司会者のOFFマイク~日々のつぶやき~

結婚式・披露宴のフリー司会者、直井佐知江が綴る、結婚式の事、披露宴の事、そして何でもないつぶやき

2007年08月

ダイアナ

ダイアナ元英皇太子妃が亡くなってから、丸10経つんですね。時の流れは早いものだと感じます。私が現在38歳なので、それよりもお若くして旅立った事になります。2人のお子さんを残して、さぞかし無念だったと思います。

当時、私は28歳。元気でした。やたらに。
友人一家や、単身友人が、当時イギリスにいて、英国民の大変な悲しみようを教えてくれたものです。

今はメールがあるので、海外との連絡も本当に便利になったな~・・・。

携帯だって昔は黒だったけど、今はお洒落なのが沢山あるし。
黒時代、テレビのリモコンと間違えて持って行っちゃった事があります。
待てど暮らせど友人からの連絡がないので、おかしいなあ・・・と思って確認したら、リモコンでした困った


大分涼しくなりましたね。
皆様、いかがお過ごしですか?
夏の思い出は沢山出来ましたか?

私もまた、秋のトップシーズンに向けて忙しくなりそうです。
日焼けとシミを恨めしく眺めつつ、爽やかな秋を迎えたいものです。

中と外

それにつけてもおやつはカ~ル~譜面

が、子供の頃から好きです。
一番好きなのはカレー味でしたが、今って売ってないのでしょうか??
やたらに凝った味付けにされるより、シンプルなのが好きだったんですけどね。

チーズ系は基本的に好きなので、チーズカールも好きです。
が、一袋開けてしまうとどうにもならないので、便利なチビパックを買ってみました。

が、中味のカールそのものもプチなんですね。ちょっとガーン困った
食べ応えに欠けるというか、大袋の大きさが好きだなあ・・・。
明治さんご一考を!ウインク
でも、大して数が入らなくなっちゃうのかな・・・。


朝青龍、帰国しちゃいましたね。結局語らず。
輝かしい成績を残してきただけに、もったいないな~と思って見ていました。
今は心の状態を整え、彼が再び土俵に上がる事があるのなら、心身ともに強くなった姿を見せて欲しいと思いました。

モンゴルといえば、夏休みに「ゲル」に入る機会がありました。あの、ショーロンポーみたいな形をしたテントです。
本物を見てみたいなあ・・・。通気性とかどうなっているんでしょうね??



速さの違い

世界陸上見ていますか?

日本勢の期待選手の、まさかの敗退劇が続いているのは残念です悲しい

数日前偶然テレビで見たシーンがちょっと印象に残っています。
準決勝負けしてしまった朝原選手が、競技直後インタビューされていました。
途中からは涙で声にならない様子・・・。

負けに直面した直後。その心中は察するに余りあります。
仕方がない事なのでしょうが、そういう時はそっとしておいてあげたいな・・・などと、個人的には思ってしまうのですけど・・・ね・・・。


さて、その世界陸上。
ゲイ選手、文句ナシに速いですねーーーーーーーーーー走る

コンマ○秒の世界。世界記録を狙うアスリート。自己ベストに挑戦するアスリート。その目標は様々でも、わずかな時間を更新する為に、日夜努力をしているのでしょうね拍手

どうやったらあんなに速く走れるの??
ゲイ選手を見ていると、本当にそう思います。
恐るべき身体能力だなーと思いますが、ふと思ったのは、

チーターってすごいよな・・・って事です。


チーターは地上を最も速く走ることができる動物。
初速から数秒で最高時速である時速100-115kmに達するとされています。
速~いロケット

別にチーターとヒトを比べても仕方がないんですけど、短距離の選手って、一度は、
「俺もチーターになりたい」とか思ったりするんでしょうかね。思わないか笑い


私はスポーツの中では、陸上はそんなに興味があるジャンルではありません。
が、これでいて、中学時代ハードルの選手に選ばれた事があります。
何の大会だったか・・・。市とかそういうレベルですけどね、勿論。

正直すごい嫌でした・・・困った
ハードルって何か怖い!って思ってたので、本人は転ばないように、引っ掛けないように、必死で逃げてるようなもんなんですけどねウインク

今の私ならば、間違いなく全ハードルをなぎ倒して、ゴールまで一直線に違いありません。



最後に皆既月食。

今年は一応全国で観測できる貴重な年だったようですが、お天気が悪くて、結局東北や北海道じゃないと観れなかったみたいですね。

ちょっと楽しみにしていたので、残念です。

自然との巡り合わせは、一筋縄でいかないからこそ、神秘的なのかな~・・・月


体育会

スニーカーが欲しいと思い、某靴店に行きました。混んでいます。

人に揉まれながら、一足選びます。

「すみません~。これの○センチ欲しいんですけど~」
「はい!今ご用意します~」

お返事は素晴らしかったけど、待てど暮らせど、出てきません。
最初は、混んでるから仕方ないか・・・と思っていましたが、さすがに待つこと20分は限界困った

途中、店員のお兄ちゃんが、「お持ちしてますんで~」と言いに来るも、何故か彼はその靴を持ったまま、他の人の接客をしています。

接客はいいんですが、何故私に靴をくれないの???????

思わず、「靴、作ってるんですか?」なんて、オジサンのようなギャグを言いたくなってしまいました。

そんなこんなで、結局20分。
こりゃたまらんと、近くを通りかかった女性店員さんにモノ申しました。

「あの~、サイズを出して頂いているんですけど、もう20分待ってるんですけど・・・」

すると、そのお嬢さん、

「マジですか?」

これだけでもビックリでしたが笑い、続けて、

「じゃあ、自分持って来ます!」

HAHAHA笑い
すご~い。THE・体育会系だ~にっこり

まあ、あの靴屋さんなら、体育会系もアリかなにっこり


ワンタン風呂・・・

私はラーメンが好きです。

昔から通っているお店もあれば、暇を見付けては、新たに開拓したりしています。
気に入った味に出会える事は少ないですが、上手くヒットした時は嬉しいです笑い

今日は、本番の後、打ち合わせがありませんでした。
夏だな~と感じるスケジュールの特徴です。

仕事を済ませ、腹ごしらえすべく、昔から通っているお気に入りのお店に足を運びました。

私にとってはお昼ご飯ですが、一般的な昼時からは、時間はズレています。そんな週末を送るようになってから、何年にもなります笑い

さて、ラーメン。

今日はワンタン麺にしようラーメン

元々ワンタン麺が好きですが、そのお店の一番人気でもあります。

旅行に行きたいな~と思いつつ、何気なく貰ってきたパンフレットを見ながら、立ち込めるラーメンの香りに包まれ、楽しみにその登場を待ちます。

清潔なお店で、職人さんも年配の熟練者が多い老舗のお店です。

ちょうどパンフレットにも一通り目を通し終わった頃、職人さんの元気のいい声が。


「はい。お待ちどうさま~。ワンタン麺です~笑顔

と、いつもながら気持ちのよい対応で、カウンターの向こうからワンタンメンを私の前に置いてくれる為、職人さんの左手には、どんぶりが。

「あ、は~い。有難うございます~」














ツルっ!













グラっ!!














バッシャーン!!















あっづーーーーーーーーーーーーーーーーーーーい!!!!!!!!














ワンタン麺・直井風味完成・・・














そうなのです。

職人さんの手が滑り、カウンターの向こう、真正面から、私を目掛けて、ワンタン・麺・スープ・トリオが、洪水のように押し寄せてきたのです。


走る走る


咄嗟に立ち上がりましたが、ラーメン群の動きの方が素早かったです。

どんぶりは、職人さんの手から完全に離れ、破壊音とともに、見事に木っ端微塵にっこり


マグマのようなラーメンとその仲間たちが、私の右太ももを直撃拍手すごいコントロールです。

一連の動きは、スローモーションのようでした。


自分では素早く逃げたつもりでしたが、既に遅し・・・。
私は、マグマスープの海の中に、ネギやメンマと共に立ち尽くしていました。


しかしアレですね。
ラーメンのスープというものには、ラードが入っている訳で。

次の瞬間、ジーンズなど、モロともせず、地肌にマグマが染みこんできます。
ジーンズは、糊付けされたかのように、地肌にピッタリと張り付きます。


あち!あち!!あぢーーーーーー!!


たまらず、マグマスープの海の中で、ワンツーステップを踏むハメに悲しい


隣にいた男性が咄嗟に、

「かけるよ!!」

と、手元の氷水を数杯、かけてくれました。


この善意が、やけどから救ってくれる事に。


店中のお客さんに注目される中、汁を滴らせながら、お店の事務所に案内されます。

そこで、洗濯をし、代わりの衣類・靴を近くのG○Pで買って来て貰い、赤くなった太ももを冷やし・・・。

何だかんだと一時間半!
私の空腹は満たされる事なく、お店を後にしました笑顔

ラーメンをかけられたのは、初体験です。
ラーメンは熱いのね・・・。
当たり前の事を、38歳にして、身を持って知った一夏の思い出・・・笑顔
HAHAHA。




不運にも当事者の一人となってしまった、その職人さん。決して作業が雑だった訳でも何でもありません。滑っちゃったんでしょうね。驚いたと思います。

店長さんらしき方も、私が一通りの事を済ませるまで、本当に誠心誠意対応して下さいました。勿論、職人さんも、最後、出口まで来て下さり、深々と頭を下げ、お詫びをして下さいました。


本当は食べて行きたかったけどウインク、私が戻ったら、やっちゃった職人さんも仕事しずらいだろうな・・・と思い、その旨を伝え、改めて訪れる事を告げ、その日の食事は辞退しました。


その後、本部の方からお電話も頂き、「飲食店にあるまじき失態」と、お詫びの連呼。気に入らない衣類で帰宅させてしまった事へのお詫び。やけどの心配。

何をとっても、パーフェクトな対応でした拍手却って恐縮してしまったくらいです。お詫びの品を送りたいという申し出を丁重に辞退し、余計な事とは思いましたが、その職人さんにも、是非おとがめなしでと、お願いをしておきました。


本当に、間違ってなっちゃった事なので、「怒る」という感情は湧きませんでしたが、ラーメンの海に浸かってから、そんな感情を一瞬たりとも抱かせない、感動的な対応に、逆に清々しい気持ちになったくらいです。


元々、味も好きでしたが、このお店がますます好きになりました。


現場の人がちゃんとしているところは、上もちゃんとしています。
上がちゃんとしているから、現場もちゃんとするのか。

いずれにしても、いい組織だなと感じながら、ほんのり残るラーメン臭と共に、濡れた衣類片手に、空腹と共に胸を張ってにっこり別のラーメン屋さんに行きました。ワハハ。


偶然隣り合わせた、氷水をかけて下さった男性。

おそらくその方にも、少ししぶきが飛んだのではないかと思うのですが、そんな中で、他人に優しく、しかも素晴らしく機転の利いた対応をして下さった事にも、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

当たり前ですが、私が帰る頃には、もういらっしゃいませんでしたので、お礼を言う事は出来ませんでしたが、心からお礼を申し上げます。

今日は、そのお店でお腹は満たされませんでしたが、心が満たされ、十分に満足しています。


でもアレですよ。
ぶっちゃけ、ラーメンは熱いですよ。
本当に熱かったです笑顔


気をつけよう。
仕事の後の、ワンタンメン。

記事検索
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ