司会者のOFFマイク~日々のつぶやき~

結婚式・披露宴のフリー司会者、直井佐知江が綴る、結婚式の事、披露宴の事、そして何でもないつぶやき

2010年07月

是か非か

日テレの山本真純アナが、転落死。

この報道を目にした時、「またか・・・」と思いました。

日テレは多いな~という印象です。

自殺の線が濃いようですが、せめて事故であって欲しいと、おかしな言い方ですがそう思いました。

2月にはお子さんが産まれたばかりだそうだし。まだ34歳。ノレる時期なのに。

ご遺族、まして残されたお子さんの胸中を思うと胸が痛みます。

育児ノイローゼという説もあるようで、亡くなった方の事をあれこれ詮索するのはいかがなものかという思いもありますが、もしも育児ノイローゼだとしたら、将来、お母様の死因をお子さんが知る事があったら・・・と思うと、何か乾いたものが心の中を吹き抜けます。

今はこれだけの情報過多の時代。

昔なら隠し通せたであろう情報も、簡単に得る事が出来ます。お母様、メディアに出ていた方だし。

ましてそれは、真実とは断言出来ません。情報を精査する必要もあります。

お子さんが何歳でそれを知るのかによっては、実際以上の傷みを伴うのではないかと心配してしまいます。



是か非か。



「死」のテーマはあまりにも重く、その価値観も多岐に渡るので、恐らく絶対に答えは出ないと思います。

強いて言えば、誰もにいずれ訪れるもの、という事でしょうか。

つい最近も、ふとした話の展開から、友人と自殺について語り合ったところです。

白熱した議論となりました。

死についての経験によっても、その価値観は大きく違うと思います。


いずれにせよ、彼女は今回のような選択をした。

仮にノイローゼで、本人の本心とは別に、ご病気がそうさせたのであれば、尚悲しい事です。

ご冥福をお祈りすると共に、お子さんが今後の人生を強く生きていってくれるようお祈りしています。

37歳ですか

俳優の袴田吉彦さんがご結婚されるそうですね。
おめでと~♪

お相手はグラドルの女性とか。
年齢差一回り。

色々と意外でした。

まず、袴田くんが37歳になっていたという事。
いいお年だったんですねえ。
だったら私と結婚してくれればよかったのに(笑)
4歳差☆

そして、お相手がグラドルさんという事。
何というか、むっちむちなタイプではなく、もっとスッキリ系?の女性がタイプなのかな?という勝手な印象があったので。

更に、年齢差が一回り、というのも、「へ~」という感じでした。
何となく、1つか2つ年上の落ち着いた女性、というイメージをこれまた勝手に抱いてたので(笑)

手離しで喜び一杯で、お仕事への情熱も高まっているようですね。
素晴らしい!

マリッジブルーに陥ってしまう新郎新婦さんにも度々出会いますが、それはそれでまた、結婚というものを、大きく重要な出来事として捉えているという事なのかな?と思いました。

喜びや責任の感じ方は人それぞれですが、幸せに向けてスタートする人々はやっぱりパワーやオーラが違う♪

お幸せに☆

ぬるぬるだけど

土用の丑の日です。

私の友人で、うなぎ屋さんの娘さんがいます。

大学時代から東京に来て、結婚して東京で生活しています。

が、この日だけは帰省しています。

昔からそうでした。

大学時代もそうだったし、高校時代もこの日だけはお手伝いでした。

彼女の家のうなぎは絶品で、我が家でもよく頂いています。

土用の丑の日のうなぎ屋さんの忙しさは見たことがないので、実際どの程度なのかわかりません。

きっと想像以上なのだとは思います。

そういえば、彼女がどんなお手伝いをするのか、聞いてみた事がありません。

その日は出前はダメで、自宅で食べたい人は取りに行かなくてはいけないので、やっぱりお店で、出来たお料理を運んだりしているのかな。

土用というと、決まって彼女の事が頭に浮かびます。

とても勉強がよく出来る子でした。

私が司会をさせてもらって結婚して、もう何年になるかな~。懐かしいな~。

きっと今年も今日はご実家でしょう♪

ぬるぬるちゃんのうなぎですが、とても栄養価は高いので、そんなに好きではないけれど、食べようかな。

今日は仕事の関係で食べられるタイミングがなさそうだけど、近いうちに、マイ土用をするかな☆

暑いね~~~~~~~!

頑張って乗り切りましょう!!

しらゆき

あまりに暑い毎日で、とあるスーパーでは、アイスクリーム売り場からアイスが消えたそうです。売れているんですね。


子供の頃、多分自治会が主催だったと思うんですが、「育成会」という地区の団体があって、そこでバレーボールをやっていました。他にも野球などがありました。当時、サッカーはなかったなあ。

入っていない子はいなかった、というのは大袈裟ですが、途中でやめてしまうにせよ、みんな一度は入らされたような気もします。

各地に似たような団体のチームがあって、大会も大きいものでした。

当時のコーチ。
大人になった今、冷静に見てみると、単にバレー好きな近所のおじさんですけどね・・・。ガス屋さん。

それでも、田舎の地区では活発な活動の一つで、中学校の指導者が選手発掘の為、見に来たりしていました。だから結構厳しかったような・・・。

そんな活発な活動だったせいか、地区の注目も高く、心有るおじさん達が(笑)沢山の差し入れをしてくれたものです。

飲み物や果物、レモンの蜂蜜付け、お菓子、そしてアイスクリーム。

棒のアイスの時もあれば、カップのアイスの時もありました。

中でも、夏場に特に人気だったのが、「しらゆき」シリーズ。

カキ氷です。

宇治金時とか人気があると思いきや、真ん中にアイスクリームが入っていて、その周りを珈琲味なんかのカキ氷が囲っている、「フロート」系が特に争奪戦になったと思います。

子供の世界も弱肉強食(笑)

私の時代は、今のように、何でも平等平等、なんて事はありませんでした。普通に競争もありました。

ボケーっとしていると、しらゆき合戦には瞬く間に乗り遅れ、気付けばピンクのイチゴ味。一番ベーシックで私の地区では人気のないピンクちゃを手にする事になったものです。

先日、あまりに暑かったので、久しぶりにアイスを食べました。

私は甘いものをあまり食べず、特にアイスクリームは滅多に食べません。

観光地に行っても、余程の事がなければソフトクリームは食べません。

食事の最後のシャーベットやアイスクリームも、お断りする事も少なくありません。

まして、この手のカキ氷はまず買って食べる事はありません。

なので、自ら買おうなどというのは、私にとっては非日常的な出来事。

何となくワクワクしながらアイスクリームが売っている冷凍庫に向かいます。

選んだのは練乳小豆、とかなんとかそういう感じのもの。
宇治金時がなかったんですよね。残念。
でもしらゆきのものでした。

う~ん、懐かしい味♪

他にもちょっとカップの形状がスタイリッシュに変化しているものなんかも目にしました。

ピンクのいちご味のは見かけませんでした。
まだあるのかなあ・・・。
廃盤!?

今年の夏は少しカキ氷にトライしてみようかな☆

熱帯夜

朝晩は涼しい。

もうそんな常識はもはや通用しない時代なんだと痛感する熱帯夜でしたね・・・。

真夜中3時半に暑くて起きてしまいました。また中途半端な嫌な時間に(泣)もうサッカーもやっていないから、3時半に起きる必要はないのに。

皆さんはクーラーはどうしていますか?

私は基本的には数時間後に切れるようにタイマーをセットして寝ていますが、それだとキツイって事ですよね。

でも、朝までかけっぱなしも何となくな~・・・という感じなんですよね。体もだるくなるし。

嗚呼嘆かわしい!熱帯夜よ。

今日もきっと同じですね。

皆さんも熱中症にはご注意下さいね!
記事検索
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ