司会者のOFFマイク~日々のつぶやき~

結婚式・披露宴のフリー司会者、直井佐知江が綴る、結婚式の事、披露宴の事、そして何でもないつぶやき

ネイサン、イェール大学合格

素晴らしいですね!
おめでとうございます。



アスリート枠で特に何ということもなく、いわゆる名門と言われる大学に入れてしまう日本の現状と違って、米国のアイビーリーグはシビアです。難関です。



いかにも頭の良さそうな受け答えができる選手なのでこの度の合格は極めて納得ですが、スケートとの両立となると簡単ではないでしょう。



選手としてもトップにいるので極めて欲しい気持ちもありますが、長い人生を考えると勉学に力を入れて欲しい気もします。



何にせよ自分の人生。
悔いのないよう自由な選択をして欲しいです!



合格おめでとう(o^^o)

大谷翔平選手と浅田真央

大谷翔平選手、凄いですねー。



2試合連続ホームラン。



野球はわからないので、正直に言うと実際どれだけ凄いのか全くわからず(笑)、皆さんが凄い凄い言っているので、凄いんだ!と理解しているライト中のライト層です(^o^)



でも海外に出てホームラン打って。
しかも2試合連続で。



うん!
凄いんだと思います!(笑)
素人的にも。



どれだけ凄いのかをきちんと知りたい!
そうしたらもっと感動する筈だし。



この人は恵まれた体格でイケメンで。
いいなーと思います(o^^o)
カッコいいですね。



以前から真央ちゃんと結婚して欲しいと願っていました(笑)



姉さん女房になるし、真央はお料理好きだし。



体格に恵まれた、かつ体の柔らかい子供が生まれそうなので、結婚して男の子を産んで貰い、是非テニス選手にして欲しいです!(笑)



身勝手極まりない妄想ですが、修造バリの体格と錦織並みのスキルを兼ね備えた日本人テニス選手が誕生してくれるのは、テニスファンの1人としての夢なので(o^^o)



しかーし。
野球にも詳しい友人曰く、ないな。と(笑)



タイプが違うというのが理由だそうです。
そうなのか(笑)
残念。



無責任に勝手に盛り上がり、勝手に一つの恋が終わりました(笑)



体格と才能に恵まれた人材ってどのスポーツでも欲しいんでしょうね。



日本はまだそういう子は割と野球に行っちゃうから、テニスファンとしては少し残念です。



身長欲しいので。。。
錦織くんにあと5センチ強身長があれば。



テニス選手もトップになると凄く稼げるので若い子にもっと注目して欲しいんですけどね。



錦織くんの稼ぎを見よ!



でも日本は環境がよろしくないからなー。
中々簡単ではなさそうです。



でも世界で活躍出来て皆さん凄いですねー!



子供にスポーツをやらせても中途半端に終わる事がほとんどなので、ご両親も嬉しいでしょうね。



なんか小さい頃はヒョロヒョロだったとお母様が仰っていましたが、へーそうなんだ!



見事な体格に育ちましたね。



こういう選手の親御さんの方がガツガツしていなかったりするので人生って皮肉ですよね。



私も子供がいたら、欲しいのは女の子ですが、スポーツという点からは男の子を産んでテニス選手にしたいです(笑)



芽が出なそうだと悟ったら、さっさとデキる趣味路線に変更して貰えるよう誘導して(笑)



私はスポーツ音痴という事はありませんが、プロレベルにするには相当お相手を選ばないとダメだな!(笑)



仮に大谷くんと結婚したとしても、私で強烈に薄まりそう。。。(笑)



みんな頑張れ!

女性は土俵から下りて?

凄いもうなんていうか。。。



八角さん、毎回頭だけ下げていますが、責任を取るって事の意味を大人としてご存じないんですね。



また人のせい。
行司が悪いって言っちゃってるし。



もう露呈しまくっていますが、本当に社会を知らないんだなー。



狭く小さな価値観の中で威張っているだけで、そのみっともなさにも気付かず、本当にお気の毒だと思います。



もうなんか見ていて恥ずかしい。
うんざりなのに、突っ込みたくなる不始末ばかりこうも短期間で起こすんじゃ。。。



監督官庁、いい加減ちゃんと働いて下さい。
いつまで放置するんだか。



もう何回も書いています。
って見ていませんね(笑)
でもへこたれず書きます(笑)



伝統はわかります。
相撲に限らず、良いものであればどの分野でも大切に守って欲しいと思います。



けれど、人命というものの前に尚立ちはだかる伝統なんてありますかね?



伝統だって人がつくってきたものなんだから。



気が動転したから、行司が「女性は土俵を下りるよう」複数回アナウンス?



変な言い訳。。。



八角さんがすべきは、行司が悪い。って世間に言う事じゃなくて、組織として機能していない現実、組織として「また!」起こした不始末に対しては、組織の長を名乗っている自分に全責任がある。



という謝罪です。



そして、組織としてどこに問題があったかを明確にし、具体的な改善策を掲げる事です。



この人からそんな殊勝な発言は聞いた事はないし、そもそもそんな気概すらみじんも感じた事はありません。



俺は悪くないって感じばかり。



逆らう人に意地悪する事だけに集中していて、それが結束であり伝統?を守る事と勘違いしているようです。



そもそもこのアナウンスは誰の指示?
まさかマニュアル無くて個の判断??
この人達ならあり得そうですが。。。



それもまた随分テキトーですけどね。
個の判断じゃ統一感ないし。



とりあえず見てわからないのかな。
倒れた人への処置をしているんですが。。。



見たままです。
誰が見てもわかります。
人命救助中です。



というか、あれだけの巨漢がぶつかり合う状況で、医師って常に待機していないの??



それも恐ろしい。



いたとしたら、どこで何してたの??
特に登場はしていなかったようですが。



今回ご希望通り女性達を土俵から下ろし、万が一、万が一ですが、舞鶴市長が命を落としていたとします。



きっとそれでも、



伝統が〜、気が動転して〜、講習会を開いて〜、信用を取り戻す為に〜



と、ツラツラとつまらぬ事をあーだこーだ言って、また何かを読み上げて、上辺だけのごめんなさいをしておしまいなんでしょうね。



この集団は、人が命を落としても重要視しないという異常な集団である事は、これまでの暴行死事件でも既に明白になっています。



が、今回の件で改めてそれを裏付ける格好になりましたね。



今、一番近付いちゃいけない集団(笑)
例えば観戦に行って何かあっても何もしてくれないんですから。



今回も観客ですよね?
処置したの。



要は有事を想定した備えなど、組織としては何もしてないってことです。



暴力事件にも繋がるというかな。
意識の低さでしょうねー。
色々軽い。
色々浅い。
まさに一事が万事。



来て下さる観客の中には、ご高齢の方も少なくないでしょうに。



立行司がなんか、色恋問題?で不在なんでしたっけ?



若手行司の失態とは言え、それを個人に押し付けるのもまたいつものやり方。



周りに煽られた?とかいう信じられない理由がまかり通る事と、倒れている人を前に、この若手行司の人間性も疑いますが、個人の判断に委ね、個人の責任で始末をつける問題でもないでしょうに。。。



こんな長なら誰でもやりたい筈です(笑)
何があっても責任なんてとらなくていい。
旨味しかないんですから(笑)



立行司がいない場合の責任の所在は?



理事長・巡業部長の責任ではないの??



そういう取り決めも全くなさそう(笑)



て事は、いつだって何かをしでかしたら、当事者である個人が責任取るという始末のつけ方しかしないんだから、全員ヒラでいいのに。



肩書きなんて不要です。
無意味ですから。



もう見苦しい事この上ないですね。
この人達たちもう見たくないです。
ネットニュースに出て来ないで(笑)



なんにも変わっていないし、問題意識もないからちょっと動く度にやらかすんだと思います。



これだけの不祥事続きで、堂々と巡業をしているのが不思議というよりもはや異常。



今回、アナウンスを無視して対応したのは女性医師か看護師だったのかな。



後から助太刀した方々はアナウンスに少し戸惑って途中から降りちゃったかな?



最初に乗り込んでくれた方は最後まで心臓マッサージしていたように見えました。



シンマなんて人が沢山いた方がいいのに。



いずれにせよ、彼女達は職業倫理に則って自分達の責務を果たし大変立派だったと思います。



舞鶴市長のご家族や関係者は感謝しかないでしょう。



職業は明らかにされていないようですが、まぁ医療従事者でしょうね。



映像を見ましたが、倒れた時にその周りに集まるも何も出来ない男性達。



見るに見かねて客席から駆け上がってきたのが恐らく女性医師か看護師と思しき方なんでしょう。



どいて!
って吹き出しをつけたくなりました。



実際言ったかわかりませんが、ホント何もしないならそこどいて!って感じで勇敢でした。



なのに主催者側は、救命士が到着したからなのか?土俵から下りろ??



男性が上がって下さい!



もうアホかと。。。



あんな状況で男性も女性もないでしょう。



クモ膜下だったそうですが、初期対応ってかなり重要ですよね。



当然やり方が違えば命にも関わるし、後遺症の問題も出てきます。



アホな集団の迷走に動じる事なく、医療従事者と思しき皆さんは真っ当な方々で本当に良かったです。



日頃どういう部署で働いているかは知る由もありませんが、日々厳しい命の現場にいるとすれば、冷静かつ正しい判断はより不可欠になってきましょう。



恐らく目の前の処置に集中していらしたと思いますが、アナウンスに対してはどう思ったのかな。。。



もうね!
この集団組織として成立していませんから、本当に何か抜本的なテコ入れしないとダメだと思います。



あーやだやだ。。。



気持ちを切り替えて今日もたくさん笑おう!

地に落ちた相撲人気の回復?

春日野さん、貴方が言うととってもヘン(笑)



暴力の象徴みたいな人なのに。



何故地に落ちたのか。
問題の本質を正しく認識出来ていないようでは、いつまでも地に落ちたまままだと思いますけどね。



上辺だけの報告ルールとか決めてもねぇ。



どうしてこんなにもズレているんだろう。
余程権力が魅力なのか。
本気で理解していないのか。。。



どちらにしても由々しき事態。
監督官庁も何をしていますかねぇ。
役立たずだなぁ。



国としてズレてる?
ぬるま湯体質で世界から遅れないといいけど。



相撲協会は貴乃花親方1人に責任を押し付け、問題のすり替えをし、八角さんや春日野さんなど残った理事はしめしめと思っているんでしょうが、世間て結構ちゃんと見ていると思いますけどね。



今回のやり方こそが地に落ちた事を決定付けた印象です。



ダメだこりゃって思われていそう。



貴乃花親方のやり方が苦言を呈されてもやむなしというものだったから、当面助かったようなものだと思います。



とりあえず首が繋がっただけで、根本的には何も解決していない。



貴乃花親方への処分は仕方ないとしてとにかく根本的には何も解決していない。



というイメージを抱いている人は少なくないと思います。



一度きちんと思い切った整理をして初めて「これから」という話が出来ます。



という事は、変われないという事ですね(笑)



みーんな我が身可愛さに立場にしがみついて、ズルばっかりしているし、それがまかり通っちゃうんですから。



個人へのペナルティーも不平等だし、そもそも組織としての不始末の責任を何故誰もとらないのでしょうか。



八角さんて理事長という肩書きではないの??



理事長って何をするの?
憮然とした表情で固まったり、ただ文章を読み上げるだけ?(笑)



威張っていればいいんですから楽チンですね。



長を名乗る意味合いなんてこの集団には関係ないようです。



私は特に相撲ファンではないし、貴乃花親方のファンでもありません。



何度も書いていますが、貴乃花親方はどちらかというと好きではありません。
現役時代から。



それでも一連の出来事への姿勢や、彼の相撲への信念は強く支持します。



この国は正義は勝てないんだなと暗澹たる気持ちになります。



国技名乗らず公益法人は剥奪して欲しい。
それなら勝手にどうぞです。



日本に明るい未来はあるのかなぁ。

もう一度船を持ちますか?

加山雄三さんのクルーザー・光進丸が燃えてしまい。。。



原因はまだわかりませんが、とにかく人的な被害がなかったのは良かったと思います。



けれど、かなり思い入れがある光進丸。
ショックは相当なものだと思います。。。



ご年齢を鑑みても、この質問はあまりに配慮がないというか。

 

お年寄り扱いしないというのも、時と場合によってはスマートな振る舞いになるのでしょうが。



兎にも角にも愛して止まなかった船が燃えてしまうという信じられない状況の中、それすらまだ何もわかっていないのに次なんて考えられるはずもなく。



放火とかではない事を祈っています。


アガシとジョコビッチ

コーチ契約解消したようですね。



はや!(笑)
2017年5月の全仏からだったと思うので、一年足らずの師弟関係かー。



そもそもアガシがジョコのコーチと知った時、頭の中は???でいっぱいでした。



合わなそうだよねと、テニス仲間と確信に近い話をしたものです(笑)



しかしアガシ太っちゃったなあー。
エキシビションマッチで来日した時より更に太ったかも(笑)



マイケルチャンとの違いよ(笑)



グラフとかなんかとても厳しそうだけど。
アンドレ!太り過ぎよ!!
とか真面目に怒りそうですが(笑)意外と亭主関白なんですかね。



大好きなので少し絞ってステキなおじさまになってくれると嬉しいなー(o^^o)



ジョコも復活出来ますように。
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

MC 直井佐知江

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ