

女子もそうですが、五輪前になると突如動き始めるカナダʅ(◞‿◟)ʃ

あー、五輪なんだなと、色々と組織力を見せ付けられました(笑)





ネイサンはガチガチでしたねー!

勿体無い!

でも何せ高難度ジャンパーですから、フリーはわかりませんね。





ボーヤンは今季不調でしたが、ノーミスでとっても嬉しそうな笑顔が可愛かった(o^^o)

ジャンプ高!

そのまま空へ飛んで行っちゃいそうでした(°▽°)

しかし鈴木史郎さんに似ている( ^ω^ )





そして。

もうね、ジェイソン君。

あなたは本当にキラキラしています(o^^o)

まさしくジェイ子ちゃん(^-^)

4回転無しの構成ですが、相変わらずの身体の柔らかさと表現力。

バレエジャンプもスピンも本当に素敵でした。

僕は僕のスケートをやる!

というマイペースな姿勢も最高だし、素晴らしい演技には本当に引き込まれました。

会場もそんな感じだった印象です。

もう、どうやったらあんなに可愛い乙女になれるんだろ)^o^(

仕草がいちいち可愛い事!(笑)

女の子としても可愛いけど、彼はきっと人間的にとっても可愛らしい方なのだと思います。

笑顔って大事なんだなー。

フリーも期待しています!





男子は誰が勝ってもおかしくないですね。

凄い時代です。




最後に高橋大ちゃんは、リンクの上では素敵でしたが、陸の上はあまり得意じゃないのかもしれませんね( ^ω^ )

織田君に軍配が上がります(^-^)

フィギュア世界選手権女子ショート

前半部分も観ての感想です^_^



樋口選手。

後半の3lz-3tは高さがあって良いジャンプでした。

後半にジャンプを纏めるのは、もうロシアのデフォみたいになっています。

得点はとれるのでしょうが、演技全体を1つの作品として観た時には、バランスとしてどうなんだろう?

と、フィギュアファンとして思う所はあります。




が、とりあえず勝負という意味では得点は積めるので、後半に難易度の高いコンビネーションを入れられる事を、きちんと樋口選手の武器に出来るようになれるといいですね。

彼女は身体が硬いからどうしても見栄えが厳しい。

スケーティングもまだまだ粗いので、総合的には中々高得点は出なそうなのかなー。

ご自身は自信を取り戻したようだし、のせれば調子が上がるタイプに見えるので、フリーで勢いついてくれないかなー。

悪い意味ではなく、得点が伸びなかった事への不満顔がキスクラで見えたので、そのガッツがあれば伸び代はあるかと。




そして三原ちゃん。

本当に可愛らしい(o^^o)




演技ですが、固い!(笑)

最初からしっかり緊張していますね。

想像以上に固かったので、真面目だし責任感を持ち過ぎちゃったのかな。。。

相変わらず大きいジャンプと、伸びのあるスケーティングはとても魅力です。

が、今回は固かったー。

冒頭の3lz-3tも良かったけれど、普段はもっとダイナミックです。

何となく心ここにあらず?というか、気持ちと身体が合っていないような印象を受けました。





演技終了間際に3fという構成ですから、2回転になってしまい、その後よろけて尻もち、呆然としたまま直ぐに演技終了だったので、イメージとしてあんまり良くなかったかもしれないなー。

それでも最後のジャンプミスで失った得点を加味すれば6位辺りには食い込めそうでしたから、世界とは十分戦えると思います。

今大会は、次に引きずらないように伸び伸びとフリーを滑って貰って、彼女にはいずれエースとして輝く時が来て欲しいなーと思います。

真央ちゃん以来、ショーマに続き、久しぶりに演技が観たい!と思わせてくれる選手だから(^-^)




ドンマイドンマイ。

まだ17歳。

頑張れ頑張れ!

フィギュア世選女子。追記。

友達から、三原ちゃんは何故あんなに点数が低いのか。

一回転んだだけでしょ?

と聞かれました。





フィギュアのルールってわかりにくいんですよね。

荒川さんもしっかり解説して欲しいです。ジャンプなど、こなした要素を繰り返すだけではなく。

解説者としては、織田君が一番詳しく説明してくれますね。聞きやすいし。





三原ちゃんは要素抜けなんですね、要は。

だから、記事もおかしいのかな。
まさかの転倒。というより、要素が抜けたのが宜しくないのです。




ショートプログラムでは、3回転のシングルジャンプを一度入れないといけません。

最後の3フリップは、2回転になった上、転倒ですから、要素を満たせなかったという事です。

フィギュア観る人の間では、回テン(まわてん)とか言う事もありますが、回りきって転倒だと、3回転ジャンプの基礎点はちゃんと入って、そこから転倒による減点が1点。

で済む訳です。




今回は1つ要素が抜けちゃってますから、大幅に点数は低くなってしまいます。

本当に残念。





なので、転んでしまうと見た目には、あ!!って思いますが、実は転倒よりジャンプが抜ける方が良くないというのもそういう理由からです。





三原ちゃんは抜けるタイプの選手じゃないので、ご本人の分析通り跳び急いでしまったが為にタイミングが合わなかったのでしょうね。



ドンマイ!





ルールがわかるとより面白いのはどのスポーツも一緒ですね(o^^o)


ただしフィギュアは、ルールを知っても謎が残る怪しさもあります(・・?)


 




グハッ!3枠。

フィギュアの世界選手権が始まりました。

まずは女子ショート。




まだ録画を全部は観ていません。

最終グループからはライブで観ることが出来ましたが、前半はまだです。

が、結果はニュースで見ました。

3枠は厳しいですね。




三原ちゃん、やっちゃったか〜(⁎⁍̴̆Ɛ⁍̴̆⁎)

コメントを聞く限り、滑れる楽しさより、目の前にあるリアルな重圧に気付いてしまったかな。。。

急に怖くなるってあります。

でも、ジュニア上がりで初の世界選手権で、いきなりのエース代わり扱いではあまりにも気の毒過ぎます。




ご本人曰く、

感じた事のない気持ち。

が演技直前で湧き出てしまったようなので、無自覚であっても極度の緊張状態だったのかもしれませんね。

それでもミスなく冒頭からジャンプも決めて、ラストの3Fで転倒か。

転倒だけならいいけれど、2回転になっちゃったみたいですね。これは痛い。

飛び急いでしまったようですが、もう少しでこの緊張感から開放される!という心理もあったのかな。。。

本当にかわいそう。




本来ならば伸び伸び滑れる立場で、どんどんアピール出来る時期なのに。

変に萎縮しないで欲しいな。




現実問題もう3枠は無理。

だと思う。

絶対はありませんが。

世界はやっぱりきっちりこの世選にピーキングしてきています。

それでもフリーで大きく崩れるタイプの選手も上位にはいるけれど。

三原ちゃんには開き直ってというより、もう枠の事は考えずに、自分の今後を見据えて、後悔を残さない演技をして、次のシーズンにしっかり繋げて欲しいと切に願っています。

どんな状況でも自分のベストに近い演技が出来るようにならないと、世界では上に行けない。

という良い経験になった。

として、怯まず糧にして欲しいと思います。




個人的には、世界と戦えるのはやっぱり三原ちゃん。という考えに変わりはありません。

ジャンプは高いし、ディープエッジも素晴らしい。

ショック受けているだろうけれど、3枠の重圧はショートでしっかり担ってくれたと思っています。

自分に負けるな!
頑張れ!!





しかし改めて。。。

宮原さんも怪我なので気の毒なのは間違いありませんが、ここ一番でエースの仕事が出来なかった責任はやはり重いなと思いました。

コーチもどんな調整してるんだか。

濱田さんはクラッシャーとしても実績?がありますからね。。。




枠の事を言い過ぎるという意見もあるようですが、私はそうは思いません。

実際五輪の枠取りがかかる大事な試合だし、他国だって、ちゃんとそれも含めて心身の調整をしています。

騒ぎ過ぎ、煽りすぎは良くないと思いますが、枠を考えなくていいという訳にはいかないと思います。

自由に伸び伸び滑れば結果はついてくる、なんて考えでやっている選手はいないんじゃないかな。

だからこそ、仮に棚ぼた的にメダルを獲った人であっても、価値の高い扱いをされる訳だし。

選手がメンタルコントロールとして、枠の事は考えず、すべき事をするのみ。とか言うのは良いと思いますけどね。




しかし宮原選手のノーミスは素晴らしいですが、休養はあったにせよ、やはり注目はまだ真央。という時間もありました。

復帰戦のグランプリシリーズでジャッジの考えを見た気がしました。

そんな中、二番手でノーミスを続け、アピール出来た事も、宮原選手が今のポジションにいられる大きな要因だと思います。

それでいいとも思います。
また、ノーミスを続けてきたメンタルも素晴らしいと思います。

が、先輩にしてきて貰ったように、三原・樋口選手にもそういう時間を作ってやって欲しかったと思います。




まぁ、最終グループを見る限り、宮原さん出場出来ていたとしても上位は厳しかった感じ。

ちょっと日本は蚊帳の外って感じのロシアカナダ時々アメリカ。な大会でした。。。

黄金時代は当たり前ではなかったと、改めて思い知らされました。





慢性化しているようなので真央ちゃんの復調も厳しそうだし、一体何がどうなってこんなに崩れてるの??何のための復帰??

と、ファンであっても悶々とする状態であるのは間違いありません。

けれど、それでも世界と対等に戦えるのは、しっかり揃えた真央しかいない。。。とも思いました。

今更だしもう時は戻せないけど、全日本のショートはあまりにも点を出さな過ぎでした。

宮原選手への完全世代交代を殊更に印象付けようとしている感じで。




世界にアピールする為に、自国の推し選手を上げるのは問題ないとは思いますし、もちろん宮原選手にも頑張って欲しいです。

が、流石に今のロシア時代、宮原選手がいれば安心。という絶対的エースにはなれそうにはありません。

安定感はあるけれど、いかんせん爆発力に欠けて。

きっちり揃えれば勝てる訳ではなく、揃えて尚且つ周りのミス待ち。

しかもメドべは本当にミスしない。

大変厳しい条件です。




今のロシアっ子が真央に憧れてきたように、今はもう完全に日本は追う立場です。

宮原選手も、優勝争いというよりは表彰台を目指すというのが精一杯な現状。

彼女に限って故障はしないという盲信があったのかはわかりませんが、日本のエースとして、五輪前のこのワールドの枠取りに貢献できなかった事実は大きいです。

やたらに上げ上げの本田真凛選手も、そこまで力ある??と謎です。

ジャンプは濱田組らしく低いし。

練習嫌いだし。。。




ならば、可能性としては真央は残しておくべきだという気がずっとしていました。

浅田真央はもう世代交代。

という印象をそんなに積極的に世界に発信してどうするんだ?と、相変わらずのスケ連のオトボケぶりだと感じました。





今回のワールドで3季ぶりに復帰したコストナー選手。

あの内容で、ちょっと流石に点数出過ぎですが、キャリアはしっかり評価されていたという事です。

フィギュアは個人競技ですが、日本という国としてアピールする戦略をしっかりとってほしいものです。

宮原選手を絶対的エースとして推していくならば、陣営含め、あろうことか股関節の怪我などないような調整をすべきだし、ピーキングへの管理の徹底すべきです。

じゃないと若手も潰されちゃう。




まぁ変わらないか。。。

あのスケ連じゃ(-_-)



でも時代はノーミス当たり前になってるからなー。

今季の抜けや転倒の真央ちゃんの状態では勝負にならないのも事実です。

エースは宮原選手。

本来なら伸び伸び滑れて良い筈なのに、多分そんな考えじゃなくて、普通に勝ちを狙っていくからプレッシャーがかかるんだろうなー。

真央ちゃんには、是非ジャンプコーチとメンタルコーチをつけて欲しかったと、その点だけが悔やまれます。

特に、ネイサン・チェン擁するアルトゥニアンコーチを見るにつけ。。。




今はとにかくショートはノーミスが基本。

高難度で得点を稼ぐというより、出来栄えでの加点を積んでいく感じ。

だから何となくみんな一緒で面白くないんだけど。

デールマンなんて3t-3tだし。
確かに高い。
ルッツも高くて壮観でした。
でも出来栄え点が満点であの高得点ってのはやっぱりもやもや。

真央のプログラムとても良かったけどなー。。。見応えが違う。ちょっと点数出な過ぎでした。





メドべちゃんも相変わらずの独走ですが、ザキトワがシニアに上がってきたら構成では基礎点負けてますからどうなるのか。

ロシアは下克上ですね。




本郷選手は、ご自分も怪我をしているのに、2度目の代打で、しかも唯一の経験者。一番先輩。という立場でシンドかったですね。

見るからに重圧感じまくりな様子でした。

演技はまぁよくまとめたと思います。

ジャンプは思いっきり回転不足ですが、足首負傷ですからね。

見た目はなんとか纏めました。

三原ちゃん崩れ。

樋口得点伸びず。

て事は私??

という状態だったので、その点では気持ちをよく維持したと思います。

こういうポジション初めてかもしれませんね。

根性見せてくれたと感じました。

ただ残念ながら、本郷さんでは戦えないんだなー。。。




樋口選手の演技はまだ観ていませんが、ガッツポーズが出たとか。

3枠厳しい。。。と思ったのは実はそこで。。。

本人会心の演技→得点伸びず。

これが一番不味いです。

樋口選手は国際大会は点数が出ませんね。

ちょっと観てみよう。

スピンでレベル取りきれてなかったような事言ってましたが。

四大陸の大崩れにより、ワールド前の注文度は一気に三原ちゃんに傾きましたから、その点では少し救われたかもしれませんね。

さすが若さ。
悔しさをバネに立て直してきたのは偉かったと思います。

ただ彼女もメンタルはそんなに強くないと思っているので、三原ちゃんは崩れ、最終グループの本郷選手も厳しいとなると、フリーではプレッシャーがかかります。

克服出来るか。
跳ね除けて欲しいです。
そしたらビッグマウス受け入れます!

ジャンプの抜け癖があるから抜けないで欲しいなー。





現行順位だともう樋口選手に引っ張ってもらうしかないです。

目指す大会はここだと明言したのだから、根性を見せて欲しいです。





でも彼女も初ワールド。

若手が本当に気の毒です。。。





濱田コーチは猛省して欲しいです。

宮原選手は五輪のシンボルアスリート。

エースなのに枠取り参加せず、しっかり五輪出場するんじゃ、なんかやっぱり納得いかない。。。





枠と言えば、自分の枠は自分で。

とか大々的に宣言したものの、特に枠取りには絡む事なく、それでもしっかり五輪には行った鈴木明子さんもいましたが、彼女は別にいつもエースじゃないし、大体、自分の枠は云々の発言がそもそも、そんなに凄かったっけ??と疑問符のつくもの(・・?)

ある意味迷言です(笑)

まぁ彼女は自己評価高いですからね。





宮原欠場による不安的中。

この三人じゃ、ほらやっぱりダメだった。

というような報道の風潮も嫌だなーと思います。

ますでダメっ子扱い。

場合によっちゃ三原ちゃん戦犯扱いされでもしたら本当に失礼。






真央よ。

君はシナリオクラッシャーではないか。

劇的な復調で、全日本優勝して最後の五輪に行って弾けて!

あなたの演技が観たい(o^^o)





男子はどうなるのかな。

フェルナンデス怪我だから調子悪いみたいでかわいそうですね。

ショーマ!
しっかり食い込んでよね!
でもまた羽生の次の滑走順か^_^

羽生くんはそろそろノーミスが見たいですね。



てるみくらぶ

私が大学生の頃からあった旅行会社です。

ここ数日、森友学園に加え、てるみくらぶの名前もよく見聞きする事となりました。

ゴタゴタとした話が聞こえてきて結局破産となりましたが、負債額がとても大きく、利用者の方々への返金にも暗雲が立ち込めているようで本当にお気の毒でなりません。





新卒採用の方々も50人程度が内定取消し。

あとほんの数日で4月なのに。
晴れて新社会人になる筈だったのに。
本当にお気の毒です。

大体社員80名程の企業の新卒内定者が50人というのは一体。。。





そして、既に旅先にいらっしゃる方々は、それぞれ自力で対処して貰うしかないとの事。

えー。。。Σ(゚д゚lll)





自力と言っても、そもそもツアーに申し込んで旅をしている訳ですから、旅慣れた人ばかりとは限りません。

例えば、英語圏や、ハワイなど日本人もウヨウヨいるような国や地域ならまだしも、現地ガイドか知り合いでもいなければ、言葉の問題もどうにもならない。

エアーやホテルの手配も難しいという場所にいる方々はどうしたらいいのでしょうか。

その方面のツアーが組まれているのかわかりませんが、アラビア文字とか、私は判別不能です。。。

見当すらつきません。

タイに行った時も、挨拶程度は問題ありませんでしたが、文字を読むことは出来ませんでした。

そして、そういう国は、相手も英語が出来るとは限りません。

ご年配の方々は、英語も身近にある時代ではありませんから、英語圏でも厳しいのかな。

若者は、言葉とか行動力では何とかなっても、金銭面は大丈夫なのかなぁ。。。とか。

ギリギリで行く人は少ないと思いますが、あれこれ心配してしまいます。

親切を装って、良からぬ事を企む輩がいても不思議ではありません。

日本の治安も最近は怪しいですが。。。





とにかく、事件など起きないよう、どなたも事故に遭われないよう、お国でなんとか対応しなくて良いのかなぁ。

大使館に臨時窓口儲けるとか出来ないんですかね。

当然お金も大問題ですが、まずは無事に帰国される事が大前提だと思います。

邦人保護の観点からも何とか出来ないものなのか。。。





無事に帰国されますように。
記事検索
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ