司会者のOFFマイク~日々のつぶやき~

結婚式・披露宴のフリー司会者、直井佐知江が綴る、結婚式の事、披露宴の事、そして何でもないつぶやき

やりたい事と出来る事

暖かい日でした。
今日は、みなとみらいでした。久しぶりです。混んでました。

横浜生まれ、横浜育ちというお2人は、横浜が大好き♪
ハマ~なお式でした(ど、どんな笑顔
ちょっとバタバタなので、詳細はまた後日!

打ち合わせも、目一杯です。

そして、打ち合わせといえば、時にぶつかる壁が。

「やりたい事と、出来る事」

です。

このバランスが上手くとれている場合は、全く問題ありません。やりたい事が少ない分にも、問題はありません。増やすのは何の事はないので。

頭を抱えてしまうのは、やりたい事が沢山ある場合。
司会者としては、お2人の願いは、全て叶えたい!でも、現実には、2時間半という、
短い時間の中で、お食事も召し上がっていただき、くつろいでも頂き、楽しんでも頂く、という事をやってのけなくてはなりません。

私は、フリーという立場を悪用して(笑)結構、パッツパツに詰め込む事もあります。
勿論、お2人には実情をお話した上で。それでも、どうにもならない場合もあります。

時には、心を鬼にして、「無理です。どこか妥協しましょう(泣)」と、言う事もあります。
出来そうもない事を、ぼんやりと濁すより、当事者であるお2人に、きちんとご納得頂きたいので。

私が避けたいと思っている事の一つに
「こんな筈じゃなかった・・・」
と、お2人が思ってしまう事、というのがあります。

なので、どう頑張っても、ちょっと厳しいなあ・・・という場合には、ありのままにお伝えします。
が、勿論、お2人がご納得いくまで、何度でも、色々策を練りながら、話し合いを続けます。

本当は、全部叶えてあげたい・・・うう・・・

色々な方法を提案しつつ、願いはただ一つ。お二人には、胸にしこりを残さない状態で、当日を迎えて欲しい。という事です。

司会者の立場ばかりになっていないか。新郎新婦の気持ちを置き去りにしていないか。
お2人と同じ方向を向いているか。自問自答を繰り返しながら、何度でも話をします。

普段の自分の生活の中でも、よく思う事ですが、時間は平等なんですよね・・・
こればかりはどうにもならない悲しい

長くてもいいんです。短くてもいいんです。大切なのは、ゲストへの配慮など、諸々、全部ひっくるめて、お2人がご納得をする事。

何だかつぶやきのように書きなぐってしまい、意味不明だと思います(笑)
ご容赦の程を!

明日も、早い!養命酒飲んで寝るぞ!!

お誕生日いつ?

3月15日は、誕生日でした。あちこちからメールを頂きました 私は何故か、人の誕生日だけは、昔から全然覚えられません悲しい にも関わらず、毎年覚えてくれている皆さま!ありがとう~~~~~笑い

小さい頃から、私は小さい子が好きでした。よく下の子の面倒をみていたそうです。
田舎育ちなもので、年齢の違う子供達が一緒になって遊び、上の子は、下の子の面倒を見るのは、当たり前な子供社会で育ったものです。

そんな子供チームにも、体が弱い子、知育が遅い子、などもおりました。でも、わけ隔てなく遊んでいましたけどね。何の疑問も持たず。少なからず、その後の価値観の形成に影響しているように思います。

で、その中の1人に、H美ちゃんという、小さい頃から心臓を患っている子がいました。胸からお腹にかけて、大きな傷が通っています。そして、その影響かはわかりませんが、知育もやや遅かったようです。

彼女は、私より6つくらい下だったと思います。「さっちゃん、さっちゃん」と、よく世話をやいてくれました笑顔

月日は流れ、私も高校を卒業し、進学の為、上京しました。実家に帰省する回数も段々減っていきます。そんなある日、私の車があったからでしょうか、とにかく、「さっちゃん帰っているんだ」というのが、H美ちゃんにもわかったようです。

当時、彼女には既に子供がいたのですが、自分で育てる事は出来ず、お母さんが引き取っていて、確か、実家に同居していたと思います。

私は帰省していたのですが、友人と会っていた為、留守でした。そんな時、H美ちゃんが突然我が家を訪れ、

「おばちゃん。(うちの母)さっちゃんいる?」
「あ、さっちゃんねえ、今お友達と出かけてるわー」
「あ、そうなんだ」

「ねえ、おばちゃん、さっちゃんの誕生日いつ?」
「え??3月15日だよー」
「あ、そうなんだ」

こういう会話がなされたという事を、後に母から聞かされました。
が、私の誕生日に、何かが届く事も、連絡がくる事もありませんでした(笑)
一体、何の為の「誕生日いつ?」だったのだろう・・・と、今でも不思議の一つです。

当然のように、私はH美ちゃんの誕生日は知りません・・・
名前やその他は覚えるの得意なのに、どうしても誕生日は覚えられません困った

皆さんのお誕生日は、覚え易い日ですか?

私の友人で7月10日生まれの子がいます。全然覚えない私に、納豆の日だから!と、教えてくれました。私の誕生日は、確定申告の最終日。あちこちに、横断幕が一杯です。

今年の誕生日は、完全OFFを決め込んだものの、風邪にノックアウトされ、寝込んでおりました困った

き、貴重な休みよさらば~~~~~~困った

また、風邪流行っているみたいです。ご注意ください!

打ち合わせ一色

今日は、朝から晩まで打ち合わせでした。

風邪をひきそうな予感・・・ヒタヒタ足音が聞こえそうなので、今日は早めに寝る事にします。

また、後日!

弟よ!

寒い寒いです!風邪

そんな中、ホットなニュースが2件届きました。
私の、弟分が笑い結婚する事になったのです。1人は5月。1人は冬。

彼らが10代の頃から知っていますが、二人とももう30を超えました。すっかりいいオヤジになって笑顔 などと冗談言い合ったり。

彼らにも、様々な恋の歴史がありました。結局、おさまる所におさまったな、という感じのお相手と結婚しますラブ

縁は異なもの丸いもの。どこかでつながっていたのでしょうね。しっかりと、彼女を幸せにしてあげて欲しいと願っています。そして、勿論、彼ら自身の幸せも☆

最近、チーズケーキファクトリーのチーズバーにハマっています。定期的に、このハマリの波がやってくるのです♪

スイーツといえば、吉祥寺のKIHACHIが、閉店していました・・・結構賑わっている感じだったんですけどね。オーナーのキハチさんとは、結婚式でご一緒した事があります。ご来賓としてご出席されていました。インタビューしたり、合い間に少しお話させて頂きましたが、いい方でしたよ☆

明日は打ち合わせ三昧!4件です。私の場合、打ち合わせの時間が長いので困った披露宴の打ち合わせは、1日3件が限界です。集中力的にも。明日の4件のうちの1件は、式典司会の打ち合わせ。最終確認だけなので、時間はかからない予定なのです笑顔

1件は、町田まで行きますが、移動時間は、メールが打てたり、本が読めたりする貴重な時間だったりもします。

あ、そうだ。
何だかイナバウアーブームはいいんですが、イナバウアーをする亀とか、カワウソとか、意味不明ですね笑顔 テレビに突っ込んじゃいます困った

おやすみなさい。

1,5次会とは

今日は、1,5次会スタイルのお式でした。

この、1,5次会なる言葉、いつ頃から出始めたっけ?と、ふと思いました。今や、非常に耳慣れた言葉ですが。

披露宴のスタイルも、年々様変わりしています。その度に、時世をよく反映しているなと、実感させられます。

ゴンドラ、スモークが当たり前だった時代から、一転、地味婚ブーム、オリジナルウェディングが流行し、レストランウェディングが定着し、ハウスウェディング人気に火がつきました。

レストランウェディングが流行し始めた時は、レストランサイドの認識が甘い、結婚式とは何ぞや、という事をご存知ないお店も多く、苦労したものです。

設備がないのは、まあ仕方がないとしても、「うちは食事をする場所です」という事に、強くこだわり過ぎて、ゲストの立ち歩き禁止、なんてところもありました。

お食事を大切にするお店側の姿勢も、十分理解できましたが、結婚式・披露宴が出来ますよ、とうたっている以上、やはり柔軟な対応は必至であると思ったものです。

お食事中心と、お食事のみ、とでは、全く雰囲気が違ってきます。新郎新婦への説明不足、意識合わせ不足もあり、「こんな筈じゃ・・・」なんて思いをした方もいらっしゃいました悲しい

私はフリーという立場なので、そういう場合、極力間に入るようには心がけています。
お2人がイメージしているものを、出来るだけ細かく伝え、それを実現する為に、何とか譲歩して頂けないかと、切々と訴えるのですが、頑として譲ってはくれない会場もありました。

さすがに、踏み込める領域にも限界がありますので、

「ならば、これ以上の事(これはやっちゃダメ、出来ない)は、お店側から、ご新郎ご新婦様に、ご説明下さい。お2人がご納得されれば、私はいくらでも従います」

と、言った事もあります。

このお話は、最終的には、ご新郎ご新婦様から、会場へのクレームという形になりました。

が、救われたのは、そもそも、時代の流れを読んで、ウェディングにも力を入れていこうと決めたトップの方は、問題点をよく承知しておられ、お2人へも、誠意ある謝罪があったようで、何とか納得されました。

何故か私のところへもお詫びのご連絡を頂き、色々とお話をさせて頂きたいという事で、後日お会いしました。私も、自分なりの意見をストレートに言わせて頂きました。

結局、それから数ヶ月、そこの会場の披露宴を、極力お手伝いするという形になってしまいました困った 専属に、というお話も頂戴したのですが、私はフリーで頑張っていきたかったので、お断りしました。

お食事は、すごく美味しいお店なので、今では、非常に人気のある会場になっています。
なんか、嬉しいな~って思っちゃいます。

その時のご新郎ご新婦様とは、今でもお付き合いをさせて頂いていますが、

「クレームを付けるか、とても悩んだけれど、自分達の行動が、一石を投じる形になったのなら、今後結婚式をする人たちに、少しは役立てたのかもしれない。今となってはいい思い出だな~♪言ってよかった」

と仰っていました笑顔

そこのオーナーさんとは、今ではすっかり呑み仲間ですジョッキ わはは。

と、まあ、ウェディングも色々変化をし続けておりますが、変わらないのは、新郎新婦入場と、お披楽喜です笑顔 何だかんだ言っても、ケーキ入刀とキャンドルサービスも、根強い人気があると思います。

今日は会費制のパーティーでした。ゲストに出来るだけ負担をかけないようにと、お2人は細かい部分まで、綿密にプランを練ってきました。イメージには、大分近いものになったと思いますラブ よかったよかった♪

しかし、朝と夜でこんなに温度差があると、キツイですね~泣く
皆さま、風邪など召されませんように♪



再会は朗報と共に

いつもの週末です。

披露宴では、ちょっとハプニングがありました。ちょっと書けない内容なので、詳細はお伝えできません。最終的には、事なきを得たので、良かったです。

披露宴は、本当に何が起こるかわからない面があるのは、否めませんね。まあ、何かの時の為に私たち、裏方がいるのですけどね。

とりあえず心配なので、また後日、お2人に連絡してみるつもりです。

そして、打ち合わせは、友人と。
そう。友人が結婚する事になったのです。
彼女は、超~テニスが上手、というよりも、テニスが完全に生活の一部っていうか、
生活がテニスの一部みたいな笑顔 テニスッ子です。

朗報が届いたのは去年。彼も忙しい人みたいで、結局、お式間際のこんな時期に、彼とも初対面する事になっちゃいました。

優しそうで、いい人~~~♪彼もまた、テニスをします。というより、テニスが取り持った縁なのです。

彼女の生活は、そんな感じなので、いつも日焼けで真っ黒です困った お式は、もうすぐ。




「まだ、夏じゃないから、これでも少しはいい方なのよ~」




うん。確かにそう言われてみると、夏よりも薄いかも笑い


エステを(フェイシャルだと思う)予定しているという、彼女の発言に、大爆笑していた彼の本音やいかに!多分・・・

本当にテニス三昧なので、肌は酷使しています。1回や二回のエステでは、美白効果は全く期待出来ないでしょう笑顔 それでも・・・という女心にウケたのかなと。

でも、エステやると違いますからね。白くはならなくても、整う筈。化粧ノリは違う筈♪元々可愛い子ですから、(年下)、きっと当日は可愛らしいお嫁さんになる事でしょう。彼女、一人娘なので、パパとママは、そりゃもう、大騒ぎさ!って感じだと思います笑顔

でも、生涯をかけられる趣味を見つけられる、それが実行出来るというのは(趣味というには、恐らく上手すぎ)、すごく貴重な事だと思うから、お肌ボロボロでも、へっちゃらだと思います(笑)

高校時代の友人は、短大卒業後、割と早くに結婚しました。20代前半と言えば、まだ遊びたい盛り。普通に行ってましたね。海とかプール。我慢出来なかったようです。水着の跡クッキリ伝説は、今でも語り継がれています笑顔

では、また!

記事検索
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ