司会者のOFFマイク~日々のつぶやき~

結婚式・披露宴のフリー司会者、直井佐知江が綴る、結婚式の事、披露宴の事、そして何でもないつぶやき

うんちく

バレンタインデー、いかがお過ごしですか?
チョコレートに限らず、和菓子が好きな人には、和菓子を、呑んべには、お酒を、と、皆さん色々工夫しているみたいですね。

チョコレートって美味しいですよね~~~~~~~笑顔 私は、甘いものあまり食べないのですが、チョコレートは好きです。ホワイトデーが、チョコレートになればいいのにって思います。

私が食べる飴といえば、トローチ(飴じゃないか・・・)とか、南天のど飴とか、ヴィックスとか、ゴホンと言ったら龍角散、とかそんなんばかりです笑顔 

まあ、チョコレートをリクエストしちゃってますけどね笑顔

バレンタインデーといえば、いわゆる義理チョコには、反対の風潮が高まっているようですね。OLさんの7割が、やめたい風習だと思っているという結果が出たみたい。

まあ、負担に感じる事は、何事も無理にしない方がいいって思います。でも、慣例を断ち切る事って、意外と難しいですから、大変そう・・・皆さんの会社ではどうですか?

チョコレートについて、小ネタをひとつ。
チョコレートが二本に来たのは江戸時代。はじめはココアドリンクだったとか。漢字では、「猪口冷糖」と書いたそうです。

すご~~~い。物知り~~~~~!!
なんて事はありません。うちにあった、ロッテのチョコパイの裏面、「お菓子ミニ辞典」とやらに書いてありました~~~拍手 へえ~~~~~、っと、トリビア入っちゃいました。

うんちく王なる言葉が流行った事がありましたが、物知りな人って、素直に感動しちゃいます!

では、皆さま、チョコレートの後は、しっかり歯磨きして下さい。

あ、歯ブラシの原型は、つまようじですね。
つまようじといえば、日本で唯一の爪楊枝専門店、日本橋さるやが有名ですねえ。我が家にもありますよ~。勿論、お客様が来た時にしか登場しませんが(笑)

以前、ご夫婦で歯医者さんをなさっている新郎新婦が、さるやの爪楊枝をプチギフトにしていました。ゲストも歯科医が多かったので、その意味は、十分伝わった事でしょう♪

つまようじは、お寿司屋さんや、料亭なんかでは、「くろもじ」とも言いますね。高級爪楊枝に使われている木の名前ですね。

私の友人で、私よりも若い子ですが、昔の芸能人とかお笑いの人とか、歌とか、コアな事を、すごくよく知っている子がいます(笑)知ってて邪魔になるものじゃないから、いっか♪

あ、うんちくではありませんが、よく皆に驚かれる話を最後に一つ。
私の地元、山梨では、イルカを食べます(笑)これを言うと、必ず「野蛮」と言われます困った
ごぼう一緒に、お味噌で煮て食べるんです。小さい頃は当たり前だと思っていました(笑)
ごめんよ、ドルフィン~~~~クジラ (←クジラと味は似ています困った

では、また!




顔がそっくり!

慌ただしい1日でございました・・・
無事に一日を終えられて、ちょっとホッとしています。

今日の仕事の一つに、春にお式を予定されているお客様との顔合わせがあったんですが、
何と、新郎新婦、顔がソックリ!!笑い 兄弟でもこんなに似ないのでは?というのは大袈裟ですが、本当によく似ていらっしゃいました。やっぱり、よく言われるそうです(笑)

よく、夫婦で顔が似てくるというのはありますが、ご結婚前にこんなに似ていたら、将来は1人の人間になっちゃいそう!?なんて話をして、披露宴の話そっちのけで(笑)一緒に笑っちゃいました笑顔

私には姉がいるのですが、小さい頃は、私たち姉妹も、よくそっくりだと言われたものです。
本人達は、そうは思っていなかったんですけどね。今は、それぞれの道を歩んだなりの顔になりましたので、平均的な似ている度だと思いますが。

小学生頃だったかなあ・・・
地元の、イトーヨーカドー(しかないんです・・・)で、母が食料品の買い物をしている間、姉と二人で本の売り場にいました。

すると、高校生くらいのお姉さん達が1人近くに来ました。何の気にもとめてなかったのですが、しばらくすると、またもや制服姿のお姉さん・・・ん???

何かあるのかな・・・とキョロキョロしても、何もありません。そして、入れ替わり立ち代り、何人かのお姉さん達がやってきます。

え??もしや、私たち???????

ビンゴでした。(死語炸裂)
そのうち笑い声と共に聞こえてきたのは、「きゃ~~♪そっくり~~~~~☆」

私たち姉妹が、あまりにも似ていた(らしい)ので、部活帰りのオネエサン達、ツボにはまってしまったようです笑顔

まだシャイだったあの頃・・・(遠い目・・・)、ちょっと恥ずかしくなってしまって、顔が真っ赤になってうつむいてしまいました。でも、姉と二人で同じように真っ赤になっちゃったので、やっぱりそっくりなままで、笑い促進効果、絶大だったようです。

でも、そこは田舎。非常にフレンドリーなので、私たちがモジモジしちゃっているのを見て、悪いと思ってくれたのか、

「ごめんね。兄弟?すごく顔が似ていて可愛かったから。(オネエサンの発言引用)笑ったりしてごめんね。」

と言ってくれました。
でも、顔は笑ってたけど(笑)
次々にオネエサン軍団が集まってきて、あっという間に囲まれちゃいました。
今でも、たまにその時の話が出ます。

今日、仕事の合間に、よく行く某ショップに、ちょっとだけ立ち寄りました。
恐らく常連さんなのでしょう。よく見かけるご婦人が、今日も来ています。
お互い何となく視線を交わし、軽く会釈します。何かに引き寄せられるように、ふとその後ろに目がいきました。

いたいた、ここにもそっくりさん。
恐らく、いや、紛れもなく、娘さんでしょう。いつも、お1人でいらしているのですが、20代半ばくらいのそのお嬢さんとは、どこから見ても、親子。そっくりでした。

恐るべし!デオキシリボ核酸!!

きっと、お母さんのDNAを沢山引き継いだのでしょうね笑顔

世の中に、自分と似ている人が3人はいる(でしたっけ?)と言いますね。私はまだ出会っていませんが、前述の新郎新婦さんは、1人は見つけたようですウインク

明日はバレンタインデー。
フフフ・・・
予定はお決まりですか?
フフフ・・・
楽しいひとときを♪

今からドライカレーを作ります。こんな夜中に・・・困った さすがにお腹が空きました。
では、ごきげんよう♪

王道

今日は、みなとみらいのPホテル。最近、ずっとホテルでのお仕事が続いている感じです。

これぞ王道!みたいな披露宴でした笑顔 王道の概念も難しいといえば難しいですが、人数・内容、どれをとっても、非常にトラディショナルなものとなりました。お友達に賑やかな方が多くて、笑いに溢れた披露宴でしたね♪

まだ4次会とかやっていそうですウインク

私のお客様の披露宴にご出席されるゲストの方は、皆さん、とってもトークが軽妙な感じがします。今日もそうでした。

ご新郎ご新婦さまとの、事前打ち合わせでは、「ちょっと喋るの苦手かも」という情報を頂く事も多いのですが、実際マイクを向けると、非常に楽しいやりとりをして下さいます。

私は、20代の時に友人の披露宴でスピーチをしたのを最後に、もう何年も、純粋なゲストの立場になった事がありません。司会、兼、ゲスト、という事になってしまいます。いや、有り難いですが。

そんな訳で、前に出てスピーチをする時の緊張感て、忘れちゃっている気がするんですが(笑)やっぱり前に出てのスピーチとインタビューって、緊張度合いが全然違うのでしょうね。

「あれ?苦手じゃなかったっけ??」という展開がほとんどなのです。わざとらしく盛り上げる必要は全くないと思いますが、楽しいコメントが飛び出せば、それはやっぱり、大いに会場を湧かせてくれますにっこり

お酒の影響もあるでしょうし、全体のムードっていうのもあるでしょうし、インタビューを入れるタイミングは大事ですね。

今日は打ち合わせもあったので、帰宅したのは遅かったです。何か毎日そんな感じです。

帰宅すると、手洗い・うがいをして、まず真っ先にメールの処理にかかります。あちこちからメールを頂くので、すぐ2~3時間経ってしまいます。偶然同じ時間帯に、お客様もメールを開いていて、処理が終わる頃には、お返事が返ってきちゃってたなんて事もしばしばです。

メールは時間帯を選ばないですからね。便利な世の中になりましたねー。

明日は朝からMAX稼動です!月曜日はOFFと決めたのは、いつの話か・・・困った 時間が取れたら、イチゴ狩りいちごに行きたいな~。数年前、家族と行った、何とかの里(笑)の、イチゴは美味しかった~♪とちおとめ、かな?

私、まだ「あまおう」って食べた事ないんですよね。甘いらしいですね。さすがに「あまおう」は狩りにいけないから、毎年、買おう!って思ってても忘れちゃいます。

あ、オリンピック。
原田選手、失格しちゃいましたね。モーグルも、スノボのドームくんも、残念でしたね~。
まあ、どういう結果になっても、全力投球して欲しいですね!

あ、またテニスネタで申し訳ないのですが、この間の全豪オープンを制した、フランスのモレスモー選手。男らしい、男らしいと思っていたら(?)彼女、同性愛者だそうです。色んな愛のカタチがありますなあ~。

とっくにカミングアウトしていたんですって。全然知らなかった落ち込み。勇気いったでしょうねー。勇気あるカミングアウトは、フランス国民に大いに指示されて、今や、サッカーのジダンの人気を超えたそうです。

さて、では、ようやくプライベートタイムに突入しましょうかねダッシュ
それでは皆さん、また明日笑顔

余興一切ナシ

お疲れ様です。
今日は、舞浜のホテル群の一つでの披露宴でした。
勿論、TDLは激混みの様子でした・・・

さて・・・

とにかく、コテコテしたのは避けたいというお二人は、余興一切ナシというプランを立てました♪と言っても、お食事を召し上がって頂いていただけではなく、皆さまと触れ合える演出はありましたが。

外国のお式のようで、素敵でした☆私も雰囲気を合わせる為、お上品モードキラキラでしたリボン って、わかりずらい表現ですがにっこり

やはり、全体のイメージを最初に決めるというのは、大切な作業だと思います。

○○な感じ、というのを仰って頂いて、お二人の抱いている○○な感じと、私が理解した○○な感じに、誤差がないように、お互いあれこれ例をあげて、煮詰めていくのは、楽しいものですまる

今日はシャンパンを開けようかな・・・

私は、晩酌を楽しみにしていますがウインク 特に週末は、その日にあった披露宴の余韻を楽しむお酒を選ぶ事が多いのです。

今日は、披露宴の後、ちょっとストレスの溜まる事が連続して、凹み気味なので悲しい お二人の幸せにあやかって、幸せな気分にスイッチ切り替える事にしよう力こぶ オリンピックでも見ながら。

明日も披露宴。
やっぱり、現場はいいなあ~~~笑顔 

つながり

今日は企業さんのパーティーの司会でした。もう長年お世話になっていて、何かと声をかけて下さいます。有り難い事です。担当さんとは、呑み仲間化ジョッキしています。 都内のお仕事だけでなく、地方でのイベントや式典にも呼んで下さいます。地元の料理での打ち上げは、毎回、超楽しみです♪

バブルがはじけてから、企業さんのイベントは激減していました。当然ですね・・・でも、そんな時でも、折に触れ、気にかけて下さっていて、繋がりを保って下さいました。その事は、ずっと忘れてはいけないと思っています。

また、パーティーに出席されている別の企業さんから、声をかけて頂く事も多く、新たな仕事が生まれたりもします。一つのお仕事を頂く事で、それが二つ、三つと増えていくという事は、結果的に、MCとしての自分をアピール出来る場も提供して下さっているという事ですから、本当に有り難い事なのです。

披露宴も、式典も、イベントも、同じです。人の繋がりに助けられている部分は本当に大きいのです。何だかそんな事ばかり書いていますが、心からそう思うのです。

勿論、営業しようと意識している訳ではなく、1回1回の仕事を全力で取り組むのみなのですが、実際の司会を見て頂けるというのは、やはり毎回が営業の場という事になるのかもしれません。

パーティーなどは、色々な業界・職種の方ともお会い出来ますから、貴重です。

披露宴には、様々な年代・お立場の方が集まりますので、常に視野を広く持つ事は大切だと思っています。30代になって、がむしゃらだった20代とは、また違う感じ方が出来るようになったかな・・・と思う今日この頃。

この間、数年ぶりに友人と食事をして、「丸くなった?」って言われました。
体の事かもしれませんがブタ うん、まあ、悲しいかな、それは隠しようのない事実なんですけどね落ち込み
まあ、とげとげしくなったって言われなくてよかったかなと。

40代、50代と、年齢を重ねるにつれ、変化する価値観もあると思います。どんな自分になっているのか・・・20代、30代は、子供の頃抱いていたイメージとはちょっと違う自分だったかもな~なんて思いますので、神のみぞ知る、というところでしょうか。

未来は誰にもわからない。
過去は誰も取り戻せない。

やっぱり、毎日を精一杯生きよう、という事になるんでしょうかね。時々サボるけど・・・
時々か!?まあいっかウインク 

明日も披露宴です。花粉症対策をして臨む新郎新婦のも、増えてきました。今年は少ないとはいえ、重症の人は、きっともう反応している筈・・・

私は職業柄、寝る時は一年中マスク着用ですが、今って色んないいマスクがあって、感動!
とはいえ、寝る時は、昔からある、あのガーゼのマスクが一番!と、愛用しています。

では、おやすみなさいZZZ 

皆さま、良い週末を力こぶ

女性の年齢

披露宴がハネて、ホテルのエレベーターで、ロビー階に向かう時の出来事です。

3~4歳くらいの女の子と、パパと思しき男性と乗り合わせました。パパは礼服、姫もおめかししていたのでリボン 恐らく、どこかの披露宴のゲストなのでしょう。かわいいな~と思って眺めていると、お嬢ちゃんがふと顔を上げ、私と目が合いました。

お互いニッコリ笑います。

私「いくつ?」
姫「4歳」(指を4本示しながら)
私「あーそうー、上手ねえ~」


可愛いわね~~~♪なんて思っていた次の瞬間、姫が私に向かって





「いくつ?」




困った


わずかではありましたが、エレベーターという狭い空間が沈黙に包まれました・・・
一瞬ひるむも、答えようとすると、すかさずパパが焦ったご様子で




「こら・・・」





困った困った



お父さん、「こら・・・」って一体・・・




笑いましたね。私は自分の年齢を言うのは全然抵抗ないので、普通に「36歳よ♪」って答えました笑い 36歳って、彼女からしたら果てしなく大きい数字だった事でしょうけどね落ち込み 


気付かないうちに、「女性に年齢を聞くのは失礼」なエリアに足を踏み入れていたようです。笑い


彼女の無邪気なオウム返しにほのぼのしたと同時に、その瞬間のお父さんの心理を想像したら、ツボで、また肩が震えてきました。ああ、笑いたい・・・どうか早くロビーに着いて・・・。私は笑い虫なので、ツボにはまるとダメなのです。友人からは「ゲラ」と呼ばれています。

皆そうだと思いますが、笑っちゃいけないと思えば思う程、悶絶です。


二人は私の前に立っていたので、確かな表情は窺い知る事は出来ませんでしたが、斜め後ろから見る限り、お父さんのホッペが、ちょっと盛り上がっていたような気がします笑い
きっと、お父さん、凍りついたでしょうね(笑)


子供の爆弾発言には、肝を冷やす事がありますねー。

以前、姪と品川水族館に行った時のこと。彼女も確か、当時3~4歳だったと思います。イルカのショーが始まるのを、段々になっている観客席で待っていた時の事でした。

彼女の隣に、ベリーショートの体格のいいご夫人が座っていました。姪は、小さかったので、背もたれのないイスから、ズルズルと滑り落ちてしまい、お尻を振りながら、イスに座りなおすのですが、その度に、隣にいる私と、反対隣のご夫人に捕まるのです。

なので、

「R(名前)、さっちゃんには捕まっていいけど、隣のおばちゃんには捕まらないで。」と言うと、
爆弾が投下されました。





「オバちゃんじゃないじゃん、オジちゃんじゃん!!」




困った



しかも、イルカもびっくりしちゃうような大きな声で・・・



「違うよ!オジちゃんじゃないよ、オバちゃんなの!!!」


もう、他人のフリしたくなりました・・・


幸い、そのご婦人はとても言い方で、姪に向かって、笑いながら


「オバちゃんよ~~~~♪」


と言ってくれました。
確かに振り向いたその姿と声は、オジちゃんではありませんでした。


丁重にお詫びをし、彼女からもゴメンナサイをさせました。


そして、またもや、震えの予感・・・でも、こちらが失礼な事を言っているので、震える訳にいきません。一生懸命悲しい出来事や、仕事モードを呼び出します。


でも、私の心の声は、「確かに、オジちゃんにも見える・・・」と揺さぶりをかけます。髪が超ショートな上、オールバックみたいな感じだったので、オジちゃんに見えなくもなかったのです。


苦しかった・・・


子供の爆弾発言には気をつけましょう笑顔
披露宴でも、お子様にインタビューをすると、パパとママが冷や汗をかくような答えがかえってきたりします。また、後日ご紹介しますね♪


記事検索
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ