司会者のOFFマイク~日々のつぶやき~

結婚式・披露宴のフリー司会者、直井佐知江が綴る、結婚式の事、披露宴の事、そして何でもないつぶやき

2006年06月

携帯と私

今日は携帯を忘れていっちゃいました困ったダメですね、不便でしたね。私にとっての携帯。仕事メイン以外の何者でもありません。友達とのメールは、用件のみが多いし。皆、あっさりしているのです笑い

でも、忙しいとね・・・返信する暇もないのですよね。仲間内では、皆、暗黙の了解です。意味のないメールのやり取りはタブーになっています。ずっと前、自分が休みだったので、我ながらどうでもいいメールをしたら、「急ぎ?」と一言落ち込みいえ、急ぎではありません困った反省したものです。

そして、W杯に、ウィンブルドンと楽しみが目白押しなのに、観れない~~~~~!!時間がなーーーーーーーい!!

とりあえず、これから食事です料理

明日は朝からナレーションだ。

また!

ショック・・・

今日の披露宴は、都内C。人気ありますねー、やっぱり。

いわゆる、「THE・余興!」という、本格的余興があった披露宴でした拍手すごい練習するんでしょうね、やっぱり。大勢のスケジュールを合わせるのって、大変なんだと思いますから、持つべきものは友って事ですね笑顔楽しかったです♪


さて話は変わって・・・

私は今日、久しぶりに「ショック」という感情を味わいました。ショック









アガシ、とうとう引退!!















うぎゃ~~~~~~~~~~~~~!!!














悲しい悲しい悲しい悲しい悲しい









ウィンブルドンテニスが開幕するので、ずっと怪我してたけど、今回はアガシ出るかな~なんて、楽しみにしていた矢先の発表。友人から連絡を受けた時、ガツンときました。ちょっと元気なくなりました。力が抜けたっていうか・・・


いや、もうね、口では「アガシも今年の全米でさすがに引退だね~」なんて、普段から言ってるんです。先日もご新婦様の弟さんと、そんな話で盛り上がったところだったんです。


頭では、十分すぎるほど解っているんですが、それがはっきりと現実のものとなると、別物のショックが誕生するってもので・・・


それは何か・・・










私が太り始めた時・・・














もう9号は着れないという事実を理解しているのに・・・














往生際が悪く試着してみて・・・














やっぱり着れなかった時のショックと・・・










































る・・・














いや、似てない。多分困った

アガシファンの皆様、ごめんなさい。ワタクシごときのサイズアップの話と同等に語ってしまって。


いやーーーーーーーーーーーーーーーーーーー、ショックだな。ショックだなー。まだ、色んな情報をゲット出来ていないですし、検索の時間も取れそうもないので、アガシ情報をお持ちの方、どんどんメール下さい悲しい


華麗なプレーで、感動をくれた王子よ!ドキドキ大有難う~~~!!



8月、全米観に行きたい・・・


今日はショックを枕に寝る事にします。


しかし蒸し暑いですねー落ち込み湿度に負けず、明日からもカラリと参りましょう~力こぶ(それはそれ、これはこれ笑顔

リーくん

今朝、久しぶりに気持ちのいい太陽を見て、幸先のいい週末スタートとなりました。やっぱり気分的にも晴れやかになりますね朝日

今日はHホテル。相変わらずさすがの対応でした。私も何度もお世話になっていますので、すっかり顔なじみになりました。理由はもう一つ。ここのホテルは、スタッフさんが、あまり辞めないのです。

司会者は、披露宴の約一時間前に会場入りしますが、その時間会場内では、まだホテルのスタッフさんやら、他の業者さんが準備をしています。朝一番のお式は必ずしもそうとは限りませんが、午後のお式などは、前のお式がある事が多いので、とても慌ただしいのです。

否が応でも、ホテル側の雰囲気というものは伝わってきます。このホテルに対していつも思うのは、指示系統がしっかりしているという事。そして、人間関係がいいという事です。

場内は殺気立つ時間なのですが、本当に皆がピリピリしている会場もあれば、慌ただしさの中にも、皆が一丸となっている様子を肌で感じる事が出来る会場もあります。このホテルは勿論後者です。気持ちがいいですね拍手

非常にプロフェッショナルな雰囲気を感じると同時に、ホテルマンにはこうあって欲しいと勝手に思ったりします。

指示系統がしっかりしているという点は、とても大切な事です。披露宴にも大きく影響してきます。情報の混乱という事が起こりずらいですから、当然ミスにも繋がりにくいのですよね。

一つの事を確認するのに、エラく遠回りをするところもあります落ち込み

という訳で、お天気同様、晴れやかな気持ちで披露宴スタートです笑い

今日のお式は、そうですねえ・・・
お上品で温かいお式でしたキラキラ皆様、時間・空間を楽しむという事に長けていらっしゃる、そんな印象を持ちました。

お2人も、一見ガハハな感じなのですが」ウインク実はとっても大人でしっかりとしています。ゆったりとした時の流れを味わう事ができたお式となりました。
二次会も盛り上がったでしょうクラッカー



さてそして・・・
タイトルのリー君のお話。

以前書きましたが、よく立ち寄る某コンビニの店員さんに、リー君という男の子がいます。商品を入れる袋のチョイスをいつも間違えちゃう子ですにっこり

今日は、お酒を3本買っただけでしたので、量も一目瞭然だし、形状も全部一緒。袋の大きさは間違えようがないのですが、もはや私にとってリー君は、パブロフの犬状態困った


きょ、今日は間違えないよね・・・

と、心配の気持ちを抱いた瞬間、ゲラまっしぐら走るとはいえ、笑うなんて失礼な事は出来ませんから、お会計を済ませ、商品を手にしてお店を出るまでの時間は、拷問です笑い


外に出た瞬間、いつも声が出てしまいます。かなり怪しいので、人目のないのを確認してから、解禁する事にはしていますが。

とっても疲れるお買い物なのです笑いでも、ちょっと楽しみだったりするウインク

明日は、本番の前に顔合わせもあります。明日も暑いのかな~汗

引き続き、楽しい週末を!

スペイン

体調不良により、ブログの更新が出来なかったので、先週末のお式の事を書けませんでした。あっという間にまた週末です!さあ急げ走る

まず日曜日。
ジューンブライドに憧れつづけていたというご新婦様。それはそれはお幸せそうでした。天候の関係で、先日発表されたデータでは、11月が一番人気でしたが、10月と同率で、ジューンブライドもまだまだ根強い人気です。

ご新郎様がとにかく優しい方で、「新婦の好きなように」という姿勢を、貫き通した方でした。大まかなものから小さなワガママまで、全てを受け止めていらっしゃいました。男だね~♪

お式そのものは、王道!というものでしたが、当日は、そんなお2人の雰囲気が随所に息づいているお式でした。今、ヨーロッパ旅行に行っています。

さて、そして土曜日。
こちらは間もなくスペイン旅行にお出かけになります飛行機。披露宴会場もスペイン料理のお店でした。

色々な思いがあってのご選択。ミシュラン三ツ星をとったレストランで、私も個人的に、シェフからのメニュー説明に興味津々。女性で三ツ星をとったシェフは、ごくわずかだそうです。今度、本格スペイン料理、食べてみようかな料理

あ、ちなみに、スペイン語は全く解らないのでウインクシェフの説明は全然わかりませんでした。HAHAHA。が、勿論、マネージャーと称する通訳の方がいらしたので、そちらに耳を傾けましたー。

このお2人、とにかく穏やかで裏表がない!決して短いお付き合いではありませんが、喧嘩をした事がないそう!でも、納得です。打ち合わせでも非常に心地良い時間を過ごさせて頂きました。

ご新婦様は、何しろ、いい子!この言葉がピッタリとくるお嬢さんです。躾という漢字がよく似合う、本当に素敵なお嬢さんでした。ああいう娘が欲しいわ~笑い

ご新郎様がこれまた味のある方で、私には彼のブラック的な冗談がツボでした笑顔いや、恐らくご本人様はブラックを飛ばしているおつもりは毛頭ないのでしょうがウインク、ミラーネタなんて、最高でしたね笑い(ごめんなさい。この部分はお2人にしかわからないと思います。)

ケーキ入刀の時、なんちゃってイナバウアーをやっていましたが笑顔今は単なる流行りでも、先々、DVDをご覧になった時に、その時代背景を懐かしく思う事もあるでしょう♪

皆様からのご挨拶は、全てインタビュー形式によるものでしたが、とてもナイスキャラな方もいらして、大変助かりました拍手

インタビューは、アレですね。ゲストの方も肩の力が抜けるのか、等身大のお人柄も出やすいですし、フレッシュな反応の数々から、お2人の様々な側面を窺い知る事も出来て、楽しいですね。

勿論、ベストなスタイルは、カップルさんによってまちまちです。

が、今回は、間接的に各時代のお2人をイメージする事も出来て、◎でした。

おひらき後、お2人や、そのご家族、ご友人と例によってお話させて頂いたのですが、ご新郎様が、

「インタビュー形式だと、楽しくていいですね。マイクを渡して一方的に喋ってもらうより、何かいいですね」と。

そう、お2人のお式はまさしく

何かいいねドキドキ大

そんな感じのものでした。とてもアットホームな、温かいお式でした。

冒頭と結びには、それぞれ、ご上司とお父様方が温かくもピリっとしたご挨拶をして下さったので、結果的にメリハリも生まれました。私も、30代の一個人として、心に染み入るご挨拶でした。とても感銘を受けました。

皆様、人生の先輩ですからね。言葉の重みが違います。勉強させて頂きました。

あの流れで、エンドロールにいけたのは、GOODOKだったと思います。

イギリス発、ピアノの音色も最高でしたねー譜面



毎週、全てのお式に関して、事細かにお伝えしていきたいのですが、お式の事となると、私の日常のどうでもいいネタとは違って、やはり文章にも気を遣いますので、ついつい、時間に追われ、写真まで撮ってあるのに、お載せ出来ていないものもあります悲しい

友人のものですが、披露宴実況、写真付ヴァージョン、途中のままになっちゃっているのもありますね・・・ABU。ご、ごめんね!悲しい

私としては、お客様の事を書かせて頂く時には、結構慎重になるのですが、意外と「ブログに書いてくれてありがとうございます」というご意見を頂きます。なので、時期がズレても、時間を確保出来る時に、少しずつ書いていこうと思っています。

プレ、花嫁・花婿の皆さんも、ご質問などありましたらご遠慮なくなさって下さいねー。現場からの生の声が、一番です。

という訳で、明日は私の大好きなHホテル。さあ、どんな風になるかなー。

ちなみに、ブラジル戦はサッカー、睡魔に負けました困った20分前まで頑張って起きていたのになあ・・・イマイチ調子悪かったから仕方がないかなと・・・

見事に完敗でしたね。私としては、惜敗より完敗の方が好きです。サッカーも、若手の層が薄いから、4年後どうなるのかなあ・・・とりあえず、選手の皆さん、お疲れ様でした。

今後は、世界の華麗なプレーを堪能するとします。私はトッティーが好きなのですが、旬は過ぎていると色々な人に言われます。HAHAHA。そりゃ、ロナウジーニョも、確かにすごいです!が、私はトッティーが好きラブ

チャオ♪
よい週末を!

大人と子供

電車に乗り込んだら、動物園???サルと勘違いしそうになりました。

男の子が、お猿さんのように、つり革に思いっきりつかまって、前後に揺れています。ある意味すごいと、一瞬ツボでした笑い

が、冷静に考えると、そこは公共の場。「お、お母さんは・・・」と思っていたら、ご年配のご婦人がすかさず、「あらあら、電車の中でそういう事したらいけないわよー、ボクー」と。

一瞬キョトンとした顔をした男の子に向かって、

「電車はみんなが乗るものだし、遊ぶところじゃないから、おりこうにしていようね。ボクもガタゴト揺れて、落ちちゃって怪我しちゃったら痛いでしょう?」

と、笑顔でありながら毅然と言い含めています。

男のは、

「は~い♪」と、全く悪びれる様子もなく笑顔つり革から降りて(まさに降りたって感じでした)、今度は椅子に後ろ向きに座って、外を楽しそうに眺め始めました。電車が好きな子なのでしょうね、きっと。

肝心のお母さんは、「すみません・・・」と、やや不愉快そうなご様子。その是非については、個々お考えがおありでしょうから、置いといて、私個人としては、とても温かい気持ちになりました笑顔



こんなおばちゃんになりたい!


そんな感じです。

ふと、昔を思い出しました。

私は内気な少女でした。そう思っていました。確かにそういう面もありました。が、いたずらも大好きだったようで・・・

実家の2軒隣に、幼馴染の「かー」という女の子がいました。そこはおばあちゃんの家でもあり、お母さんのお店(お肉やさん)でもあり、幼稚園が終わると、彼女はいつもそこに来ていました。

私達はよく遊びました。

うちと、かーのおばあちゃんのお家の間にある家は、うちの敷地で、当時、あるおばちゃん(おばあちゃんかなあ・・・)に貸していました。(今はもう亡くなってしまったけれど・・・)とても優しいおばちゃんで、うちで生まれた子猫を貰ってもらった事もあったり、上がりこんでは、一緒にお喋りをしていました。

田舎なので、とにかくほのぼのとしています。まだ、玄関に鍵なんてかけないのが当たり前だった時代です。



ある日、そのおばちゃんのお庭に、真っ白いシーツが干してありました。
かーと私は、すぐ近くの石段に座って、カップのアイスクリームを食べていました。

子供は悪魔です・・・困った
一見ほのぼのした光景ですが、見ようによっては、真っ白いシーツの前でアイスクリームを食べるデビル2人、その後の展開は予想されるような、されないような・・・

何故そうなったのかは忘れちゃったのですが、私達は何を思ったか、食べていたアイスクリームを、スプーンでシーツにつけ始めたのです困った

最初は恐る恐る・・・次はもうちょっと大きく・・・そして次は・・・


次はありませんでした。

かーのおばあちゃん、現場を発見!2人とも現行犯逮捕です困った













こらーーーーーーーーーーー!!











落雷・・・・・・










「まーったくおまっち、何やってるだー!困るじゃんねーーーーー!!」(山梨弁です)

※訳:まったく、あなたたち一体何をしているの?とんでもないですね。という感じ。


かーのおばあちゃんは、地元でも有名なよく通るお声マイクお向かいのおじちゃんが出てきて、裏のおばちゃんも出てきました。



硬直デビル、若干二名・・・


「まーったくこの子ら、Sさんのおばさんのシーツに、こうしてアイス付けてるだよー。困るじゃんねーーーーーー!」

※訳:見て下さい。この子達は、Sさんのお宅の洗濯物(シーツ)に、(指で指しながら)こうやってアイスを付けているんですよ!とんでもない事です!


「あれあれあれ・・・」(あらあら・・・)
「あれ、困るじゃんねー」(困った事ねえ・・・)


2人は当然大泣きです。が、泣いたってわめいたって、いけない事はいけません。満場一致でおしおきです困った

ぺかん!ぺかん!!

ゲンコツ2発力こぶ


「うわ~ん・・・ごめんなちゃい~・・・泣く

当の被害者、おばちゃんが何事かとのんびりおうちから出てきました。

2人で、謝罪です。

「あれあれあれ、困るじゃんね。全くいたずらしてー。」

でも、顔は笑っています。そういうおばちゃんでした。

かーのおばあちゃん+うちの母(も、当然出てきました・・・)に、こっぴどく叱られ、今後そういう事はしないようにと、こってり絞られました。


しばらくすると、おばちゃん達は井戸端会議。引きずりません。子供2人は泣いていましたが、特にそれ以上は相手にされません。そのうち、子供、いや、悪魔も、ケロっとして、別の遊びを始め、そのうち、それぞれが、お夕飯の支度へ・・・

そんな光景が、よく見られました。

昔は大人が叱ってくれました。我が子ではない子供を大人が叱る光景は当たり前のようにあったものです。

勿論、土地柄・時代背景は無視出来ませんが、「子供は地域で育てろ」という概念が、私の地元では当然のようにあったのです。

古き良き時代という事になるのでしょうかね・・・

上手に叱れる大人になりたいな~。

記事検索
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ