司会者のOFFマイク~日々のつぶやき~

結婚式・披露宴のフリー司会者、直井佐知江が綴る、結婚式の事、披露宴の事、そして何でもないつぶやき

2016年10月

カナダ

フィギュアです。


カナダ大会のジャッジも相変わらずのやり過ぎですねー。

地元上げはどこでもありますが、上げすぎという感じです。

男子は4回転多用の影響か、みんなよく転びました。

Pチャンは相変わらずの見事なスケーティングでしたが、いかんせんジャンプの転倒と抜けが多過ぎて、優勝と言われてもそ、そうですか。。。という感じです。



かといって、宮原選手のように地を這うような小さいジャンプで、安定安定と言われても。。。という感じですが。

とりあえずプレロテ指導はやめてあげて欲しいなと思います。

同じく濱田組の紀平さんが、本当に稀有なジャンパーになれる資質があるのなら、高いジャンプが見たいです。

彼女のジャンプはまだ一度もきちんと見た事がないのですが、チラッと見た感じでは、低い。。。

今後の体型変化を鑑みると、今の年齢ではクルクルふわふわ跳べる位じゃないとどうなんだろう?という不安が残った印象のジャンプでした。

単なる素人の感想ですが(°▽°)


オズモンド選手は、決まれば良いジャンプなので点が出るのは納得ですが、地元にしてもちょっと上げすぎでかえって逆効果なような。。。




本郷さんは、フリーの振り付けを何故鈴木明子さんにしたのか。

させられたのかな?

鈴木明子さんが競技プロの振り付けをするのは幾ら何でもまだ無理です。

素人目にもショートと差がありすぎました。

きちんと修行して、勉強してからにして欲しいですね。

コーチの判断だとしたら、本郷さん、練習台にされているようでお気の毒。




宮原選手のステップシークェンスが0点だった事が少し色々言われているようです。

が、宮原選手のリンクカバーの狭さは以前から指摘されていました。

とはいえ、オリンピックプレシーズン。

始まってますね。色々。政治が。



今期のジャッジはとりあえずステップに厳しいようです。

相変わらず基準は謎ですが。

真央ちゃんのスケアメでもレベル3で、???だったし。Pチャンのカナダもレベル3でした。

選手にというか、各陣営にキトンと基準が周知されているのかなぁ??



フィギュアについての採点はもう永遠に改善されないのかもしれませんね。

もう長い事言われ続けていますが、一向に変わらないし。

なーんとなくですが、ショーマを見届けたら少し観戦も距離を置く事になっちゃうのかなー。

基本的に好きだからわからないけれど。



とりあえず男子は羽生、ショーマで3枠取れそうです。

羽生選手は怪我の影響はありそうですが。

ただ、3枠取れたとして、3枠目、行く人いる??って感じかもしれません(´-`).。oO

村デー君も怪我でスケアメ棄権したし、無良君はカナダに限ってはメタメタ。

無良君の、あのフラメンコのステップ、名案だと思ったんだけどなー。

ジャンプの軸を細くする為とかで、フィジカルを見直したようですが、見る限りあんまり成功していなさそうです。

筋肉のついた、男性的な体格だから、絞り方は難しいんだろうなとは思いますが。。。



女子は、エース宮原選手に頑張って枠取りして貰うしかありません。

若手はまだPCSも低いしなぁ。。。

三原選手の次戦はどうなるか。
今の所、日本選手の中では、個人的には一番魅力を感じる選手です。

真央ちゃん以外でですが(笑)



次世代は層が厚いと言われますが、何と無くみんな無個性というかダンゴ状態という感じもするし。

新葉さんは意外と伸び悩む気がします。

マリンちゃんはちっともジュニアから上がってこないし(笑)、来たとしても、スター性は別としてそこまで期待出来るかなぁ。。。とも思ったり。

もうさすがに真央頼みとはいかないし、3枠取れるかどうか。

宮原選手に次世代もどんどん引っ張って行って欲しいものです。



とりあえず、無良君のラフマニノフのピアコンのアレンジが、そのまんま真央?みたいでツボでした(((o(*゚▽゚*)o)))

シーチキン

シーチキンといえば、ツナ缶の代名詞と言える商品でしょう。

虫の混入があったようですね。
しかもヤツ。。。((((;゚Д゚)))))))

缶を開けた方はさぞかし驚き、ショックを受けたでしょう。

うっかり遭遇しただけでもブルーになるのに、これから食べようとするものに入ってなんていたらもう。。。

お気の毒でなりません。




そして、それを公表しなかった企業の対応の不味さが問題になっているようです。




ブログにも書きましたが、少し前、私も購入した缶詰めに異物が混入していました。

まさしく今回のハゴロモフーズさんです。

その時は敢えて企業名は伏せましたが、何か他人事ながらちょっと怒りを感じてしまい。

関係ありませんが、同郷の山梨の方に起こったみたいだし(=^ェ^=)




この記事を見た時に、妙に納得してしまいました。

あー。。。やっぱり。

と。

同じかわからないけれど、静岡にある工場だったようだし。




自分の時に感じた事ですが、食品メーカーでありながら、異物混入という事実に対して、危機感がとても薄い組織だと感じました。

食品に異物混入などあっちゃならねぇ!徹底的な衛生管理を!!

という気合や矜持が感じられないというか。

徹底したとしても入っちゃう事はあるのでしょうから、まずはきちんとその姿勢がないと。



私は工場内を見た事はありませんが、実際に異物が入ってしまった時の対応に、焦りや、本当にごめんなさいという意識が伝わって来なかったので、そもそも衛生管理も緩そうだな。。。と感じてしまいました。 

何となく、ちょこちょこあるんだろうな。。。という印象でした。

だとしたら、基本的に杜撰とも言えますから嫌だなーと。

知る事が出来てラッキーだったとポジティブに捉えるべきか(°▽°)




とりあえず何となく信用出来なかったので、異物が何なのかという調査をその会社ではなく、保健所にお願いしようかなーと思いました。

保健所の方は懇切丁寧に対応して下さいましたが、やはり少々手間がかかるようだったので、まぁ悩みながらもハゴロモフーズさんにお願いする事にした訳ですが。。。




異物混入に気付いたのが週末で、ハゴロモフーズさんがお休みだったので、写真は撮りましたが、やはり現物は捨てられないなと思い、ラップをかけて保管していました。

数日間、あの黒い物体の入ったシーチキンがあるだけでもあまり気分はよくありませんでした。

早く処分をしたかったです。

何しろ開けた瞬間ギョッとするグロさでしたから。

そんなモヤモヤした温め期間を経て、晴れて週が明け朝一番で電話をかけました。




そもそもそこからおかしかったように思います(・・?)

「異物が入っていたんですが」

「そうですか。わざわざご連絡ありがとうございます」

へ??


すぐに謝るな、とか独自のルールがあるのかはわかりませんが、個人的な感覚だと、

「え!!それは大変!誠に申し訳ございません!!」

が先にくるものだと思っていました。



が、特に焦る事もなく、何かにつけてお礼ばかり言います。

実に違和感でした。



で、

「どんなものですか?」

と聞かれたので、

「黒くて大きくてこういう形状のものに見えます(中々気持ち悪い)。異物混入というには、個人的な感覚ですが、ちょっと驚く大きさです」

と答えたら、

「多分、原料の一部だと思います」

と。




ますます頭が混乱しました。

現物を見てもないのに、言っちゃっていいのかい??

その初期対応をした方とは他にも色々やり取りがありましたが、全て変でした(笑)



結局営業マンが来て、交換と、いくつか別の商品を置いて行きました。

私の感覚だと、問題の品物を引き取りに来た時に、取り急ぎ同じ商品は最低限持って行って交換します。

使おうと思って買った訳ですから、まずは顧客の手元にシーチキンがある状態に戻すというか。

使うか使わないかは勿論お任せになりますが。



まあ基本的には保存食の認識なので、日常的に使わないから構わないんですが、あまり顧客目線の対応ではないなと。

初期対応の女性の事も、新人なのでとか言ってましたし。

例えそうであっても、それは社内での事であり、少なくともクレームというか異物入っちゃった顧客に言うことではないと思いました。

申し訳ありません。きちんと指導しますでいいと思うんですけどね。



で、ピンチはチャンスなので、と、新商品をいくつか置いて行きました。

いらなかったのでお断りしましたが、ピンチはチャンスとかで(笑)

確かに仕事でよく使われるフレーズですが、私に言う??)^o^(

謎のセールストークが長々と続き、面白い会社だなーと思いました。

ピンチはチャンスなので(笑)ファンになって欲しいという事でしたが、以来、こちらのメーカーのものは購入していません。

何となくやっぱり衛生管理に信用がおけない気がして。

私のケースに限っていえば、ピンチはチャンスになりませんでした。ごめんなさい。



関東はマグロ。
関西はカツオ。

の缶詰めが人気だそうです。

へー。。。

勉強になりました。


やはりやるのか。。。

真央さま。。。

次のフランス大会で3アクセルやるかもと言ってしまいました(°▽°)

スケアメのインタビューで「これ以上は落とせない」と言っているのを聞いた時、むむ?と、ちょっと嫌な??予感はしました(´∀`)

長年見てきてるので何と無く。。。

いやもう、そりゃ賛否あると思います。



もう引退した方がいいとかいう意見は敢えてスルーします。

どのアスリートも、引き際を決められるのは本人だけ。

やりもしない周りがとやかく言う権利はないと、日頃から強く思っています。

そう簡単な決断じゃないとも思います。

日本は山口百恵さんのような、最高の時にパッと退く選択が強く支持される傾向にあると思いますが、個人的にはそれも良し。

そしてあがいてあがいて限界まで続ける選択も大ありだし、それもまだ良し。

どちらも勇気のいる決断だと思っています。



3アクセルへの、今??という意見の中には、やっぱり膝と腰の故障を心配する声と、それが為にスケアメの演技だったのだとしたら、根本的な問題が解決していない身体の状態で大技を入れるのはいかがなものか。

まずは無難なレベルでいいから、とにかくショートとフリーを揃えて欲しい。

というものも多いようです。

よく理解出来ます。




んーまあ、無難な構成というか、セカンド2ループつけてるんですけどね。

よく3-3と言いますが、セカンドにループをつけるコンビネーションは基本的に難しいです。

安藤美姫さんもそうでしたが、是非は別として認定されるのは厳しいのが現状。

で、2回転になる?する事が多い面もあるんですが。

まぁ真央ちゃんは元々フリップが得意でルッツはエラー持ちだったし、次世代がみんなな普通にやる、ルッツとトーループの3-3は苦手というのもあるんですけどね。

でも果敢に矯正しているのは立派だと思います。

エッジエラーの人はわんさかいますから。

とりあえず今の真央ちゃんの状態だと、何を言っても説得力がって事なのかもしれませんけどね。

ファンとしては。。。歯痒いです。




話を戻します)^o^(

つい熱くなります。わはは。



ファンとしては競技者としての真央ちゃんも好きだけれど、プロとしても長く活躍して欲しいし、スケーターではない一個人としての幸せも願っているからこそ身体を大切にと言う面もあると思います。



ただ、トリプルアクセルはずっと彼女の代名詞で、悪い時もいつもこだわってきました。

諸刃の剣になる事もしばしばありました。今回もその可能性は高いかもしれません。

けれど、アクセルと共に歩んできたスケート人生。

何よりのモチベーションなんだと思います。




勝つ為にはこだわりも捨ててクールに!という思いといつもいつも葛藤しますが、彼女は難易度下げてまとめても満足出来ないんだと思います。

こればっかりは多分性分。

これまでアクセルの回避のシーズンもありましたが、結局はそうなんだろうなーと感じていました。

仮に失敗したとしても、構成に3アクセルが入るのと入らないのではモチベーションが全然違うんじゃないかなと思っています。

不器用な子なのかもしれませんね。




彼女のスケート人生。

思うようにやったら良いと思います!

今回の発言ばかりは焦り故かもしれません。

そこをまとめるのはコーチの出番だと思いますが、真央ちゃんも頑固なので(笑)さてどうなるか。




競技である以上、そう簡単ではないと思いますが、色々吹っ切って思い切りのいい、とにかく弾けた演技をしてくれたらこの上ない喜びです。

その笑顔は、やはり完璧に出来た時に自然と出るものなのだろうから、そう単純じゃないとも思うのですが。。。




いつも色々言われる彼女ですが、どうあっても変わらず応援します。

信じた道を!

フィギュア開幕

いよいよシーズンが始まりました。

現場がハネて、お酒と共にフィギュア観戦が待っていると思うと、仕事にも益々気合が入ります(^-^)

テンション上がります〜(^o^)



まずはグランプリシリーズ。

我が真央は早々にスケートアメリカに参戦!





うん。。。

6位か。

お疲れ様!





私は彼女の大ファンです。

シニアデビューしてから、現地での観戦を含め、本当に楽しくて可愛くて。

感動の時間を沢山貰いました。

だから。

笑顔だけじゃなく、涙も苦しみも全て受け入れます!

真央!頑張れ!!



今期のプログラムはかなり好きです。

どのプログラムも常に賛否がある、スターの宿命ではありますが(≧∇≦)私は良く似合っていると思います。

最初選曲を知った時には、チャレンジャーだなぁなんてドキドキしましたが、演技を見てみたら、おお!いいではないか!と思いました。



ローリーは正直お腹いっぱいですが、違う振り付けで新しい世界観がいくらでも開ける気がしますが、が!が!!

人間関係を大切にする彼女なので、このまま行きそうです(。-_-。)

タラソワさんのお弟子さんですから。。。ね。。。ローリーニコルさん。

お母様を亡くし、辛い時に支えてもくれた方だし。




コーチは亡きお母様が頼み込んだ信夫先生。

ジャンプ指導やメンタル指導には不安を感じますが、スケーティング指導には定評があります。

「今のフィギュアはこれをしたら何点、という方式だが、演技全体を大事にするという自分のこだわりは捨てたくない。それは真央も理解している」

と、信夫先生言い切っていましたから。

勝ち負けは。。。??(_ _).。o○

と、思いました。

思いましたとも!




戦略より、人間関係を大切にした結果が今のようにも思います。




けれど、それが真央の選択ならばそれで良しだと思います。

日々鍛錬を重ね、様々な心身の状態と向き合い、実際に氷上で演技するのは真央ちゃん本人です。

好きなように滑ればいい。

これまでも十分過ぎるほど貢献し、長い間牽引してきました。

だからもう十分とは思いませんが。

彼女が勝負の場に戻ったのならば、勿論勝ってほしいです。

が、実際には中々苦戦しています。

でありながら、若手の台頭目覚ましい中、それでも尚、莫大な経済効果をもたらしています。

私もそうですが、強い真央も勿論のこと、彼女のスケートや人柄が好きな人が多いのだと思いました。




納得のいくまで、目指す所に向かって欲しいです。

何事もいつか必ず結論は出ます。

自分の選択、決意に揺らぐことなく邁進して下さい!

いつまでも応援します。




心配なのは左膝の怪我。。。

相変わらず漢で、真央は何も言わないけれど、相当悪そうな印象です。

新しい目標と決意を胸に復帰したのに、きっと十分な練習も出来ず、本人が一番やきもきしていると思います。

焦りや苛立ちも半端ないでしょう。

でも、あまり現役生活の残り時間が少ないとか考え過ぎず、コツコツとクリアして欲しい。

別に次の五輪でやめなければいけないって決まりもありません。

間違いなく大きな節目でしょうが。

それくらい大らかな気持ちで、吹っ切って、ジェイソンブラウンの乙女ちゃんのように、笑顔で滑って欲しいです!




神様。

これ以上膝が悪くなりませんように(>_<)


頑張れ!頑張れ!!





そして見事に三位になった、初参戦の三原舞衣さん。躍動感溢れる素晴らしい演技でした。

笑顔でコロコロ可愛らしいし(^-^)

特にショートは良かったと感じました。

フリーはちょっと疲れちゃったかな。




次世代。

宮原さんはじめ、まりんさん、わかばさん、どの選手もイマイチしっくり来ず。

ジュニアの紀平さんが3アクセルを決めたと知り、お!と思い映像を見たら、何かジャンプが低い??

あぁ。。。

濱田コーチか。。。

だからジャンプが低いのかと納得し、テンションダダ下がり(>_<)



三原さんの大きな演技を見て、おお!頑張れ!!頼むぞ!!!と思いました。

地を這うようなジャンプより、やっぱり高さのあるジャンプが好きです。見応えが全然違います。

宮原さんには日本のエースとして、枠取りやロシアっ子達との戦いを、先頭に立って勝ち抜いて貰わないといけないので、しっかり成績を残して欲しいとは思いますが。




三原さんは、病とは現在もまだ付き合わざるを得ないようですし、治るものなのかとか、詳しい事はわかりませんが、今の感じ、その良さを是非伸ばして欲しいです。

次戦も頑張ってね。




そして我がショーマ!(≧∇≦)

うむうむ。

仕上がり上々(^o^)

平昌は是非!と願っています。

優勝おめでとう!




しかしアメリカ、地元とはいえかなりあからさまに上げられましたね(°▽°)

一度見てみたい。

クリーンなジャッジのフィギュアスケートを。

もうブレードにチップかなんか埋め込んで欲しいです。





とりあえずフィギュア始まったー(≧∇≦)




楽しい秋をお過ごし下さい( ◠‿◠ )




平野美宇選手

卓球の平野美宇ちゃんが中国スーパーリーグのチームに参加するみたいですね。

「みうみま」コンビ頼もしいなぁー(^-^)



先のオリンピックでは、伊藤美誠ちゃんが注目を浴びましたが、平野美宇ちゃんもリザーブとしてちゃんと参加していました。

確かにオリンピックの代表には選ばれなかったけど、この2人、戦績も拮抗しています。

どちらが行ってもおかしくなかったし、今回は世界選手権で見事に平野美宇ちゃんが、優勝という素晴らしい結果を出してくれました!



鋼のメンタルのみまちゃん(≧∇≦)
(それでも、オリンピックでは緊張しているように私には見えました)

山梨出身の(すみません。地元なもので笑)みうちゃん。

卓球界はしっかり若手が育っていて、とても楽しみです!



お二人とも怪我のないようにガンガン中国を倒して欲しいですね。

簡単じゃないけれど^_^;



私の知り合いの女性で中国の方がいますが、普通に卓球が上手で驚きました。

あくまでも知り合い程度の仲ですが、聞けば地元?の卓球チームにも所属していらっしゃるとかで、そんなに本格的!と2度ビックリです。



ある時、市営の体育館にバドミントンをしに行ったら、偶然いらっしゃいました。

ホントにウェアを着て、チームで卓球してました(°_°)

本格的な練習。。。



普段はスポーツの匂いはあまりせず、お洒落なイメージが先に来る感じの方なんですが、中々ウェア姿もサマになっていました)^o^(

改めて、中国は卓球王国ですね(≧∇≦)



みうちゃん、大変な事も沢山あると思いますが、心身ともにさらに強くなってくれるでしょう。

頑張れ!






記事検索
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ