司会者のOFFマイク~日々のつぶやき~

結婚式・披露宴のフリー司会者、直井佐知江が綴る、結婚式の事、披露宴の事、そして何でもないつぶやき

2016年05月

負けた

全仏オープンテニス4回戦。

雨の為中断→再開までが長く、それでも頑張って観戦しましたが、結局睡魔に負け、目覚めたら錦織も負けておりました(ー ー;)

去年は風とフランスのツォンガ。

今年は雨とフランスのガスケ。

うーん。。。

タラレバはあり得ないし言ったところで全くの無意味ですが、雨による中断の影響はあったでしょうね。

はねのけないといけないんだけれど。。。

とにかくミスが多かったですねー。


まあ、デュースで雨天中断となったサービスゲームの再開後の落とし方から、とっても嫌な予感はしていました。

錦織選手は、負けパターンにハマるとわかりやすいんですよね。。。残念ですが。

今シーズンはそれを立て直せる強さを感じていたので、強くなったなーとしみじみしていたんですが残念です。

生身の人間。

そうスイスイと成長は出来ないとは思うんですが、日本が生んだ(アメリカかなあ笑)20億クラスのスターですからね。

やっぱり強くなって欲しいです。

何ていうか、どこに焦点を当てて語るかによりますが、日本のテニス史という意味では素晴らしく、今後もそう簡単に出てくる選手ではないと思うので、送りたいのは賛辞のみです。

が、だからこそ期待を込めて語るなら、今回のガスケ戦の内容にはどうしてもあーだこーだと言いたくなってしまいます(・・;)

どう言いましょうかねえ。。。

精神的にもう一段階上に行かないと。

焦りや苛立ちからくる、自滅沼へのハマり癖を何とかせねばというか。

ガスケにはマスターズで2連勝しました。

本当に一勝もした事がなかった相手なの?苦手意識克服か!

と言わしめる良い内容だったので、そうなると、グランドスラムだし地元だし、ガスケも黙っちゃいない。

当然策は練ってくるとは思っていました。

それへの警戒心が足りなかったのかなー。

メンタル含めてプレー全体に奢りがあったというか。

それがあのイライラとして出ていたような。

まあ誰にせよ、負ける時は自分のテニスはさせて貰えませんからイライラはするんですが、それとは違い、こんな筈じゃ。。。という類のイライラ感だったように感じてしまいました。

勝手な憶測ですが。

戦術的には、シングルバックバンドのスピンに対応できていなかった感じですね。

雨で重くなると錦織の良さは封じられます。

それはとてもイタい事だと思います。

でも、勝つ為にはそれでも何とかしなければ。

負け方がいつも同じなんですよね。。。

せめて良くやった!と言わしめる内容じゃないと、本当の意味でビッグタイトル獲りレースに参戦する事は出来ないように思います。

まあマスコミの煽りを気にしても仕方ありませんが、さあ世界の頂点へ!というレベルには達していないでしょうね。

まだまだ挑戦者ではないでしょうか。

そして真の挑戦者になる為にも、せめて格下には何だかんだ言っても勝たないと。

相性悪くて苦しくても、アウェイで観客のマナーが予想通り最悪でも、それでも最終的には勝たないと。

快勝じゃなくても、競り勝ってでも何でもいいからとにかく勝たないと。

錦織が負ける大波乱。

と、言われる位のレベルじゃないと厳しいのかなーと思いますね。

あー、結局相性の悪いガスケに負けちゃったかー。

雨で重くなって得意なパターンに持ち込めなかったかー。

と納得させてしまうようではいけません。

まだまだ、といつまでも言っていられませんからね。

もうすぐ、ともいつまでも言っていられませんからね。

今の所、まだ若いと言える位置ではありますし、ワウリンカなんかも遅咲きです。

本人もまだまだキャリアの道半ばと捉えているような発言をしていましたから、自身の中では十分なのびしろを感じているのかもしれません。

だから周りがあまり焦っても仕方がないし、じっくり一歩ずつ前進すればいいのでしょうが、それでも来年は確実に一年年を取るし、自分がそうだったように若手も成長してきます。

チャンスもそう簡単には転がり込んで来ません。

しっかりと波を捉えて、今以上に勝つことに執念を燃やして欲しいなと、日本人かつテニスファンの1人として切に切に(笑)

錦織選手の試合を観戦していて、個人的に応援に乗り切れない、何となく熱狂出来ないと感じてしまうパターンがあります。

試合中に何て言いますかね。

いきなり気を抜く(抜けちゃう?)→ミス→イライラ→ヤケクソ→ワンパターン攻め→読まれて反撃される→ミス→イライラ。。。

の繰り返し。

そして自滅。

この流れです。

集中が途切れる事は珍しくないし、上手くいかなければイライラします。感情を出してもいいと思います。

でも引きずり過ぎ。。。

勝つ為には試合中に切り替えないと。

切り替わらないから、相手の変化への対応が遅くて試合が終わっちゃう事があります。

ここがジョコビッチをはじめとするビッグ4との一番の差かなーと。

僅かのように見えて、実は圧倒的な壁。

何かがアジャストしない。

この嫌な誤差をトップはきちんと修正してきますからね。試合中に。

そして、あとちょっと!の僅かな所を必ずモノにします。

錦織選手は、好不調の振れ幅が大き過ぎるので、是非命懸けで修正して欲しいです。

応援したいから。

ダラダラやってる訳はないと思いますが、何となく戦意喪失感がわかりやすすぎるというか。

応援する側の意識も削り取られるというか、思わず、しっかり戦え!!とテレビに言っちゃうというか^_^;

今年の全仏は周りがコケてくれたし、ここまでのクレーは調子が良かったので、ジョコさんまで辿り着けるチャンスがなかった訳ではないと思うんですけどね。

マレーもフルセットのタフな試合が続いているようだし。

自滅で逃すとは勿体ない。

マレーまでは行って欲しかったです。

というか、そこまでは順当に進むくらいじゃないと。



この全仏。

何となく風はジョコビッチに吹いているのかもしれませんね。

生涯グランドスラムへの何度目の挑戦かな?

本気で獲りにくるでしょうね。

何もなければ恐らく決勝戦までは苦労する事はないドローです。

マレーの試合はスコアしか見ていないからわかりませんが、スコア通りの調子だとするとイマイチなのかな?

今後ギアを上げてくるとは思いますが、それでもジョコさん、達成する可能性は高いと思います。

ますます突き抜けちゃいますね^_^;

ポイント差どんだけ^_^;




とにもかくにも、錦織選手の2016年の全仏は終りました。
 
グランドスラムというより、まずはマスターズを獲らないとですね。

そこからがグランドスラムのタイトルに本当に対峙出来る時なのかもしれません。

今のままだと、錦織が超絶好調で戦術がピタリとハマり、おまけに神的なラッキードローじゃないと相当厳しいのかなーという所かもしれませんね。



ガスケにはこれで2勝7敗。

でも勝てる相手だと思います。

苦手意識を完全復活させないように、冷静に対応して欲しいですね。



次に控えるはウィンブルドン。

芝はまあ、期待は出来ないと思いますが^_^;ランキングを維持する為に、気持ちを切り替えて一戦一戦頑張って欲しいと思います。




ね、眠い。。。(^_^;)

会えないアイドル

連日、小金井市で芸能活動をしていた20歳の女子大生がファンに刺されたという事件が報道されています。




被害女性は、警察に相談をしていたようなので、何とか防げなかったのかと残念でなりません。

何度同じような事を繰り返せば、何度同じようなストーカー被害者を出せば改善されるのでしょうか。

警察だけが悪いとは思いませんが、今回は適正な報告を怠っていたみたいなので問題な気もします。

ご家族もかなり積極的にお住まいの管轄の警察署に相談していたようだし。




何かあったら動くのが警察。

逆に言うと、何かないと動いてくれないのが警察。

その位置付けは理解しますが、ならば危険を察知している場合、自分の身はどうやって守ったらいいのでしょうね・・・。

現代社会において、かなり優先度の高い課題な気がします。




しかしストーカー・・・。

昔ってそういう事はあったのかなあ・・・。

子供だったから、大人達の恋愛事情は知る由もありませんが。




恋愛くらいまともに出来ないものでしょうかね。

それが片思いであっても、アイドルへの憧れであっても。

思いが遂げられない、自分の思ったような反応・対応をして貰えないから殺そうとする。

何とも極端過ぎて歪んでいて身勝手で。暗澹たる気持ちになります。



相手は人間なんですけどね・・・。

自分と同じように、そこには感情もあれば意思も思想も好みもあります。

単純な事なんだけどなあ・・・。

どうしてそうなってしまうのでしょう。




直接的な問題ではないかもしれませんが、コミュニケーション能力をきっちり磨き、社会性を身につけるという事はとても大切な事だと思います。




昔からコミュニケーション能力が未熟な人は老若男女問わずいたと思います。

でも、周囲もそれを承知で何となく上手く付き合っていた事が多かったと思います。

あの人は偏屈だからとか、変わり者だからね、とか。

それぞれが少しずつ我慢という事を出来たのかな。




でも今は基本的に利己的ですね。

妙な部分だけ欧米化してしまいました。

少し不器用な人に対しては排他的です。



それは昔からかもしれませんが、昔と違うのは、今は色んなジャンルに居場所を見つけられるという事なのかもしれません。

それは良い事だと思うけれど、やっぱり似たようなタイプとばかり付き合うと、更にコミュニケーション能力は衰退するように思います。

似ている人と付き合うのは楽ですからね。

例えば身近に偏屈な人がいなかったら、多数派の人もそれはそれで楽だと思うので同じ事です。

スルー能力や議論する力。自分と違うものを認めるという思考が育ちにくいと思います。



そして、「おいおい。それはおかしいぞー」って言ってくれる人に遭遇しづらいかもしれません。

余計なお世話の一言で、好きなように生きられます。

ある時には、そういういちゃもんが犯罪の抑止力になるように思うんですけどね。

法に触れなければ、好きなように生きて一向に構わないと思うのですが・・・。



○○女。○○男。○○ガール。○○オヤジ。オタク。

何でもかんでもネーミングです。

嫌いな言葉ですが、かつては勝ち組、負け犬というようなくだらない言葉も流行しました。

世界に一つだけの花を100万回聴け!と思いました。



名付けは、一見すると誰もに居心地の良い場所があるように感じられるかもしれませんが、結局は差別まではいかなくても区別なのかなーと思います。

それが視野狭窄を生みだすような気もして。



あとは、アイドルって会いにいけないといけませんかねえ・・・。

秋元康さんがやり始めたんだと思いますが、おにゃんこだとかAKBだとか、まあ何とも悪趣味な事を企画するものだといつも思っていました。

この人、楽曲はいいのに。

それでも支持されて経済効果を生み出している訳だから成功なんでしょうけどね。



アイドルって顔面偏差値が高くてとか、オーラがあってとか。

そう万人には備わらないものを持つ人がなればいいのではと個人的には思います。

会いに行けるアイドルって、随分とま垣根を低くしてしまったものだと。

会いに行ける位なので、言葉は悪いですけど当然それなりな訳で・・・。



あとは当然警備の問題が出てきますよね。

大手の事務所がバックについていれば、スキルがあるでしょうからそういう事故は防ぎ易いかもしれませんが。

個人的には解りませんが、アイドルに一方的な恋心を抱く人もいる訳で。

熱狂的な人は、完全に疑似恋愛化もすると思います。

そして、人は欲深いですから、「手に届かない人」ならば諦めもつくけれど、簡単に会いに行けるから歯止めが聞かなくなっちゃうのかなあ・・・とか、考えたりしています。



こういう犯罪を犯す人の心理はわからないけれど、専門家はどういう見方をするんですかね。



被害女性は、幸い一命は取り留めたようでひとまずは良かったと思います。

けれど、心に受けた傷はそう簡単には治るものではないと思います。

そこをどう考えるのかな・・・。


回復されますように。。。















好き嫌いの不思議

食べ物の好みは不思議だな~と思います。



まず、基本的に好みって変わらないと思っていましたが変わりますね。

大人になって、いや、老けて(笑)から初めて知りました。



脂っぽいものが食べられなくなる、とかそういう話ではなくて、何ていうか好みが変わるんですよね。

今後はどうなるんだろう(笑)




夫はトンカツが大好物です。

パンは嫌いです。

私はパンが好きです。

たまにはパンが食べたいので、カツサンドなら食べるだろうと思い用意すると食べません

お総菜パンならイケるって言っていたのは空耳か?

お総菜の中でも好きなトンカツを選んだのに、何が間違った?




理由。

わざわざパンで挟む意味がわからない。




物事何でも、いちいち意味があるものばかりじゃありません。




変な人。

と、思いつつ、我が身を振り返ってみました。



私はトンカツが嫌いです。

カレーも嫌いです。

が、カツカレーは大好きです

人の事は言えません。

自分も相当おかしな人でした。




同じ食材でも、調理法によって好き嫌いがあるというものは何となく理解出来ます。

例えば大根。

大根が苦手が友人がいますが、大根おろしなら食べられるそうです。

確かに、おろした大根と煮た大根はベツモノですものね。

納得納得。




きっとカツカレーも納得して貰えると思います。

いつか誰かに(笑)




さて、今日は錦織選手の2回戦

ロシアのクズネツォフ。

ノーシードですが、侮れない選手だという噂を聞きました。

頑張って欲しいです。

今日は朝から忙しく仕事をしているので、リアルタイムで観られるか微妙ですが応援します!




マレーがリードされているという朗報(?笑)を聞いたのですが、フルセットで勝ったみたいですね。

ジョコさんも強いんですが、マレーだって絶好調な感じです。




圭さん。

マレーにはよく練習を頼まれるそうですが、しっかり研究されていそう




いや。人の負けを願っているようじゃダメですね。

実力で倒さないとですね!

でも一度は優勝して欲しい・・・。

獲るならハードコートかなーと思っていましたが、チャンのおかげかクレーはもはや得意と言ってもいいサーフェスだと思うので、波が来ている時に是非。

と願ってやみません。

福山雅治さんの所のコンシェルズ

それはダメでしょー・・・。

という事件でしたね。



福山雅治さんのお宅への不法侵入者は、自宅マンションのコンシェルジュ女性だったそうで。

ギターが好きで、福山さんのギターが見たかったという謎の理由。



いや、見たいのはいいですよ。

でも、合鍵を使って不法侵入って・・・。




ひとまずは、鉢合わせになってしまった奥様の吹石一恵さんに怪我などの被害がなくて何よりでした。



やっぱりですね。

「らしさ」です。

「らしさ」

あなたがそれをしたらダメよ・・・という事が多いなーと切なくなります。



例えば、名探偵コナンの怪盗キッドは泥棒だけど人は殺めません。

例えがちょっと微妙ですが(笑)、要は美学でしょうね。

自分の仕事への誇りや美学やポリシーや。

そういうものを持たないのかなあ・・・。



この女性も、極端な話他の軽犯罪はしたとしても、合鍵使って侵入は絶対にやっちゃいけない事だった気がします。

勿論、罪には問われるんですが、決して裁かれる事はないけれど、自分自身の仕事への冒涜と感じないのでしょうか・・・。



ホテルのコンシェルジュとは、失礼ながら仕事への意識がかなり違うのかな。

何だかなあ・・・な事件だと思いました。



らしさといえば。

最近私は昔よりテレビを点けます。

この時間の地上波は、ワイドショーしかやっていないんですね(汗)

うーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーむ・・・

と、とても真面目にみる気にはなれませんが(笑)、何となく点けています。




元々、ながら点けというのが苦手で、テレビの音が耳障りで仕方がないタイプだったので、基本的に一人の時は家の中がシーンとしていました(笑)

最近はテレビを点けます。

理由はよくわかりません。

仕事をする時は勿論消したり、他の音楽を聴きながらとかですが。



でもって、ワイドショーだからなのかもしれませんが、この人何を仰っている??という人が多くて戸惑います。

そして、本来はお笑い芸人じゃないの??という人が、結構ご意見番みたいな顔をして好きな事を言っていますね(笑)

ご意見番として受け入れられるのには、人柄や実績やキャラクターや。

そう簡単じゃないと思うんですが、意外と躊躇せず足を踏み入れるんですかねえ?



極楽とんぼの加藤さんの司会。

ダメダメ・・・上から過ぎて私はダメです。


ホンジャマカの恵。
もっとダメ(笑)

これらのワイドショーは視る気にもなれません。


オリラジ中田の批判連打。
以前書いた通りです。



そして、カンニングの竹山さん。

この人好きだったんですけど、あれ??という印象に変わってしまいました。


元々怒りキャラで売っていますが、根底には「実は良い人」という感があったから受け入れられていたような気がします。

最近は、本気で怒ってる??と感じる事もあって(笑)、これは果たして芸なのか?年をとってしまったのか?と疑問でした。



ワイドショーではコメンテーターという立場のようで、「お笑いだけど社会派」という立ち位置のようです。

理由は新聞を全紙読むから(汗)

読むだろうし、読まなかったとしても、そういうお仕事をし始めたら最低限の情報収集は必要だと思うので、特別な事じゃないと思ってしまったんですが、全紙というのがポイントなのかな・・・?

ちょっとよくわからない紹介文でした。



とりあえず社会派として(?)その日も、舛添東京都知事の事を報道に対しかなり吠えていました。

吠えるのは大いに結構と思います。



が、どや!って出す意見が、そんなにドヤじゃなくて(泣)

そこまで言うなら裏付けとか、余程詳しいんだろうなと思いきや、細かい部分はやっぱり知らなくて、田中康夫さんにフォローして貰っていました。

何か残念なおじさんみたいになっていました。

ちょっとうるさかったし(笑)



個人的にお笑いの人がしたり顔で意見を述べるのを好まないのは、大抵において、ご本人が自覚している程は、知識がないからです。

なのに、何故か皆さん揃ってそんな自覚は皆無のようで、上からどんどんきます。

しかも間違ってるし・・・という事もチラホラ。

とっても一方通行で、狭い範囲の物の見方だと感じる事も多いし。

それを個人の意見として述べるのは自由ですが、何故かみんなの意見みたいに話すので、この共通点は何だろう??と思います。



ジャニーズは好きじゃありませんが、ある意味よっぽどアクがないと思ってしまいます(苦笑)


お笑いの人はお笑いだけやっていてくれとは全く思いません。

他のジャンルでもそうですが。



ただ、「この人マルチだなー」と感じられる人と、「何が本業なの??中途半端だなあ・・・」と感じてしまう人。

この境界線は何なんだろう。

人柄でしょうかね、やっぱり。



基本的に二足のわらじな人は支持しません。私見です。

器用にこなしている人もいますが、やっぱり違うと感じます。

熱意が。



国家資格を有している人は特に、何がやりたいんだ??と思ってしまいます。

でも、本村健太郎のように、弁護士なんだけれどそもそも俳優を目指していた。

というような場合は、頑張れ!と思います(笑)

何か矛盾していますね。わはは。

ファンという訳じゃありません。



申し訳ないのですが、俳優として才能があるようにはとても思えないので・・・

その代わりにとても勉強が出来たのでしょうね。

資格を芸能への足掛かりとしている部分もあるでしょうから、それはまあアリなのかなと。

アリというか良かったね、というか(笑)



弁護士としての手腕の程はわかりませんが、まあ集中してやっている人に比べたら明らかに劣るでしょうね・・・。

仕事はそんなに甘くないと思いますし。

そもそも活動していないのかな?よく知りませんが。



らしさ、という意味ではタレントに見えます(笑)

俳優にも弁護士にも見えません(笑)



何だかなあ~。

やっぱりテレビってあんまり点けたらいけないんでしょうかね(笑)



私の知っている魚屋のおじさんは、どこからどう見ても魚屋さんです。

寡黙で真面目で、目利きは抜群。

安くて美味しいお魚を提供してくれます。

聞けば、ご苦労された方のようです。

包丁一本で立派なお店に育て上げ、お子さん達が後を継いでいます。

ゴムのエプロンや長靴がとてもよく似合います。

素敵だな、と思います




今日はお刺身にしようかな








歌丸さんの奥さん

「笑点の司会を勇退するにあたり、歌丸師匠から何か感謝の言葉などありましたか?」

「特にありません。いいんですよ。聞かなくてもわかっていますから。」



多分どこかのテレビ局が奥様に取材を申し込んだのでしょう。

その時のやり取りとして紹介されていました。



とっても素敵だなーと思いました

ほっこりしました。


歌丸師匠(敬意を込めて、敢えてこの呼称を♪)のお人柄が感じられるお話でした。

夫婦は鏡ですから。


フジコ奥様は、恐妻としてよく落語でも登場されていたようですが、実はとっても良妻というのは有名な話です。私の周りでは。

まあ、そりゃそうだろうと思います。

歌丸師匠のお人柄の良さ。懐の深さというのか、穏やかさと言うのか。画面からは色んなものが伝わってきます
から。


「言ってくれなきゃわかんないよ!」

などと、喧々囂々と喧嘩をしているうちは、まだまだ完全に青二才ですね

ついこの間も、夫からそう言われてカチンときていましたが、別のシーンでは私も同じような事を言っていました(笑)

嗚呼、何たる未熟さ・・・



笑点は、好きじゃありませんでした。

笑点に出ていらっしゃる噺家の皆様は大好きです。


私は変化を好む為、毎週決まって笑点を見ている父に付き合わされいつもその時間帯は笑点でした。

それが嫌でした(笑)

また笑点~?が口癖でした。



でも、何せ強制的に点いていますから、小さい頃から知っています。

三波伸介さんの司会の頃からです。

三代目司会者に就任したのが1970年らしい。

私は1969年産まれなので、道理で初代の談志さんや前武さんの頃は知らない訳です。

父は初代から見ていたんだろうな・・・(笑)



そんな環境だったので、菊ちゃんが黄色、こんぺい(心配ですね)がダイダイ色とかも知っています



大人になり、夫まで笑点フリークだとは思いもよりませんでした(笑)

友人が円楽師匠のお弟子さんになるとは思ってもいませんでした(笑)

円楽師匠はテレビよりもずっと真面目というか、落ち着いた良い方ですよ。



昨日、現場から帰宅したら夫がテレビを観ていました。

6時過ぎているのに笑点がやっています。

6時までの我慢という習慣が身についていたので(笑)、あれ?と聞いたら、歌丸師匠の勇退で特番だとか。

あ、今日か!と思い、生放送を観る事に。



いやー、面白かったですねー(笑)

来週も見ようかな(笑)



とにかく、皆さまプロフェッショナルですよね。

どこをどう見ても噺家にしか見えません。

それって結構簡単な事ではないと思います。

若かりし日、知人に落語家さんの高座に連れていかれて以来、この方たちは凄いな~と尊敬のまなざしでした。



常々書いていますが、「らしさ」というものを失くしてしまった人が多過ぎると思っています。

多少のギャップは面白くあるかもしれませんが、そこがマックスだとちょっと・・・。

見た目はそうであったとしても、その仕事を真面目にやっていたら、自然とどこかしらに「らしい」雰囲気が漂い、隠そうとしても滲み出て来てしまうものだと思います。

その意味で、世間からはプロが消えてしまったな~といつも感じています。



笑点集団は、何とも言えない安心感を与えてくれます。

伊達に長寿番組ではないんだなあ・・・。



歌丸師匠、本当にお疲れ様でした。

風貌も含め、本当に一つの世界を創り上げていらっしゃる貴重な方だと思います。

79歳でいらっしゃるとの事。

まだまだ♪

高座には上がられるという事なので、健康に気を付けて出来るだけ長く長く頑張って頂きたいと思います。

笑点にもたまには出て欲しい。緑着て。





そして、新司会者は昇太さん。


「えーーーーーーーー」

「ほーーーーーーーー」

皆さんの反応はどんな感じでしたか?



うちは、

「あーーーーーーーー」

でした(笑)

納得、という意味でです。



円楽師匠は多分ないだろうなと思っていました。

いつかはやるのかやらないのかはわかりませんが、とりあえず歌丸師匠の後がまという感じはしない。

でも、新司会者「お前だけはないよ!」とか、結構前振りがあったので、意外に意外か?とも一瞬思ったんですが、やっぱりないよねーと。

しっかり笑点で盛り上がってるじゃん、という感じです(笑)わはは。



他の皆さんも結構な個性派キャラなので、司会となると難しいのかなあ~という感じ。

菊ちゃんは永遠の菊ちゃんだし、こゆうざさんもエロキャラだし(笑)地元一緒ですが(笑)



昇太さん、角がない感じだし、いいんじゃないですかね☆

消去法、大いに結構。

若いと言ってももう56歳だし(笑)、プレッシャーはあると思いますが頑張って下さい。



笑点、悪くない(笑)

47歳、新たな発見です。




そして夜は錦織選手の全仏を、CM中断と闘いながら観戦。

テニス上手いですね(笑)

本当に強くなった。

かなり風格が出て来たけれど、時々いきなり挑戦者に見える時があるので気を抜かず頑張って欲しいです!



結局、雨でサスペンデッド。

今大会は雨にたたられるのかなあ・・・。

選手の皆さん、怪我のないように。











記事検索
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ