司会者のOFFマイク~日々のつぶやき~

結婚式・披露宴のフリー司会者、直井佐知江が綴る、結婚式の事、披露宴の事、そして何でもないつぶやき

2008年04月

言葉

心身ともに少々疲れ気味です。

言葉に翻弄されているような面があり、グッタリ・・・。

言葉は時に、人を傷つけるものですね。

信用していた相手から意外な言葉が発せられると、ギョっとします。

その言葉の奥にある、偏見に満ちた価値観を垣間見ると、ウゲ~・・・って思わざるを得ないというか・・・困った

まあでも、自分はそうならなようにしようと思えたからいいとするか。

ペニンシュラ

ペニンシュラで硫化水素ガス騒動があったようですね・・・。

連日報道されている、このガスを発生させて自殺を図った人がいるとか。

怖いなあ・・・と思います。

私もホテルは避けて通れない場所だし・・・。

ノロウィルスの時も恐怖でした。

ホテル側も、室内でされちゃう事まで防ぎようがないだろうし・・・。

全く関係のない人を巻き添えにするこの方法には、非常に不快感を覚えます。

周囲を巻き込むのをわかっていて尚やるのか、もはやそういうところまで気が回らない胸中なのかは判りませんが。

やめて欲しいと切に願います。

雑感

光市の事件の裁判の経緯を、かねてから興味深く見ていました。

被害者ご遺族の本村さんは、毎回、大変に理路整然としたお話をされると感じています。

時に(特に過去は)、感情を抑えきれずに語気を荒げる事もありましたが、そういう一面も、生身の人間らしいと感じています。

印象に残っている言葉は、

「被害者遺族も、立ち直らなければならない。人を憎み、恨む感情を乗り越え、優しい心を取り戻さなくてはならない」

というものです。(内容に誤りがあったらごめんなさい)

涙ながらに語っていた姿は、見ていて胸が痛みました。

差し戻しとなり、下された判決は極刑。

私見は差し控えますが、今後始まる、裁判員制度に対して色々と思う事はありました。

私の友人・知人にも法曹界に身を置いている人はいます。

裁判員制度に対しては、一般の人と少し温度差があるように感じています。

今回の弁護団の例からもわかるように、同じ法曹界にいても、考え方が対極的であったり、様々なようです。

人を裁くという事は、感情的になってはいけないだろうし、だからといって機械的であってもいけないと思います。血の通った人間なのですから・・・。

非常に難しいだろうと感じています。

これは私見ですが、司法試験が難関であるせいか、実際に法曹界に身を置いている人々の中には、知識はあっても、社会の色んな事を意外に知らない人も多いと感じています。

経験値が、加齢に必ずしも比例するものとは思っていませんが、やはり、各年齢に相応しいというか、一般的によく認識されている事くらいは、知っておいて欲しいと思う事もしばしばです。

あまりに乖離があると、果たしてその判断が正しいのか、と疑問に感じてしまうかも・・・。

裁判員制度が、何かしらの一石を投じる事にはなるのかな・・・とも思いますが、やはり難しいであろう事は変わらないと思います。

楽しい事、辛い事。

人が人生を送る上で、どれ一つとして無駄な経験というものはないと思いますが、やはりその経験値には、かなりの幅があると思います。

大切なのは、自分が経験した事がない事でも、想像力を働かせ、人間の心のひだに配慮出来るようでなくてはならないのでは・・・と思っています。




今日は堅めでした・・・。

おわり。


オリジナルウェディングケーキ

ウェディングケーキの変遷も、楽しいものがあります。

昔はイミテーションで、ナイフを入れる部分だけが生になっていました。

とっても背が高いものが多かったですね。

倒れてきた事があったのを思い出します笑い

そして、ここ何年かは、生のケーキがすっかり定番となりました。

更に最近では、オリジナルのウェディングケーキにする事も多いですね。

大分定着してきたなあ~。

これはゲストの皆さんも楽しいみたいですOK

見て楽しんで、食べて楽しんで。

いいじゃないですかラブ


6eddd75d.jpg



私が撮影したので、下手ですみませんすいません

多くの方が見たことのあるであろう、オブジェが乗っかっていますにっこり

勿論、お2人にとってゆかりのあるものです。


何か思い出のあるものだったり、単に好みの色や形だったり、何かしらリクエストしているカップルさんが増えたな~と感じています。

本当は毎回、色んな写真をご紹介出来るといいんですけどね。

一応、披露宴中も忙しいもので・・・笑い


あ、そうだ。

こんな風に、何気なく載せた写真にも、皆様とても敏感です。

チラリと写っている背景から、わかるみたいです。どこの会場か。

「私もそこで挙げます~」

というメールを頂く事も多いのです。

やっぱり自分の会場はよく見てる!!

研究熱心な花嫁サン達に感服致します拍手


最近は、「おもてなし」にとても配慮されるカップルさんが多いです。

だから、会場の細部までよ~くチェックされています。

柱の位置、清潔感、照明、そして、ゲストの皆様が実際に着席された時の空間、視界など。

少しでも快適にお過ごし頂けるよう、知恵を絞り、チェックを欠かさないのは、素敵な事ですねラブ

既に秋に向けて始動しています。

毎年の事ですが、秋は色々と動きがスピーディーーーー走る

ではまた明日!(の予定・・・)

五人組!?

電車には、面白ネタがよく転がっていると、よく思います笑い

この間、某路線を利用しました。

昼間の車内は空いています。

移動中は、貴重なメールの時間でもあります。

その日も、人里離れた3人掛けの一番端で、メールチェックをしていました。

取り急ぎ、返信しなくちゃならないものを、一つ一つやっつけていました。

すると、人影。

男性が4人乗ってきました。

そのうちの誰一人として、私の隣の空席2つに座る事はありませんでした。

特に気にするでもなく、私は引き続きメール作業継続。

一段落して、やけに影になるなあ・・・と、ふと見上げると、座席とドアの間にあるポールを中心に、4人が半円になって話をしています。

いや、違う・・・・・・
















私入れて、5人じゃん!!














困った














走る
















多分、傍から見たら、私も完全に知り合いですにっこり

4人ならば半円だけど、私を含め5人ならば、円だね・・・。

とかつまらない事を考え始めたら、いつものゲラ状態ウインク

もう笑いを堪えるのに必死でした。



しかも、その4人組のトークがまた、実に面白くて、思わず「だよねー!」とか、相槌打ちそうになっちゃいました困った

あー面白かった。

4人組にはご注意を!
記事検索
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ