司会者のOFFマイク~日々のつぶやき~

結婚式・披露宴のフリー司会者、直井佐知江が綴る、結婚式の事、披露宴の事、そして何でもないつぶやき

新幹線の事件

東海道新幹線で、とても嫌な事件が起きてしまいました。



切りかかられた女性を助けようとした30代の男性が、命を落としてしまいました。。。



目の前で襲われている女性を見て、咄嗟に出た行動だったのでしょう。



中々出来ることではありません。



そんな勇気と正義感のある若い命が失われてしまったのは、広い意味では国にとっての損失ではないだろうかとやるせない気持ちです。



人生返してやって欲しいです。。。



正義が報われない世の中はまた加速してしまうのでしょうか。。。



こんなんじゃ、勇気を出してくれる人はどんどん減りそうです。



周りに何人いても加勢してくれない可能性の方が高い訳だし。



ナタを振り回してる男を目の前に、誰もが体が動く訳ではないと思いますが、1人飛びかかったらまた1人、さらに1人。



そして皆で取り押さえた。



そんなのはドラマの中だけの話なのかな。。。



困っている人がいたら手を差し伸べよう。



ではなく、



不用意に手を出すと危険だから警察に通報しましょう。



今はそう言われる世の中です。



妥当だと思う反面、それはある意味傍観という事だろうし、万が一自分が被害にあった場合でも助けては貰えないという意味でもあるのか。。。と、虚しい気持ちになります。



勿論我が身は自分で守るのは基本だと思いますが、予期せぬピンチに直面する事もある訳で。



本当なら英雄になっていないとおかしいのに、一瞬で被害者になってしまうなんて。
あまりに理不尽過ぎます。



英雄になろうと思って行動する人はいないでしょう。



勇気ある人は、そんなの考える前に反射的に体が反応するのでしょうから。



でもやはり賞賛に値する行動が、皆から尊敬され、価値あるものになる社会であって欲しいと願ってしまいます。



そして正義の味方として生き続けて欲しい。



勿論この方の行動は賞賛以外の何ものでもないと思います。



けれど、生きていて欲しかった。。。



心よりご冥福をお祈り致します。



しかし、何故ベクトルが無差別という方向に向かうんでしょう。



みんな、嫌な事もいっぱいある中で頑張って前を向いて生きているんです。



何の罪もない、全く縁もない人を手にかけるなんて、身勝手極まりないと思います。



この事件によりまた、新幹線のセキュリティチェック問題が取り上げられていました。



時代に合わせてセキュリティ面を見直すべきという人もいますが、こんなの時代がって問題ですかね?



時代が変わると危険な人が増えるという事でもないだろうに。と思います。



何でもかんでも時代のせいにしてはいけないと思います。



が、そういう思考の人間が育ってしまう社会問題としては確かに時代だとは思います。



容疑者は中々複雑な環境だったようなので、子供を産むなら責任をもってしっかり育てて欲しいと切に願います。



何でもかんでも親のせいに出来るものではないと思います。



が、この容疑者の場合は生育環境が人格形成に大きく関わっていそうだし、他の事件でも似たようなケースがあります。



それどころか、自らの手で我が子を虐待したり命まで奪ってしまうなどという、親という仮面をつけた鬼畜もいます。



親の責任が大きく関わる事件を見聞きすると、暗澹たる思いになります。



今回の教訓も、新幹線のセキュリティを強化する事ではなくて、そういう人間を生み出さないよう社会の仕組みを見直す事だと思います。



便利で安全なものがあるのに、使う側が使い勝手を悪くしてしまうって、本当にバカバカしい話だと思います。



でも、今回被害に遭われた方々のように、極めて真っ当な殆どの人間を守る為には並行してやっていく他ないのかな。。。



なんか違う。。。



嫌な国になりました。



いつからこんなにも利己的な国になってしまったのか。



個を重んじることはとても良い事だと思うけれど、自分さえ良ければいいというのは違うと思います。



新幹線とか飛行機とか。
公共の乗り物に安心して乗れる。
この安全性は、日本が世界に誇れる大きな魅力の1つだったのに。



この度、犠牲になられた男性の無念やご家族の皆様のお気持ちを思うと察するに余りあるものがあります。



また、怪我をした方々にもお見舞い申し上げます。



外傷だけではなく、相当なトラウマになってしまうのではないでしょうか。



直接切られた訳ではなくても、乗り合わせた人で新幹線に乗りたくなくなる人も少なくなさそうです。



怖かったでしょうね。。。



偶然乗り合わせただけなのに、何故見ず知らずの人間に生活の質を下げられなければならないのかと思うと、本当に腹立たしい思いです。



安全で安心して暮らせる国を守り続けなければ、次世代は生きにくいだろうなと思います。



新幹線のセキュリティに関しては以前から議論を呼ぶ事も多かったですし、それはそれとして課題はあると思います。



が、今回の事件は今の国の縮図のように感じられました。



この様な事が繰り返されないよう、自分が何をすべきか、ちっぽけな力にすぎないけれど真剣に考えています。

暑さ対策と花嫁さん

今日は暑かったですねー!



このところ毎年、梅雨入り宣言すると晴れが続きます(^_^;)



今日はホテルでのお式でしたので空調は全く問題なかったのですが、お庭が素敵なので、前撮りの他にお友達とお写真撮影も楽しんでいらっしゃいました。



女子は皆さん、メイク直しを頑張っていましたよー(≧∀≦)



よーくよーくわかります!



この暑さと湿気では崩れるの必至ですからね。



頑張れ!女子!!



モチロン花嫁さんも奮闘しておりました(^-^)



元々お綺麗な上、スキンケアにも日ごろからとっても真面目に取り組んでいらっしゃるのは聞いていました。



熱心とかそういう表現より、真面目に取り組んでいる。



という言葉の方がしっくりくる感じで、淡々と日々のケアを欠かさずにいました。



面倒な日もあるでしょうに、サボる事なく続けていらっしゃいました。



継続は力なり。



今日の花嫁さんは、その言葉を見事に体現して下さいました。



勿論全く崩れないと言ったら嘘になります。
が、メイクさんもこんなにも崩れない方は珍しい!!と感動していました(≧∀≦)



詳細はかけませんが、メイクさんが常に待機していたのであれこれお話をしましたが、やはり日々のスキンケアに尽きるそうですね。



テクニックや、わかりやすいものだとお粉とか色々方法はあるけれど、最終的にはそこだそうです。



少しでも早いに越した事はないそうです。
が、もう今からだと遅いという事もないそうです。



ご結婚が決まった皆さま。
まずはスキンケアから始めましょう(o^^o)



これで暑さも怖くない!



Mさん、本当にお見事でしたよ☆
そしてとっても美しかったです(o^^o)
お幸せに!

ケイト・スペードさん

お亡くなりになったようですね。



諸説ありますが、コーチ(現・タペストリー)の傘下に入った事も、命を絶った理由の1つに挙げられているようです。



巨額買収で少し話題になったかな。



本当のところはご本人のみぞ知る。
という事なのでしょうね。



1人の人間としては勿論の事、豊かな才能が消えてしまったのも残念だなと思います。



売れるものを作りたかったのか、単に可愛いデザインのバッグを作るのが好きだったのか。



ケイトスペードさんのキャリアを調べた事はありませんので、仕事への理念等は全くわかりません。



が、売れたら売れたなりのご苦労はあったんだろうなーと。



何でも維持していくのは大変ですから。



デザイナーと経営者って使う感性が違うでしょうし。



作品を生み出すって苦悩も多そうです。



コーチの傘下に入ってからはデザイナーとしてだけの活動だったようですが、経営権がないから、好きなようにデザインする訳にもいかなかったと思うし。



ブランドイメージが違う方向に行く事もままあると思います。



手放すってそういう事ですし。



仮にそうだとすれば、やむを得ないとはいえ、デザイナーとしては苦しい所だったろうなと思います。



ご冥福をお祈り致します。



しかし事業展開って大変だなと思います。



コーチも個人的にはむかーしの皮のシンプルなのが好きです。重かったけど。



ある用途に、初期のコーチのお財布を使用していますが、全くヘタれる気配がありません。



ヴィトンのお財布も長年愛用しています。
日本では超お馴染みですが、私は、その歴史からして流石に頑丈。と、気に入ったので、何代も使っています。



いかにもヴィトン、なところはちょっと気になりますが、お財布に関しては丈夫なものがいいので。



でも質は昔のものの方が良かったかもしれないと感じています。



そろそろ替え時なので、他も検討中です。



ヴィトンもイメージ変わりましたね。
時々恐ろしいほど安っぽいものがあって、何処へ向かっているんだろうと思います。



そういうものは価格も割安なので、何というか、とりあえず売れればいいというような。



とにかく、シャネル、エルメス、ディオール。
その他ハイブランドを含め、ブランドイメージを維持していくのって大変だと思います。



ケイトスペードは、歴史こそ浅いですが日本でもヒットしました。



割とわかりやすいイメージのブランドでしたから、これからという時だったのに。



確立するのって簡単じゃないなー。



そういう意味で、ファッション界に限らず、何事も老舗は凄いなと思います。



胡座をかいて失速していく例もありますが、ブランドイメージを定着させ、それを維持していけているという事の基本には、



良いものを提供している



という事が共通してあるように思います。



この姿勢は、どんな仕事でも大切だなと思います。



とはいえ、老舗の衰退著しい業界があるのも事実で、時代の風を読むという事もまた必須ではあろうなーと思います。



温故知新て、昔の人は良い事言う。



錦織圭の全仏とサッカー長友選手

4回戦敗退残念でした。



相手が良すぎましたね。
新旧交代の波を感じます。



しかし、フィリップ・シャトリエは何かあるんだろうなー。



過去の試合を見ても、何故か硬さが見られ動けなくなってしまう。



相手にしてみたらラッキーこの上ないです。



圭本人も動かなかったと言っていました。
緊張していた意識はなかったようですが。



理屈じゃない何かがあるんでしょうね。



圭は、良い試合を、早い段階でやり過ぎちゃうので(笑)お!調子良さそうと思っても、大体次の試合で疲れていたりして負けちゃうんですよね。



ピーキングって難しいですね。



でも怪我の具合は良さそうなので、日本人として長く活躍して欲しいなと思います。



新旧交代といえばサッカー。



新旧交代を全く感じさせない(笑)サッカーです。



長友選手が炎上してるとか。



年功序列かー。
なるほど。



私は、長友選手の言うサッカーよく知らない人ですが(笑)年功序列とは感じませんでした。



年功序列という意見が何故、長友選手の中ではサッカーを知らない人という位置付けで、怒っちゃう?のかはちょっとよくわかりません。



年なのに出るなって言われてると思ったという意味ですかね??



そこまで年取ってますか?
サッカーでは日本人て何歳くらいまで活躍出来るんだろう?



Cロナウドとかメッシって30歳超えていそうですが。調べてないから適当ですけど(笑)



プロ選手としては、身体能力の高さはもちろんのことテクニックも必要だと思うので、サッカー素人の私でも、単に年齢だけで判断する感覚はありませんでした。



要は強ければいくつでもいいです。



でもそういう声があるんですね。
ふむふむ。



普段応援している人で、今回のメンバーを年功序列と評した人がいるのなら、長友選手のこの発言はちょっと引っかかるかもしれませんね。



サッカー応援しているのに、サッカー知らないって言われたら。



ただ、年功序列とは感じませんでしたが、またこのメンバー??とは思いました(笑)



いやだって、四年前このメンバーで最強!
とかじゃなかったイメージで。
普通に日本弱いなー。。。
と思ったので。



年齢云々ではなく、勝ててないのにまた同じ?という意味で、またこのメンバー??とは思いました(笑)



同じメンバーを使わなければいけない程、サッカー界は若手が育っていないのかーと。



野球は若手が大活躍ですけどね。
残念です。



長友選手も、ワールドカップだから普段サッカー観ない人も巻き込んで盛り上げた方がプロらしいのに、どうしてしまったんでしょうね?



完全な予想ですが、サッカーに詳しい人は、若手の選手も知っているでしょうから、あの選手を出せとかあるんじゃないかな。



年齢は関係ないけれど、個人比では年々体力は落ちて自然です。



テニスなんかも相当過酷なスポーツですが、ベテランは体力配分もよく考えています。



ボール追わない事もあります。
ゲーム捨てる事もあります。



ヒトの自然な衰えに、無理に逆らう事はしていません。



長友選手もまさか不老不死と思っている訳ではないと思います。



が、何人かのおなじみメンバーで、活躍出来ていないとか、動けていないとか、衰えを補うテクニックが足りていないとか。



ならば若手を使え。



と、サポーターに思わせる要因があるんじゃないかなーなんて勝手に想像しました。



どこまで影響があるのかはわかりませんが、盛り上げていく場面なのに、選手自らが水を差す事にならなければいいですが。



日本代表だからといって、応援されて当たり前の立場ではありませんからね。



海外にいるので、ファンの厳しさはよく知ってるはずでしょうに、ちょっと意図がわかりませんでした。



昔は長友選手って明るくて好きでしたが、最近なんか、にやけたオヤジみたいな印象を受けてきまい(笑)嫌いでもありませんが苦手になってしまいました。



なーんかいつもニヤニヤしているような(笑)



本当にサッカーは知りませんが、香川選手ってなんか日本にいるとあんまり活躍しているイメージないんですけど、点獲ってるんですか?



あと、本田選手は絶対にフリーキックを蹴る人なんですかね?割と外してるイメージで。



でもスポーツって楽しいですね(o^^o)

ポイントカード

この週末は現場含め過密スケジュールで、流石に肉体が疲労を訴えております😆



明日もオフじゃないので気合いだー!



ふと面白い記事を読みました。



ポイントカードお持ちですか?



こう聞かれるのが面倒であるとか、持っていない場合、その答え方によっては気に障るものもあるという店員さんの声とか。



結構です。とかがそうらしいです。



お客さん側でも、持っていないと答えた時に失礼しましたと言われるのもいらないとか。



個人的には超どうでもよくて、なんかその平和感に笑ってしまいました😆



ポイントカードお持ちですか?
ありません。
失礼しました。
いえいえ。



これ以上でも以下でもない感じですが、世の中様々な感じ方があるものだと、ほのぼのしてしまいました🤗






火に油

日大問題。
もうアメフト部がどうこうという話ではなくなっているので、日大問題ですね。



アメフト部の父母会会長さんが取材に応じたようですが、その発言に失礼ながら笑ってしまいました。




リーグ戦に復帰できるようにどうサポートしていくか。

父母で早期復帰を共通認識としてやっていく。

9月の試合復帰を目指して活動していく。

喧嘩をしても進まない。
建設的な話をしていこうというスタンス。



って。。。
大変失礼ながら、ダメだこりゃ。
と思いました。



どうして日大側は、こうも出てくる人出てくる人、火に油を注ぐんだろう(笑)



大きな問題が起こる時というのは、主な原因はあるにせよ、それだけでは起こり難い事が多いと思います。



父母会も内田さんのやり方を容認していたのは容易に想像出来ます。



だからやりたい放題出来たんじゃないかな。



ウチの子をレギュラーにして欲しい。
この思いにつけ込まれていたんだろうなと。



今回のコメントにより、父母会なるものは、結局は我が子の事しか考えていない集まりだ。



という事が露呈してしまった気がします。



勿論意見は様々あったでしょうが、最終的には共通認識として出していますから。



なんか違うんだよなーと感じます。



こういう考え方も、内田さんの暴君っぷりにどんどん拍車がかかった1つの原因なのではないでしょうか。



学生が理不尽な事をされたとしても指導者に抗議する事はなかったのでしょうから、指導者は怖いもの無しです。



正しい意見を述べたとしても、刃向かったとされ、気に入らなければ、干すぞと脅かすなんて当たり前になり過ぎちゃったのではないでしょうか。



嫌ですね。
そんなの、体育会だから仕方ないで片付けて欲しくありませんね。



それでも、何をされても基本的に監督の指導に口出しはしないというのなら、何が起きてもそれを貫けばいいのではないかなー。



擁護の時ばかり出てこないで。



子供が壁にぶつかった時に手を出すのではなく見守るというのは簡単ではないとは思います。



思いますが、そうしている親も沢山います。



しかももう小学生とかじゃありませんからね。
十分に主体性は育っている筈です。



関東学連は、あくまでも今季の試合停止としています。但し書き付きではありますが。



何故それが9月の復帰を前提とした話になるのか??疑問しかありません。



喧嘩をしても進まないのは言葉だけを見ればその通りでしょうが、進む方向が違うような。



まずは真相を解明する事。
膿を出しきること。



それには厳しい姿勢で臨むしか選択肢はあり得ないと思います。



ここまでの日大の対応をみて、建設的な話し合いなど通用しないと火を見るより明らかだと思いますが。。。



敢えて新聞読んだりなさらないのでしょうか。
世間の声というものにあまりに鈍いという印象を受けました。



どう対応したら批判されるか。
ここまで悪いお手本が沢山あった筈です。



世間から批判されない為に、という事を第一に考えて行動する必要は全くないと思いますが、そもそもまともな対応をしていれば批判はされない訳ですから。



また、今となってはその批判を無視して進めるには難しい問題に育ててしまいましたから、全く無頓着というのも良い事がない気がします。



関東学連は、その点よく読み切っていたなと感じました。



世間の声にも非常に敏感に反応した対応だったと思います。



内田さんの息のかかった人もいたでしょうから処分には賛否あったでしょうが、組織の立場として然るべき、また大人としても毅然とした対応を取りました。



親子という意味ではなく、大人が子供を守るってこういう事ではないかと感じました。



可愛い我が子に、早くまたアメフトをさせてやりたい。この親心はよくわかります。



でも、その一心で動くのは違う気がします。
本当に子供の将来を思うなら。



こんなんじゃ問題の解決にはほど遠い気が。
学連の出した、但し書きの条件をクリアにできる体制になるとは到底思えません。



まーた余計な事言っちゃったなぁ。。。
と個人的には思いました。



内田・井上両氏のお粗末極まりない記者会見、司会者まで一役買って。



軌道修正する為なのか?
学術系から学長が出て来ましたが、この人もまたズレている。



まぁ、学術系にはそういう人多いですけどね。



続いて父母会までも。
というのが率直な印象です。



日大のあまりの自浄能力の無さや、内田さんのかなり根深い人脈を危惧してか、一旦廃部もやむなしという厳しい意見もあるのが現実です。



それくらい闇が深い問題だと見られています。そうしないと体制の刷新は難しいと。



また、今や日本における体育会全体に問題提起されています。



日大アメフト部は、その悪しき例として扱われている訳です。



それなのに、復帰ありきの姿勢とは。



どうしてこうなっちゃうんだろう?



どうしても父母会が何か活動したいのだとしたら、子供に圧力がかからないよう、適切な声をあげられるよう、しっかり目を光らせるという事なのではないでしょうかね。



真実を語れるように。



よく子供を人質にとられてるから、という表現をする人がいます。



言っていることはわかります。
歯がゆかったりする事もあるでしょう。



が、色んなことを甘んじて受け入れている人に多い発言だなと感じます。



受け入れるから、結局次から次へと理不尽な事が起こり、当然問題は一向に解決せず、不満ばかりの無限ループ。



そして何故か、それこそが親心の代名詞とばかりに、仕方ないのだと声高に叫びます。



毅然としている親御さんも沢山いるのに。



まぁ。。。
多分そう出来ない自分にも苛立ちがあるんだろうなと感じます。



それを親心という、踏み込み難い表現で覆い隠している印象です。



親も色々だなとつくづく思います。



父母会の皆さんも、これまで内田さんの暴君っぷりを甘んじて受け入れてきたとして、その結果こういう問題を引き起こしてしまったのなら、どこかできちんと区切りをつけないと変われないのではないでしょうか。



甘んじていたのではなく、それが正しいと思っていたのなら同罪だと思います。



9月復帰などとんでもない。



試合もさせてやりたいとは思いますが、何せ時期尚早ではないでしょうか。



ここにズレ感を抱いてしまいます。



基本的には在校中の四年あいだだけだから、ウチの子がその期間だけ無難にやり過ごしてくれればそれでいい。



そんな考えが透けて見えてしまって残念な気持ちになりました。



子供の仲間が、自分より年若い学生が、勇気を出したというのに。



どちらかというと、関学の学生さんのお父様達の方が、問題の核心をついて彼を守ってくれた感じ。。。



親御さんに罪はありません。
様々な事が絡み合って、悪しき体制がまかり通ってきてしまったという意味では無関係とは思いませんが、基本的に罪はありません。



あくまでも悪いのは指導者です。
彼らが、誰に監視されなくても適切な指導をすればいいだけの話ですから。



が、実際、理不尽な事をされても、物申せなかったのも仕方がないと思います。



でも今は違います。
状況が変わりました。
声をあげられる筈です。



ここできちんと対応出来るか否かで、父母会の価値も問われると思います。



そしてまさしく日大の価値も。
今の所、悪いのは経営陣という事で、在校生はじめ学生サイドには同情的な声が集まっています。



が、その学生サイドの人間として、父母会があまり稚拙な事をなさると、結局どこを切り取ってもそういう人材しかいないという、取り返しのつかないイメージダウンになりそうな気がします。



早く試合をさせる事ではなく、子供が声をあげられるように導いて欲しかったです。



物事への対処の仕方を教えて欲しかったです。
権利の主張。
我が子可愛い。
こればかりではなく。



そもそもの話ですが、大学の部活に父母会ってとても違和感です。



学生の半分は成人した大人なんですけどね。
基本的には学生達で解決させるべきではないのかなぁ。



いくつまで親がしゃしゃり出てくるんだろう。
父母会とはどういうスタンスなのかな。



今回は法律も絡んで問題が大きくなりましたから、父母のサポートが全く無しというのも心許ないと思うので、サポートは自然としてもこういう方法?



いちいち見解を述べたりする必要ありますかね?陰でサポートすればいいのに。



こんなんだから、部員達もなんていうか、自分で考えられない子というか、何も言えず黙認してきたような体質を生み出してしまったのではないかなぁ?と思ってしまいます。



ちょっと乱暴な考えかもしれませんが。



指導者のやり方に納得がいかず、部を去った方も少なからずいるようなので、意地悪な見方をすれば、残っている部員は、ある程度は内田イズムを受け入れていたとも言えます。



関学の学生さんのお父様が、会見をしたり公式にコメントを発表したりしていますが、同じ親でもこの方は立場が全く違いますからね。



子供に任せていますとする訳にはいきません。
まだ2年生なら、未成年の可能性もありますし。



このお父様だって、息子さんは、事を荒だてて欲しくないと言っていると語っていました。



親としてはかなり悩んだと思います。



が、毅然と立ち向かいました。
目先の事だけではなく、長い目でお子さんの将来を見据えていたのだろうと感じます。



また、行為そのものは容認せずとも、我が子の事のみならず、日大学生さんに対しても、1人の大人として、人間味ある対応をなさったと思います。



叱り、許す。
大切な事だと感じました。



大学同士も対応にかなり差がありましたが、親同士の対応にも開きが生じる結果となってしまったように思います。



イメージ回復しないと、日大そのものが本当に大打撃だと思います。。。
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

MC 直井佐知江

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ