司会者のOFFマイク~日々のつぶやき~

結婚式・披露宴のフリー司会者、直井佐知江が綴る、結婚式の事、披露宴の事、そして何でもないつぶやき

2010年09月

青い手

ブルーレット置くだけ。

今は色んなタイプが販売されていますが、私は昔ながらのブルーの水になるものを好んで使用しています。

トイレメーカーによると、ああいう薬剤は陶器を弱める原因になるからあまりよくないそうです。

トイレマジックリンとか、おトイレの洗剤も同じ理由でよくないんだそうで。

そうかそうか・・・と思いつつ、中々どちらもやめられません。

そしてこれまで通り、青い水を流し続けています。

エコ的にもダメなのかなあ??

ある日、詰め替え用を買って、交換した時に、うっかり素手で青の固まりを触ってしまいました・・・。

あろう事か、急いでいた為、まだチョロチョロ水が流れている途中の出来事。

人差し指、中指、親指、の主要指をはじめ、動揺したままに手のあちこちで掴んだらしく、真っ青・・・。

意外に落ちないものなんですね・・・。
しかも香りは結構キツめ・・・。

交換の時は、プラケースを掴んで・・・云々と説明にはあります。確かに。

でも、何かにつけ、説明通りに出来ないミスがあっても、そんなに参事になる事は少ないような印象を持っていました。

でも、ブルーレットは要注意かも・・・。

手の皮がむけるほど手を洗いました。

秋晴れが恋しいなあ~。

レモン牛乳

お彼岸でしたが、現場に立っておりました。
何やかやと、怒涛の連休モードだったので、集中力のキープに努めておりました。

どのご披露宴も無事に済んでよかったです♪



先日、宇都宮帰りのお土産として、

「レモン牛乳」

なるものを頂きました。

意外に有名みたいですね。

私は、ちょうどつい先日、某雑誌でその存在を知り、少し興味を持っていて、「滅多に行く事はないけれど、行く事があったら買ってみよう」リストに入ったところだったので、思いがけずこんなに早く対面できた時は嬉しかったです。

とりあえず一番の特徴は、レモン牛乳というネーミングでありながら、堂々と「無果汁」という事でしょうか

パッケージには、フレッシュレモンが黄色く印刷されていますが、とりあえずレモンのレの字も入っていないらしいです

味は~・・・

とりあえず甘い。

子供の頃食べた、給食と同じ匂いのするイメージというか駄菓子の仲間というか。

リピーターにはなれそうにありませんが、一度は買ってもいいかも。レモン牛乳。


しかし寒い!

 

 

クッキー

姪とその友人達を遊園地に連れて行った時、お友達の一人のお母様から、お礼を頂きました。

その中にはクッキーの詰め合わせも入っていました。

私は基本的にクッキーってあまり好きではないので、自分で買うとかいう事は、まずないと言っても過言ではありません。

でも、頂いたその詰め合わせ。
丸くて可愛い箱を開けると、美味しそうなクッキーが詰まっています。

何だか思わず手が伸びてしまい、珈琲と共に頂きました。

お、美味しい!

今まで食べた中でもトップ争いに絡んでくる美味しさです。

都心の一等地にある訳でもありません。
おフランス製だとか、肩書きがある訳でもありません。
地元のお客様を相手にしている感じのお店の場所です。

しかし美味しい!

車で行けるので、ちょっと足を伸ばして、進物などに重宝させてもらっています。

お気に入りの何かに出会うのはとても貴重で嬉しいなあ~。

40年生きていても、「外さない」お店って、そう多くはあるものではないんだと気付いた昨今。

流行っていても、見せ掛けだけだったり、お洒落なだけだったりするお店は結構数あるけれど、そういうお店はまず好みません。
質が大切だなあと思っています。

食べ物に限らず、扱っている商品の向こうに、職人魂だったり、企業理念のような強烈なメッセージ。ブレない姿勢が見えてくる品物が素敵だなと思っています。


ちなみに、今まで食べた中で一番美味しいと感じたクッキーは、ある時の披露宴で、お見送りの時のプチギフトに配られたクッキーです。

新婦さんの妹さんがパティシエをされていて、お姉様たちの為に沢山焼いたものでした。

「まだ駆け出しなので~」

なんて仰っていましたけど、驚くほど美味しかった!!
また食べたいなあ~(笑)

あれから何年も経っています。
きっと名パティシエとしてご活躍されている事でしょう。




セミ

夏も終わりそうで終わらず。
秋も来そうで来ず。

ある日、衝撃映像を目にしました。

甥の野球の試合を、朝もはよから応援に行った時の事です。

姪と2人、グラウンドを囲っている金網にへばりつくようにして観戦していました。

2人ともヤンキー座り

そんな私達のひく~い耳元で、




ジジジ・・・





ん??


すると姪が、

「無理無理無理無理

と言いながら何故か後ずさり。

何だろう?

と、彼女の視線の先を目指して、顔をクルリと横に向けます。




ジジジ・・・


















無理!!












ちょうど私がヤンキーになった目の高さのところで、セミが鳴いています。


同じ位の背丈の小さな男の子が、生きているセミをそのまま捕まえてご満悦の表情

しかも、事もあろうに、そのセミくんを、金網に止まらせたり、しまいにはお父さんと思しき男性の肩に、ブローチのように飾っております。



「怖くないの?」
「うん」
「そっか。凄いね!でもおばちゃんの方には飛ばさないでね♪」
「うん☆」


了承は得たものの、まだ言葉もきちんと理解出来るかどうか微妙なお年頃の彼。

顔面めがけて飛んでくるような事はなくても、彼のお父さんと同じく、胸元にブローチ☆なんてされてしまったら、それこそホラー映像なので、笑顔でその場を退散しました。

しばらく「ジジジ・・・」の鳴き声は近くに聴こえたので、彼はきっと得意気に、沢山のブローチを製造したに違いありません。


セミの一生は短いから、優しくしてあげたいとは思うのですが、中々子供の頃のようにはいかないものですね。

我が家の庭やベランダでお腹を出して逝くのも、出来れば勘弁して欲しいような・・・

カリッとした抜け殻は大丈夫なんですけどね~・・・

 

 

 

全米が終わりました

男子シングルス決勝は、予想通りナダルが制しました。

これで彼は、生涯グランドスラムを達成しました。実に歴代3位という若さです。

3位と言っても、2位までのお二人はとっても昔の選手なので、凄いですね。フェデラーよりも若くして達成です。やっぱりクレーを得意とするのが強味の一つなのかもしれませんね。

この勢いだと、年間グランドスラムを達成しちゃいそうです。

他のサーフェスでは連続優勝していても、クレーがどうしても取れないという選手はこれまでも多いですね。

天才、フェデラーもクレーには随分苦しみました。ただでさえ恐らく苦手な方なのに、よりによってナダルがいましたから・・・(笑)

クレーではもはや敵ナシと言った様子のナダル。芝もハードも勝てるとなると、年間グランドスラムも夢ではありません。

確か一人か二人しか達成していない筈です。

恐ろしや~・・・

すさまじい身体能力です。

後半から観ましたが、やっぱり試合時間が長い!
どこへ打とうと、追いついて打ち返すものだから(笑)。
対戦相手のジョコビッチもストロークプレーヤーですから、まあ打ち合う打ち合う(笑)

ジョコビッチもフェデラーと入れ替わり、ランキングが2位になりましたから、さて、ナダルが頭一つ抜けるか、2強時代になるか。

ちょっと抜けてるかな~。

ジャパンオープン(AIGから楽天になっていたんですね・・・)にナダルが来日するので、スーパーレフティーのショットを拝みに行きたいと思っています。

さて、時間が捻出出来るかどうか・・・。

涼しくなりましたね~♪
快適快適☆


記事検索
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ