司会者のOFFマイク~日々のつぶやき~

結婚式・披露宴のフリー司会者、直井佐知江が綴る、結婚式の事、披露宴の事、そして何でもないつぶやき

ガン見

ある日のオフの日、友人とかねてから行きたかったレストランでランチを楽しみました。



お互い夕方の予定までまだ少し時間があったので、もう少しお喋りを続行する事に。



車移動だったので自ずと場所は限定されてきます。



お腹は十分満たされています。要は何でもいいどこでもいい。



て事で、マックになりました(^_^;)



友達は桃のシェークとか飲んでいて、女子だわ。。。と(≧∀≦)



私はアイスコーヒーを購入して、2人して空いている店内の座席の方へ。



すると、年配の男性がガン見してきます。



な、なに???(・・?)



ガン見というより上から下まで舐め回すように、しかも殆ど睨んでる状態。



私達は特に会話もせず、単に飲み物を持って座席を探そうとしていただけです。



何かご用ですか?



個人的にはそういう不躾な輩には声掛けをしたい方です。



が、マナーもへったくれもないオジさんが紳士的である訳もなく(苦笑)、自分のしている事が下品かつ失礼だなんて話も当然通じないと思うので、関わらぬに限ると最近は思います。



これがヤンキーちゃんだと、何ガンつけてんだ!ってドラマ的な展開になるのかな(^_^;)



でもなんかあの親父は、そう絡まれても仕方ないレベルでした。



本当にビックリ仰天でした。



時々ガン見する人っていますよね。



ああいう人って何を考えているのか本当に理解出来ないのですが、トラブルになる事もありそうな世の中。自分の振る舞いに気付いてないのでしょうかね??



本当にわかりません。



が、あんな人を見たのは生まれて初めてでした。



人は長く生きたからと言って必ずしも成長する生き物ではないとは知っていましたし、老害という言葉は好きではありませんが、さすがにそう言いたくなるレベル。。。(^_^;)



友人も困惑というか、気味悪がっています。



視界に入るのはかなり煩わしいので、壁を隔て(笑)完全別エリアでしばし楽しくお喋りをしました。




で、友人とああはなりたくないと話すと同時に、察するにこういう事ではないかと。



その人は角席みたいな場所で、足を組んで我が家のように(笑)パソコンをしていました。



ラップトップに飲み物。



スタバに行けば。。。?と突っ込みたくなる光景(≧∀≦)



店内は空いていたので、要は誰にも近くに座って欲しくなかったのではないかと。



自分ちですか??(≧∀≦)



気持ちはわからないでもありませんが、仮にそうであったとしても、公共の場なんだから、露骨にこっち来るなオーラ全開ってのも、本当に年甲斐もなくみっともないと感じました。



ランチをしたレストランは人気店なので行列なのですが、運良く入れました。



ただし相席です。



品の良いご婦人のお二人連れが先客でしたが、互いに挨拶を交わし、それぞれの食事タイムを何の問題もなく楽しみました。



年回りはそのオッさんと同じくらいかなー。



単純に性別で区別出来るものではありませんが、男性の方が会社という枠を外されると、偉そうなまま、世間の皆様にも部下のように接する困ったちゃんが多い傾向にあるように思います。



そのオジさんがどれくらい粘っていたかしりませんが、失礼ながら、到底お忙しそうには見えず、ラップトップは使ってはいたものの、ビジネスの雰囲気は皆無でしたから、マックのWi-Fi使って暇潰しをしているようにしか。。。



基本的に急ぎのもの以外は自宅でやれよ。。。と思う方ですが、暇潰しのマックで、何の権利があってか、他のお客さんを威嚇するなど言語道断(^_^;)



不愉快ではありましたが、同時に何だかお気の毒でもありました。



友人は少し特殊な仕事をしていて、仕事の話から子育ての話になり、赤ん坊の頃はみんな無垢で可愛いのに、どこでどうおかしくなるんだろう。やっぱり育ち方なのかな?と言っていました。



上手に年を重ねるって難しい事です。



が、下手くそ過ぎるのも嫌だな。。。と痛感しました(^_^;)





夏休み予定、ギリギリになりそうですがもう少しお待ち下さい!調整難航中です。

不思議ちゃん

斉藤由貴さんが会見をしていましたが、50歳になろうとなんだろうと不思議ちゃんのままなんですね(。-_-。)



なんだかんだ消えずに、ドラマのレギュラーなんかもあったりしますが、演技も不思議な感じ。



目の見開き方がなんか独特に見えるんですよね。



公人という訳でもなく女優ですから、個人的にはまぁ好きになさってと思います。



好感度も何もあまり関係なさそうな立ち位置だし。スポンサー契約だけでしょうかね?気にするのは。



しかし彼女も定期的に虫が騒ぐタイプなんですね(^_^;)



旦那様は大人だし、自分で選んだ相手ですからヨシというか自己責任として、お子さんは多感な年頃ならちょっと気の毒かな。周りが黙っていなそうだし。



相手男性の事を好きになりました。でも夫も子供も別枠として大切だから別れません。



とかズバリ言ってくれませんかね(笑)



映画館が古くて足元がおぼつかず、恋人繋ぎで支えて貰って云々かんぬんとか、物凄い整合性のない事を聞くよりはスッキリしそうです(^_^;)



まぁスポンサーもあるしそういう訳にはいかないか(^_^;)



しかし1つ感じたのは、確か斉藤由貴さんといえば熱心なモルモン教信者な筈。



戒律はとても厳しいと言われていますが、信仰とは何ぞや?と(^_^;)



件の相手男性もインタビューに答えていましたが、本棚にあるブックスタンドが可愛い(笑)欲しいなぁ。どこで買えるんでしょう。



長い長い台風が四国に上陸しそうですね。



離れた地域でも局地的豪雨があり得るそうですね。もちろん東京も。



現地はもとより、可能な備えをせねば。



何が大事って

松本清張さんの作品が好きで、あまりテレビを見ない私でも、気付いた時には録画するようにしています。



素晴らしい才能だと惚れ惚れしてしまいます。



本物の才能は、時代に左右されず、いつまでも輝き続けるものなんですね。流行りとか関係ないですもん。



今、連ドラで、その松本清張さんの長編小説「黒革の手帖」が放送されています。



過去にも何度もドラマ化されていますね。



歴代の主人公の元子(もとこ)役は、山本陽子さん、大谷直子さん、浅野ゆう子さん、米倉涼子さんが演じてきました。



そして今回は武井咲さんが演じています。



山本陽子さんのなんて見てみたいですねー。



でも、若い頃のご活躍を知らないので、老舗クラブのママ役の方が似合っていそう?なんて思っちゃいますが)^o^(


米倉さんバージョンで、実際、燭台のママ役でしたが、本当に昔の女優さんで美しいですね。



私は前作の米倉涼子さんのを最初に見ました。



米倉涼子さんはとてもスタイルが良い女性だと思いますが、トータルで言うと特別魅力は感じません。



嫌いでもありませんが。まぁ興味がないんでしょうね。



好きでも嫌いでもありませんが、女優としては正直あんまり。。。だと思っています。何やっても同じ?という感じで)^o^(



作品に恵まれてる人だなと思います。



もしくは事務所のプロデュースが上手で、彼女のキャラクターが光るがような作品を選んで仕事を取ってきているか。



黒革の手帖も、ハマリ役と言われていたようですが、そう??と。



彼女にそんなに悪女のイメージはありません。



Dr.Xの女医役はハマリ役だと思います。



が、脇もそうそうたる顔ぶれが固めてるしなー。



一徳さんは常に主役を喰う勢いで、いつも作品に無くてはならない演技をなさって素晴らしいと思います。長生きしていつまでもご活躍して頂きたいです。



で、黒革の手帖ですが、米倉涼子さんはまぁ普通に米倉涼子さんでした(笑)



でも面白かったです。



そして今回は更に若返り、武井咲さん。


美人なので見た目はいい感じだと思いますが、想像以上に大根ちゃんで(。・ω・。)キツイなぁ。。。と)^o^(



山Pには負けますが、滑舌悪いし声がなんか??



素顔を知らないので、地声なのか可愛子ぶってるのかはわかりませんが、とりあえず声が一番役に合っていない印象です。



完全に脇に喰われてますが、脇役陣がいなかったら厳しかったんじゃないかなー。



でも面白いです。



で、気付いた事。



黒革の手帖は誰の代表作でも無く、やはり松本清張の名作の1つである事に尽きる。



という事です。



あまり上手じゃない人が演じても、原作が素晴らし過ぎるとカバーしてくれるのか!と感動しました。



テレビドラマにフォーカスした感想としては、奥田瑛二さんの髪型が昔から変わっていなくて面白いとか、爽やか路線からすっかい怪演系にシフトした高嶋政伸さんがイイ感じでキモいとか。



真矢みきさんは意外にママ役合ってます。江口さんは好きなのに安島役はなんかちょっと違う。。。今のところ。



ニンニン伊東四朗さんは相変わらずのやな奴安定感がキラキラ。仲里依紗さんは上手ですね。彼女のプロフィールって知りませんけど、結構思い切った演技をする印象です。



高畑淳子さんは、陰気な愛人役を好演していますが、息子さんの一件で失礼ながらバカ親過ぎて見方が変わっちゃったので複雑です。そんなの関係ねぇ!って程の演技にも思えず。割とこういう役は得意だし。



美容院のオネエ店長役の和田正人君には笑っちゃいます)^o^(この人も幅広く演じ分けますね。



という訳で、武井咲ちゃんは残念ですが、脇役は手堅いです。



そして巡り巡って、松本清張、やはり素晴らしい。






もう少しお待ち下さい

夏休みを頂く予定をアップしたいのですが、イレギュラーな仕事が立て込んでいてちょっと調整に時間がかかっています。



もう少しお時間下さい。ごめんなさい。






さて、夏休みの話題になる季節なのは間違いない筈なんですが、何だか季節感が。。。





梅雨時には雨が降らずに太陽ギラギラ。





梅雨明けしたら雨ばかりのジメジメ。





どうしたものでしょうねぇ。。。




何事も変化はするので、正しいという表現は合っていないのかもしれませんが、敢えて。




正しい四季、季節感を感じたいものです。




とりあえず今日は昨日以上に涼しくてビックリしました!


稲田元防衛大臣

退任式の様子を見てビックリ仰天でした(笑)



決して任務をやり遂げての円満退任ではなく任期途中。しかも色々ぼんやりとした中で、批判的な意見も少なくない筈です。



まぁ政治的な事をブログで書く考えはありませんので詳しくは置いておくとして。


とにかく一連の行動が。。。




何という事でしょう〜(懐かしい。。。)



あのやり遂げた感溢れる笑顔!共に頑張りましょう!皆さんは私の誇り。と、なんともトンチンカンな言動のオンパレード。




ダメ押しで、それでは皆さんごきげんようって(笑)




そして皇族さながらに車中から手を振り。



ふざけてるのかしら??と真面目に悩んでしまいました。




まぁ。。。こんな調子じゃ失言もするでしょうね。。。




結構本格的な、いわゆるKYなんだなと改めて感じました。




勉強は出来るようですが、あまりお利口ではないのかな。。。




物事や立場を立体的に見る事が出来ないのかなぁ。。。




何だかよくわかりませんが、一事が万事とはまさに。



では皆様ごきげんよう)^o^(

真央は相変わらず

週末の現場も無事に楽しく終えました。



仕事の後のビールは格別!



更にもう1つ楽しみが!!



待ちに待ったTHE ICEが始まりました(o^^o)



現役を引退して初めての真央ちゃん座長のアイスショーです。



現役の頃から続けていたショーで、バトルとの共演は毎回麗し過ぎるし、見所満載なので毎年楽しみにしています。



真央ロスからようやく立ち直りかけ、このTHE ICEを観たら、私もいい加減ファとして、自分なりに、真央ちゃんにきちんとお礼の気持ちを綴らなければと少しずつ書き溜めてあります。



なんかこのTHE ICEが終わらないと、今ひとつスッキリしなくて。



久しぶりに観た真央は更にスケーティング上手くなってる〜とニッコニコで観ていたのですが、何となく構成がいつもと違うというか、座長とは言え、ここまで真央真央していなかったのに。




やっぱり節目だからかな?と。



しかーし!



ローリーとのプログラム作りの時に耳を疑いました。



あなたとここでこうして一緒にプログラムを作るのもこれが最後なのね。

同じ世界にいる事は簡単。新しい分野に進む事は勇気がいるけれど、色んな世界を見る事はとても勉強になる。



というような事を言っています。



ちょっと何言ってるかわからない。。。



富澤さん状態です。



現役は引退したけれど、今後はプロとして世界で活躍していくんだろうと信じていました。



が、ショーの構成はプロとして新たなスタートというのではなく、明らかに引退興行。・°°・(>_<)・°°・。



最近膝の手術をしたようなので、昔から本人は一言も言いませんが、相当良くないのでしょう。。。



でなければ、公言した平昌五輪は目指していた筈です。




とりあえずショーを終えて、今後のことはそこから考えたいそうです。




聞いてないよ。。。。・°°・(>_<)・°°・。



ローリーの口ぶりからしても、まぁ普通に考えても、次の道はもう決まってはいるんだと思います。




そしてそれはプロスケーターではなさそう。。。




とりあえずショックです。




久しぶりに観たけど彼女のスケートには独特の華がある。理屈じゃないですね。




せっかくハイテンションだったのに、真央はどこまでもシナリオクラッシャー。。。




数年休んでもいいから、いずれ戻って欲しい。。。




再び悲しみの沼へ。。。
記事検索
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ